西アフリカのリベリア、シエラレオネ、ギニアでエボラ出血熱の感染が
8000人を超え、死者は4000人を超えた。
が、CDC(米国疾病予防管理センターは、WHO(世界保健機構)の統計は
実数の40パーセントで感染者は2万人としている。
また、WHOは現在一週間あたりの新たな感染者は、約1000人だが、
12月上旬には1万人になる恐れがある、という。

さらに、CDCは、来年1月20日までに感染者は55~140万人に
のぼる可能性があるとしている。

スポンサードリンク

すでに西アフリカ以外でもナイジェリア、セネガル、コンゴで
感染者が発生しているが、欧米でも感染者が出ている。

☆ 米国では、入国後に発生したリベリア人男性の治療に関わった
看護師一人が感染、一人が陽性。

☆ 
スペインでは、西アフリカで感染して運ばれてきた
神父の治療に関わった看護師が感染。


防護策が整っているはずの欧米で2次感染が起きたことで
エボラ出血熱の感染力は非常に強く、
感染が世界中に広まる恐れが出てきた。

スポンサードリンク