四柱推命占い!菅田将暉・癸酉1993年2月21日の性格と仕事運

菅田将暉の性格と仕事運1993年2月21日生まれ癸酉・病を四柱推命占い!
菅田将暉さんは、役作りでは相手が何を求めてるか、一瞬で悟ってしまうそうですが、なぜそれができるのか?
菅田将暉さんの誕生日1993年2月21日、月柱に傷官が上下にしっかりある、水木傷官の誕生日で鋭い感の持ち主なのです。

癸酉 病の性格と運勢

菅田将暉1993年2月21日の命式

日 月 年
癸 甲 癸
酉 寅 酉

菅田将暉1993年2月21日の性格

菅田将暉さんは、癸酉(みずのととり)の日生まれ。
癸は、泉や井戸水がイメージです。

酉金の源水・湧き水があって、清らかな水です。

癸水は、井戸水ですから、本来は動きが少ない静かな雰囲気、水を汲みに来る人を待っているかんじ。

控えめな性格の傾向で、向こうから何かがやってくるのを待って、好き嫌いなく与えるのが自然なのですが・・。

しかし、

菅田将暉さんの大運が、16歳から、壬子(みずのえね)という川の運気が巡っています。

壬子は、大きな川や海がイメージ。

井戸や泉が川となって、流れ出したようです。

水量がたっぷりありますから、目的地に向かって勢いよく流れます。

水は、どんな器にも入るという特性を持っています。

変幻自在に要求される演技を提供できるわけなんでしょう。

菅田将暉さんは、月柱に「甲寅」木・傷官の自己アピールがあります。

そして、甲寅木と、酉・酉金の刃物・印綬の組み合わせは、完璧主義。
頭が良く表現力が豊かとなります。

いかに自分を引き立たせ、目立つ存在に作りあげるかにプライドを持って、挑戦する人です。

大運35歳まで、辛亥(辛・亥)。
辛金の清らかな湧き水が酉金を根として、途切れることなく水の補充をします。

亥は11月を表す陰の水星。
25歳までの壬子ほどの勢いはなくなるかとおもいますが、水の量は、たっぷりとあります。

どんなところまで流れていくのか、楽しみです。

菅田将暉1993年2月21日の大運

05 15 25 35 45
甲  癸  壬  辛  庚
寅  丑  子  亥  戌

15歳まで癸丑・比肩

2007年(14歳):丁亥・偏財

癸は亥水が根となって、エネルギーが強くなり、活発な行動力となる。

「アミューズ30周年記念オーディション」で応募者65,368人の中からファイナリスト31人に残るが落選。

2008年(15歳):戊子・正官

第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでファイナリスト12人に選出され、トップコートに所属が決定。

大運16歳から壬子・劫財

壬は川や海がイメージ。
子は12月を表す、陽の水星。

日本三大河川や日本海・太平洋の風景が想像され、じっとしていられない。

2009年(16歳):己丑・偏官

『仮面ライダーW』で仮面ライダーW(声)役で連続テレビドラマ初出演・初主演を飾る。

2013年(20歳):癸巳・比肩

『共喰い』に主演。
第37回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

2016年(23歳):丙申・正財

丙は太陽がイメージ。

大運の壬子との食い合わせは、「補映湖海」と表現され、水平線から朝陽が昇る、美しい風景。

オリコンによる調査で2016年度のブレイク俳優1位を獲得した。

2017年(24歳):丁酉・偏財

NHK系おんな城主 直虎で大河ドラマ初出演。
映画『キセキ ?あの日のソビト?』に主演、

大運26歳から辛亥・偏印

辛は刃物がイメージ。
小さな刃物ですが酉金が根となって、エネルギーは強いです。

甲寅木に刃物・植木屋さんが入って、剪定作業が始まります

甲木の余計な枝葉を切り落とす作業は、精神的な痛みが伴います。

表現力・技術に変化を求められるとか、より魅力的な自分を作り上げようと挑戦するのか?

癸は亥に根があって、まだ水量はたっぷりですから、剪定作業がうまくいけば、新しい自分を見つけることになりそうです。

2019年(26歳)己亥・偏官

俳優デビュー10周年を迎える。
日本テレビ系日曜ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』でGP帯連続ドラマ初主演。
多くのテレビドラマの主演男優賞を受賞

俳優としての特徴

幅広い役柄をこなすことでも知られ、貧困家庭のチンピラ役から総理大臣役と、いわばヒエラルキーの底辺からトップにいる人間までを演じている。

演技は非常に感覚的と言われる

山戸結希は「現場に入ると『この人は本当に天才なのだ』と思うことがすごく多かった」と評価している。

兼重淳監督は菅田の印象を「キャラクター像を感性で感じ取り、ヒュッと役に入っていく。
入り込んでいるからアドリブでも延々とできる人」と語っている。

『火花』を監督した板尾創路は
「限られた時間のなかでセリフと感情の刻み方が天才的。
持って生まれた物。」
「アドリブもいれてくるし、こっちのアドバイスにも対応して。無心でやっているなかに冷静さもある」
と菅田のスキルを語る。

『セトウツミ』を監督した大森立嗣は
「勘でやっているから同じ芝居が二度とできない」
と菅田の欠点をあげながらも

「頭が良くて理論的に話せるが、芝居になるとそれを全部壊して、予測を超えてくる」

「カッコつけようという意識が一切なく、自分がどう撮られているかどう映っているかを気にしないで、芝居を投げ出してくる」
と評価している。

『あゝ、荒野』を監督した岸善幸は、
当初、感覚的な菅田と緻密な演技設計をするヤン・イクチュンは合わないのではないかと危惧したが、結果的に初日から意気投合。
「非常に相性が良かった」のは「二人とも受けの芝居が出来るから」と語っている。

池松壮亮は「いろんなことに反応してくれて優しい」、

『火花』内で漫才コンビを組んだ川谷修士は
「(何も打ち合わせしてなくても)こちらに合わせてくれる」
と、コンビを組んだ時の菅田の対応力の高さを語っている[

得意な科目は数学
趣味は洋服作り。祖父が仕立屋だった
シャツなどを型紙から起こして、友人たちにプレゼントしている。

(出典:Wikipediaより)

特技はサッカー、アメフトだそうで、。
芸術もスポーツもできる多芸多才型。
傷官がしっかりしているうえに、酉金との食い合わせは、器用なんですね。

傷官は、神経質で、細かいことに気が付きすぎるところが特徴。

相手が何を求めているかを、感の鋭さで一瞬にして理解して、提供できるのは、持って生まれた才能?

役作りに関しては、非常にストイック。

甲木と辛金が並ぶ、金剋木の命式の人は、完璧主義の傾向が強く、こうと決めたらそれをとことんまで追求するタイプ。

出典:http://www.asagei.com/excerpt/34077

癸酉・癸酉と同じ干支があり、兄弟は対等の立場?

まとめ

菅田将暉さんは、癸水の生まれ。
水は、どんな器にも入るという、受け身・合わせることが自然にできる特徴を持っている。

しっかりとした根をもった甲寅木の傷官は表現力、技術を求めて貪欲。

酉金2個の刃物・印星で、金剋木。
甲木の表現力・自己アピールの技術を、印星の知性・腕の良い植木屋さんが管理する。

これは、完璧を求める人。
これくらいでよいという、いい加減なことができないので、大運や年運によっては、神経が休まらないかも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました