スムージーは野菜アレルギー&花粉症の原因? その対策は?


スムージーが日本でブームになり始めたのは2010年頃、ミランダカーやレディーガガなど海外セレブが愛用しているとして、飲む人が増えていきましたが、これほどのブームになった理由は、ダイエット効果と日常生活で不足しがちな栄養が補給できるという点。
美しさを追求する女性に人気の定番ドリンクとなりそうなスムージーですが、アレルギーや花粉症を引き起こすかも?って知っていました?

スポンサードリンク

スムージーは本当に身体にいいの?

まずスムージーを陰陽の観点から考えた時、スムージーの中身は野菜とフルーツ、どちらかといえばフルーツを多めに入れた方が甘くて飲みやすいようです。

スムージーのジューススタンドがデパ地下やエキナカなど至る所にできるくらい人気になっていますが、実は、メリットデメリットを知って飲んでいただきたいのです。

美容のためにと毎日2、3杯のスムージーを飲んでいる方は逆に身体を冷やすことになっている、内臓を冷やしてしまっている心配があります。

スムージーが身体を冷やす理由

スムージーの原材料となる野菜は葉物野菜なので陰性野菜、果物も糖分を多く含むので陰性の食べ物、冬でも、本来夏が旬のトマトやきゅうり、それにバナナやアボガドなどの南の国が産地の果物を使用している場合、身体をさらに強く冷やす作用があります。

もともと冷え性の体質の人がダイエットのためにとスムージーを飲むことは、内臓がさらに冷えてますます代謝が悪くなることになって、むくんだりさらに太ってしまう原因や、不妊の原因にもなります。

夏の暑い時のスムージーは身体を整えてくれるかもしれません。

でも、美容のためやダイエットのためにと体調に関係なく、毎日せっせとスムージーを飲むことは、かえって体調を崩す原因になりますから気をつけていただきたいのです。

スポンサードリンク

スムージーの効果的な飲み方 

グリーンスムージーはデトックスやダイエットに効果のある食物繊維が多く含まれています。
 
食物繊維は美容に不可欠なものですが、一気にとりすぎるとどうしても消化不良をおこしがちですから、胃腸があまり丈夫でない人は、何回かに分けて飲むといいでしょう。
 
そして、身体が冷えないように夏場でも常温のグリーンスムージーを飲むことを心がけ、飲むと言うよりは、噛みしめて食べるような感じで食すほうがトラブルを防ぐことができます。

果物を使うときの注意

オーガニック野菜や添加物のない食品を選ぶことで、その原因を取り除くことが可能です。

食品アレルギーが心配な時は、まずオーガニックや無添加のものを選んで食べるとアレルギー要因を引き起こすことを抑えることができるかと思います。

特に 花粉症の人は、果物アレルギーになりやすいと言われますので、特に、キウィ・マンゴー ・パイナップル・桃 ・パパイヤなどの果物は食べ慣れていない人は、少しずつ様子を見ながら使いましょう。

花粉症と野菜アレルギー

花粉症の人が野菜アレルギーをひきおこすと言われていますが、原因として考えられるのは、花粉症に含まれるたんぱく質と野菜アレルギーのタンパク質が似ているからだという説があります。

生野菜や果物など熱処理をしない状態で食べると、口やのどがピリピリする症状や、吐き気をもよおすという報告もあります。
花粉症を治療して治ると、野菜やくだものに対するアレルギーが軽くなったり、良くなったということもあるようです。
 

花粉アレルギーと果物や野菜

 

スギ・ひのき花粉・・・トマト

シラカバ花粉・・・ジャガイモ、ニンジン、セロリ、パセリ、キーウィ、リンゴ

ブタクサ・・・きゅうり、ズッキーニ、メロン、スイカ、バナナ

オオヨモギ・・・ピーマン、ブロッコリー、カリフラワー、ニンジン、キャベツ、玉ねぎ、セロリ、ニンニク、リンゴ、キーウィ

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする