四柱推命占い!十干の性情「甲」について

四柱推命

嵐山占い処・泰 りかの四柱推命占いを簡単に

今回は・十干の性情・「甲」についてまとめてみました。

甲木は大地に深く根を下ろし、天に向かって真っすぐに伸びること。
末永く、太く・高く成長するのが理想の姿です。

丙(ひのえ)の太陽の光熱と適度な癸(みずのと)水の雨や井戸水の潤いがあって、寒暖の調和がとれていることが大切です。

そして、根を守る戊・己の土があれば、安定した環境で育つことができる、となります。

甲木が成長するためには、庚・辛の金に剋されることを嫌います。
しかし、枝葉が茂りすぎる時は、庚・辛の刃物で剪定することによって、棟梁の材木となり、高級建築材や有名な庭園の鑑賞に堪える樹木となります。

また、庚金を丁火で鍛えるようであれば、なお、佳ともなります。

甲木に特に大切な干支

丙の太陽の光熱。
癸の雨露の潤い。
庚の刃物の剪定

甲日生まれの人

大人しく、言葉少なく寡黙の傾向
真面目な性格で、研究心が旺盛。
身旺の人は、新しいものが好き。
身弱の人は、遠慮がちに見えても、最後はしっかりと入ってくる。

甲木の開運方法

甲木は、たくさんの人から仰ぎ見られることによって、運が良くなります。
丙の太陽があれば、末永く成長を続ける。

しかし、乾いた土は、根が抜けやすい。

天干にある星は、誰がみてもわかる性格。
地支にある星は、内面とみる。

甲木日干の人で、戊・己が天干にある時は、恋愛型。

木の人には、金の星は天干にあって欲しくない。
地支なら、良い人に出会う可能性が高い。

甲木に、寅・卯の根があって、しっかりとしている時、」信念をもっている人とみる。
庚・辛金の剪定は、春と夏の季節は良いが、秋・冬は根が切られると想像し、振り回されるなど、精神的の辛い傾向。

丙の太陽は、甲木にとって、上司と想像する。
甲木からみた通変星は、「食神」となり、洩気の関係ですが、丙補太陽は上司とする。

これは、上司に可愛がられること、上司と食事をするなど、積極的にコミュニケーションをとることによって、出世が早くなる。。
例えば、上司と」ランチ・お昼ご飯を食べて、話を聴いてあげるなど。

用神があっても、道筋を通らないと、運は入り込まない。

命式例・2月・初春の甲

時 日 月 年
丁 甲 甲 癸
卯 申 寅 卯

強木の命
木を洩らす星・丁火があるのが良い。
丁火があるので、人に思いやりがある。

癸」水があるので、言ってきかせたらわかってくれる。

土がない。
妻を大事にしない、エゴイストの傾向が想像される。
申気があって、金剋木となることは、幸いです。

命式例・6月・真夏の甲

時 日 月 年
丁 甲 甲 丙
卯 戌 午 寅

寅午戌の三合火局して、傷官が発達。
諦めが早い傾向ですが、欲望は強い。

命式例・5月・初夏の甲

時 日 月 年
丁 甲 己 己
卯 戌 巳 巳

甲と己は2対1の干合・妬合する。
甲木は卯に通根しているため、従財格とはなりにくい。

土の大過

水星が無く、潤いが無いので自分の気持ちを分かって欲しい、感情のコントロールが下手。
誰でも良いので助けてくれる人、優しい人に弱い。
水星が枯れているので、借金を背負わされる。
父親がたくさんいる?母親が再婚?
女性なら、援助交際。

従財格の確認

・一般より、恵まれた環境になっているか?
・良いところにお嫁にいくか?
・守ってもらえる環境か?
・あまり努力することなく、良い環境にいる、良い環境を与えてもらうのが、従財格・外格となる。

命式例・12月・冬の甲

時 日 月 年
癸 甲 壬 壬
酉 辰 子 申

甲辰(きのえたつ)
辰土は4月の土ですから、」環境が良い。
男性は、包容力のある、頼りになる妻
甲木は、辰土の蔵干に通根しているのがさいわい。

甲木は辰土・戊を剋して栄養をもらう、現実をつかみ取る関係。
申子辰の三合水局して、壬水のエネルギーが強い。
甲と壬は、塩水の関係となり、良くない。

水の大過

水は甲木からの通変星は印星となり、悪知恵が働く。

甲木から水の通変星は印星となりますが、冬に傾く時は凶と想像され、策略を考える。
また、自分を責めるようになり、精神的に落ち込みやすい傾向。

夏月・季節の壬は、塩水ではなく、素晴らしい発想・豊かな想像力となる。

身弱・お金に振り回される。
人の代わりに借金を背負う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました