野々宮神社の斎宮行列の日程とあなたも平安美人になる方法

公開日:  最終更新日:2016/05/20


京都嵐山から、10月の行事、野々宮神社の斎宮行列のおしらせ

竹林の中にあり、源氏物語にも出てくる神社で有名な野々宮神社。

斎宮を載せたお興しや女官の行列が、嵐山を平安時代にタイムスリップさせます。

スポンサードリンク

野々宮神社から、嵐山の渡月橋を渡って、中之島公園まで、

午後からは、禊の儀式が行われます。

__ 3 (1)

これは、去年の行列の写真です。

10月の第三日曜日、斎宮行列

写真の鳥居が、黒木の鳥居です。

黒木鳥居はクヌギの木の皮を剥かないまま使用する、日本最古の鳥居の様式。

__ 5 (1)

今年の募集は終わりましたが、女官は、毎年募集されるようです。

平安時代の衣装で、行列に参加されてみませんか?

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

野宮神社は、未婚の皇女(天皇の娘さん)が、天皇の代理として

スポンサードリンク

伊勢神宮に奉仕するために専属で奉仕することになり、

「斎王」が潔斎(身を清める)するところでした。。

それを斎宮制度と言い、飛鳥時代から室町時代に

南北朝の動乱があるまでおよそ660年間続いたようです。

斎王は、天皇が変わると新しい皇女が任命されることになり、

斎宮に選ばれた皇女は伊勢神宮の奉仕に向かう前に、

皇居内の初斎院で1年余りの期間潔斎し、

野々宮に移って更に潔斎のためにを3年間すごした後、
伊勢神宮でご奉仕されたようです。

野々宮と呼ばれる土地も天皇が変わると、
斎王も、新しい皇女がその度に変わりましたが、
斎宮が潔斎する地は嵯峨野の地が定番とされたいたようです。

野宮神社の場所が使われたのは、平安時代の嵯峨天皇の皇女が最初とされています。
源氏物語でも、「賢木の巻」にもその様子が書かれています。

「野宮」というのは場所が変わる性質上、源氏物語に書かれている野宮が

野宮神社のことを指すのかは不明ですが、

物語に登場する「黒木鳥居」と「小柴垣」は、野宮神社にあります。
黒木鳥居は野宮神社の第一鳥居です。

斎宮行列

 

 

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑