CRISIS公安機動捜査隊特捜班 小栗旬&西島秀俊の見どころと初回ネタバレ

公開日: 


CRISIS 公安機動捜査隊特捜班、4月11日の今日から小栗旬&西島秀俊の圧巻と評判になっている派手なアクションと規格外の事件と向き合うとてもテレビドラマとは思えない迫力のドラマが始まります。テレビドラマなのに、フランス・カンヌで開催中の国際映像コンテンツ見本市「MIPTV」で上映され、海外のバイヤーから、「完成度が高く、アクションがかっこいい」「このドラマは今まで自分が見た日本のドラマの中でもクオリティが一番高い!」と興奮ぎみのコメントされています。

スポンサードリンク

小栗旬と西島秀俊の見どころ

初回は今日、4月11日から、小栗旬が主演を務め、西島秀俊と初共演で話題の関西テレビ・フジテレビ系火曜よる9時ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」が、スタートします。

CRISISは、主演の小栗旬をイメージして、直木賞作家の金城一紀氏が描いたもので小栗旬演じる稲見朗(いなみあきら)を中心に公安機動捜査隊特捜班が活躍するアクションエンターテインメント。西島秀俊は、稲見朗と同じ特捜班に所属する田丸三郎(たまるさぶろう)を演じています。

アクション俳優が「日本ドラマでできる日が来るとは」と感嘆する出来栄え!のこのドラマ、

CRISIS5
小栗旬(画像提供:関西テレビ)

初回見ごたえあるシーン&ネタバレ

本当に贅沢なドラマと感じてもらえると自信満々!
ドラマは、開始冒頭16分35秒間が見もの!、特捜班、発生する事件、驚きの展開、そして小栗の役者魂がどれだけ“規格外”かを感じてもらえると、自信満々!

物語は冒頭からいきなり、稲見朗と田丸三郎の2人がテロリストを相手に、走行中の新幹線の中での激闘、息を飲むようなバトルを繰り広げるクライマックスのような衝撃的な展開から、とてもテレビドラマとは思えない迫力あるシーンから始まる。

カンテレの笠置高弘チーフ・プロデューサーは
「この新幹線のシーンが、このドラマの色を決める大事なシーンなので、まずはここから撮り始めた」と語るように、このシーンはドラマ全体においても最初に撮影されたシーン。その衝撃は小栗自身にも残っているようで、「『狂ってるな! 関西テレビ』と思いながらクランクインしました(笑)」と振り返る。

派手な格闘シーンを小栗と共に演じる俳優は、昨年の「ジャパンアクションアワード」で最優秀ベストアクション男優賞を受賞した三元雅芸さん。

日本のアクション俳優界の第一人者の三元雅芸さんが
「こんなに速い格闘アクションを日本ドラマでできる日が来るとは思わなかったので、アクション俳優として嬉しい!」
と喜びの声をあげるほど、2人の格闘シーンは圧巻の内容。

さらに小栗旬は、この冒頭シーンのために2016年12月下旬、寒風吹きすさぶ関東近郊の河川で撮影を行っていますが、極寒の水中に全身を浸かって演じられた迫真の場面は、このドラマにかける小栗旬の並々ならぬ覚悟を十分に感じ取れるシーンになっています。

スポンサードリンク

CRISIS6
小栗旬(画像提供:関西テレビ)

小栗旬は撮影を振り返り、「今のドラマ界に風穴を空けられるドラマが作れたと思っているので、『つまんねぇなテレビドラマ!』と思っているお客さん達にも楽しんでいただける作品ができたんじゃないかなと思います」

西島秀俊も「今まで見たことがない連続ドラマになっていると思うので、ぜひ楽しみにして下さい」
と規格外のドラマの出来に自信満々!(modelpress編集部)

CRISIS1
小栗旬、西島秀俊(画像提供:関西テレビ)

ドラマ「CRISIS」第1話あらすじ

元自衛隊員の稲見朗(小栗旬)と、元公安の捜査員・田丸三郎(西島秀俊)が所属する公安機動捜査隊特捜班は、警察庁警備局長・鍛冶大輝(長塚京三)直轄の秘密部隊。常識はずれな事件に各分野のスペシャリスト5人が、国家に危機をもたらす政治的事件やテロを秘密裏に捜査し、解決するために活躍するアクションエンターテインメント。

ある日、高層ビルが立ち並ぶ広場に、首に爆弾を巻かれた宇田川圭介(白洲迅)が現れ、辺りは騒然となる。

現職の外務大臣の息子という立場の圭介は、これまで薬物や傷害など数々の罪を犯しても、親の権力によって逮捕を免れてきた、いわくつきの人物設定。

犯人は、息子の罪を隠ぺいした外務大臣に、夜のニュース番組での公開謝罪を要求し、さもなければ、公衆の面前で圭介を処刑するという。

鍛治からの指令を受けて、現場に急行した稲見や田丸、樫井勇輔(野間口徹)、大山玲(新木優子)ら特殊班のメンバーは、親の加護のもと、やりたい放題の圭介に反感を抱きつつも、班長・吉永三成(田中哲司)の指示で実行犯の逮捕に向けて動き出す。

タイムリミットが刻々と迫るなか、稲見と田丸は事件の鍵を握る人物に接触。そこで、ある驚きの事実を知ることに。さらに稲見は犯行現場に関して“ある疑問”を抱くが・・・・。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑