簡単なおまじない!三合三勺のお米で部屋の空気を浄化する方法

お米、三合三勺を使ってのおまじないです。
部屋が嫌な感じがすると感じた時だけでなく、何となく、自分自身に嫌なことが多いな!
という時などにやってみてください。

部屋全体を浄化したい時に使う方法の一つです。

三合三勺のおまじない

なんとなく嫌な気配を感じる時など、氣の入れ替えを行うときの浄化方法です。

米を三合三勺用意します。

1合は、180ミリリットル(1合マス)
180ミリ㍑×3

三勺は0・3合分。
18ミリリットル×3
全部で594ミリリットルのお米。

約600ミリリットルですね。

米を洗う

これを「午前中」に洗います。陰の氣をいれるためです。
ぬらす程度で良い。

米をかわかす

これをザルなどに入れて乾燥させておきます。

米を部屋にまく

夜間にこの米を部屋にまきます。

米をまいた状態で、最低でも1日放置しておきます。
(米に邪気を移すためです)

米をかき集める

その後、この米をすべてかき集めて外に出します。
(邪気を出す)

集めた米の始末

この米を川または海へ流します。
その際に酒1合と一緒に流してあげること。

このおまじないで、部屋が浄化され、
その部屋にいることで良い気を受けることができるそうです。

コップいっぱいの水で霊と共存する

余談です。

部屋に嫌な気を感じるときは、
コップに水をいっぱいに入れて、
へやに置いておく。

コップの水が、すぐに減るなら
霊的なものがあると判断しなさい
とよくおっしゃいます。

先生いわく、

そもそも霊を追い出すなんて
おこがましいことです。

それなら、霊がいることに納得して、
悪さをしないようにいてもらうために
水を供えてあげるほうがよいということです。

霊は、水辺に集まるそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました