犬の熱中症予防 散歩するときに路面温度を気にしていますか?

公開日: 


初夏と言われる季節になって、気温が高くなってくると、ペットの熱中症も心配になってきます。うちのワンコ、一回熱中症になって大変な思いをさせてしまったんです。

で、きょうは「路面温度」って考えたことがありますか?

スポンサードリンク

路面状態を知らせる電光掲示板というのがあるそうで、たとえば、気温10℃、路温15℃と書かれてい、気温と路面温度には温度差があるんですね。

気温が10度Cではまだ肌寒いかんじですが、道路・地面の温度は、気温よりも5℃高い、15度Cということで地面は5度高い温度なんですね。
これがさらに、夏の暑い季節になったら気温と路面温度の差は夏になったら大きく開くことになると考えられます。

例えば、日が当たる状態の道路・地面からの距離によって温度がどれだけ変わるか?という測定データでは、 アスファルトの道路で路面の直接の温度は、約45℃の時に、身長150cmの人の頭の高さの温度は、約30℃というデータがあります。

スポンサードリンク

どうでしょうか?15度Cも違いますから、結構な温度差がありますよね。45度っていったら、結構熱めのお風呂の温度では?

ここで気にしなければいけないのは、犬は人間より地面に近いところを歩くので地面の熱の影響をモロに受けてしまう、ということです。

特に、地面が土と違って路面がアスファルトの場合は照り返しが強く、散歩して歩く時に犬は全身で多くの熱を受け止めることになります。

そのため、犬の場合は、地面より離れた高いところに頭がある私たち人間が「暑いなあ」と感じる以上にたくさんの熱を体に受けて私たちが感じる以上の「もっと暑い」という状態になっていることでしょう。

そのことを考えると、ペットの散歩には、できるだけ早朝や夕方など気温が低い時間帯を選んだり、日陰や土が多い照り返しの少ない道を選んで歩くなどの気配りが、気温が高くなる初夏〜夏にかけては熱中症に気を付ける意味でも大事だと思います。

散歩の時間帯をちょっと工夫して涼しい時間帯にするだけでも犬の身体への負担を減らすことができるかと思います。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑