四柱推命占い!大谷翔平1994年7月5日の仕事運と健康運

2021年の大谷翔平選手の活躍は、すさまじいく、連日ニュースで賑やかですが、2017年、肉離れを起こして離脱、。
2017年の運勢はどうなっていたのでしょうか? 
1994年7月5日、誕生日は怪我をしやすい傾向が出ています。
これまでの運の流れを調べてみたいと思います。

大谷翔平1994年7月5日の命式

 六白金星
日 月 年
壬 庚 甲
辰 午 戌

大谷翔平1994年7月5日の風景

大谷翔平さんは壬辰(みずのえたつ) 墓の日生まれ。

壬は、川がイメージ、7月5日の季節は夏です。

夏の川の風景となります。

しかし、
生まれた時間がわからないので断定はできませんが、金の星がめぐると怪我をしているようですから、生まれた時間には大きな水星は無いと想像します。

庚金を午火が溶かして液体となって、壬水を補助するかたち、源水、湧き水によって、清らかな水として流れています。

父親が午火。
母親が庚金。

両親ともにスポーツ選手という恵まれた環境に生まれています。

壬水の川は、辰・戌土の土手に流れをゆだねながら、甲木の緑も美しい風景。

両親や指導者に大切に見守られ、時には厳しい躾を受けながら、まじめに努力を重ねて、魅力的な水辺の風景となっています。

大谷翔平 1994年7月5日の特徴

 六白金星
年干に甲の食神。
月干に庚の偏印。
この組み合わせが並ぶと、感性豊かで専門分野に秀でる才能・資質を持ち、磨けばヒカル誕生日。

ただし、甲木と庚金が隣りあわせの関係は、刃物によって切られる、植木屋さんが手入れをしている剪定の風景。
精神面や筋肉や骨に弱点が出やすく、筋肉を上手に鍛えて丁寧に付き合うことが課題です。

大谷翔平1994年7月5日の大運

01 11 21 31 41
庚 辛 壬 癸 甲
午 未 申 酉 戌

大運・21才まで壬申

壬水の大きな水が、金・水・木とバランスを保っていました。 しかし、 大運22才から癸酉。

癸水は、雨水や井戸水がイメージです。

甲木の潤いを保ち、しなやかな肉体を保つことが難しくなっています。

また、大運の支の酉は秋月となり、甲木のエネルギーが弱くなります。

それに対して、庚金は大運の酉、年運の酉が根となって、金星のエネルギーが強くなっていまう。

甲木に根がないので、余計にバランスが悪くなっています。

2016年(22歳)丙申・偏財 2億円
2017年(23歳)丁酉・正財 2億7,000万円
2018年(24歳)戊戌・偏官
54万5,000ドル(約6,000万円)
2019年(25歳)己亥・正官
65万5,000ドル(約7,200万円)
2020年(26歳)庚子・偏印
70万ドル(約7,700万円)
※60試合のため約37%に減額
2021年(27歳)辛丑・印綬
300万ドル(約3億3,000万円)
2022年 550万ドル(約6億円)

大谷翔平2017年の運勢

2月・壬寅
3月・癸卯

甲木は寅・卯の根に支えられて、何とか持ちこたえていました。
4月は甲辰で甲木が再び根本から切られる危ない状況が想像されます。

これから、暖かくなるにつれて、水は蒸発して水量は減っていきます。
甲木はますます潤いがなくなり、しおれていきます。

2017年は、急がないでしっかりと治療したほうが良い。

2017年、WBC日本代表に選出されるも足首の調子が悪く辞退。
シーズンも怪我の影響で満足のいくプレーは出来ず、投手としてはプロ入り後ワーストタイの3勝。

野手としても65試合出場、8本塁打という成績に終わっている。

(Wikipediaより)

大谷翔平選手2018年の運勢

2018年・戊戌。
戊は山がイメージ。
戌は10月を表し、山がイメージ。

戊戌は、アルプスの高い山やダム、トンネルを想像します。

壬辰の日干支と戊戌は「天戦地冲」という関係。

壬水の川は、高い山によって、水の流れを止められるとか、流れの向きを変えるということが想像されます。

大谷翔平選手の、壬水の川がせき止められて動けなくなるとか、流れる方向が変わることが想像されます。

アメリカ・大リーグ、ロサンゼルス・エンゼルスと契約して移籍、日本を離れてアメリカで野球をすることになりました。

環境の変化、流れの方向がかわりました。

大リーグで、2018年、活躍ができるんでしょうか?

大きな山が出現して、壬の川は大きく迂回しなければいけないかもしれないと想像され、大リーグと日本の野球環境の変化に慣れるまで、少し時間がかかるのではないでしょうか?

でも、才能豊かな大谷翔平選手のことですから、大リーグになじむのも早いと思いますが、大活躍するかはちょっと疑問です。

2017年は、大リーグに慣れるための準備期間。

2018年は己亥、で壬水は亥に通根して、エネルギーが強くなります。

活躍は、2019年からではないでしょうか?
2019年、己亥には、大きなチャンスが待っているような気配を想像します。

応援!

2011年:辛卯・8月・丙申月印綬・17才
第93回全国高等学校野球選手権大会初戦の帝京高校戦では骨端線損傷により右翼手として先発出場する。

4回途中から登板。
田中将大(駒澤大学附属苫小牧高等学校)に並ぶ甲子園での高校2年生最速タイ記録(当時)となる150km/hを記録。
その後は治療に専念し、試合には打者限定で出場。

2012年(18歳)壬辰ドラフト1位
(契約金1億円+出来高5,000万円、年俸1,500万円)
比肩・併臨の年

2013年(19歳)癸巳・劫財 1,500万円
2014年(20歳)甲午・食神 3,000万円
2015年(21歳)乙未・傷官 1億円
2016年(22歳)丙申・偏財 2億円
2017年(23歳)丁酉・正財 2億7,000万円

2018年(24歳)戊戌・偏官
54万5,000ドル(約6,000万円)

2019年(25歳)己亥・正官

65万5,000ドル(約7,200万円)
壬水は、亥水が根となって、川の流れるエネルギーが強く働きます。

ただし、己土との関係は、泥水となって、川の水は、濁って不透明。

自信をもって活躍するというよりは、暗中模索。

2020年(26歳)庚子・偏印

70万ドル(約7,700万円)
※60試合のため約37%に減額

庚と子は、冷凍庫とも例えられ、冷えます。
月柱支の午火と冲の関係となり、午火の働きが弱くなります。

申子辰三合水局半会。

手術して、リハビリに努める1年になりました。

2021年(27歳)辛丑・印綬

300万ドル(約3億3,000万円)
壬と辛の関係は、辛金の宝石の原石を壬の河で磨くという、風景。

月運は、2012年から2017年の干支が巡ります。

4月:壬辰・比肩(併臨)
5月:癸巳・劫財
6月:甲午・食神
絶好調の活躍をする、大谷翔平選手のニュースで、連日賑わかです。

7月:乙未・傷官
月柱干支と天地徳合

8月:丙申・偏財
9月:丁酉・正財(天地徳合)
10月:戊戌

2022年壬寅・比肩
寅午戌三合火局。

550万ドル(約6億円)

まとめ

甲・庚金剋木を持つ大谷翔平選手は、庚金のエネルギーが強くなると、怪我をしやすい傾向がでています。
生まれた時間がわからないので、断定はできませんが、金剋木の運に怪我をする傾向があるようですから、同じ誕生日の人は、筋肉と筋力を意識して養いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました