アドセンスのads.txtファイルの問題をXサーバーで修正する方法

先日、Googleアドセンスのサイトを確認すると、以下のような一文が報告されていました。
要注意 ? AdSense サイト運営者 ID が含まれていない ads.txt ファイルがあります。
収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

「アドセンス利用規約に触れる不正をしたのか?」とドキッとしましたが、調べてみると、不正ではなく、グーグル側からの提案でした。

サイトで使用する ads.txt ファイルを作成する

ads.txtとは?
グーグルアドセンスの広告主に対して、正しい『サイト運営者のアカウントID』を知らせるもの。

この情報を知らせることで、主に2つの利点があります。

広告主は安心して、広告を依頼することができる

もし偽装された広告枠に広告収入が流れていた場合、その収益を獲得することができる
ちなみに、このads.txt の使用は、必須ではなく、推奨レベル。導入しなくてもOK!
だけど、クーグル先生に逆らうことはできないので、ads.txtファイルをWebサイトに導入することにしました。
以下で、『WordPressにads.txtファイルを導入する方法』をご紹介します。
僕は、サーバーに『エックスサーバー』を使っているので、
エックスサーバーでの方法になりますが、基本的に、他のサーバーでも同じようなものだと思います。

ads.txtファイルに書き込む内容は、4つに分かれます。

広告配信システムのドメイン名
サイト運営者のアカウントID
アカウントまたは関係のタイプ
認証機関のID
上の4つをコンマ(,)で区切って、書き込みます。

[広告配信システムのドメイン名],[サイト運営者のアカウントID],
[アカウントまたは関係のタイプ],[認証機関のID]
たった、この一行だけのファイルがads.txtです。

グーグルアドセンスの場合は、以下のようになります。

フィールド名 googleアドセンスの場合の記載事項

広告配信システムのドメイン名 google.com

サイト運営者のアカウントID pub-(サイト運営者固有番号)

アカウントまたは関係のタイプ DIRECT

認証機関のID f08c47fec0942fa0

グーグルアドセンスにおいて、ads.txtの内容は、次のようになります。

google.com, pub-[サイト運営者固有番号], DIRECT, f08c47fec0942fa0
サイト運営者が、独自に変更しなければならない箇所は、『サイト運営者のアカウントID』のみになり、それ以外は、3つは、グーグルアドセンス固有のものなので、変更する必要はありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました