大豆の単品食べは単一食材の摂り過ぎで アレルギー?アレルゲンが弱い食べ方


大豆などを単品で食べることは、単一食材の摂り過ぎの危険性があり、アレルギーにつながることもあるのです。
例えば、大豆アレルギーの子供の場合、 食べ方を工夫することによってアレルゲンとしては弱くできるのですが、その食べ方をご紹介しますね。

スポンサードリンク

大豆の単品食べは単一食材の摂り過ぎで アレルギーを引き起こさないために、アレルゲンを弱くする食べ方があります。
大豆だけ煮て食べるのと、大豆をごぼうや人参、しいたけ、こんぶと一緒に五目大豆にして食べるのとでは、アレルゲンの強弱が違ってくるのです。

色々な野菜と一緒に鍋で煮ると、素材同士が調和するので、悪い面を減らしてくれることになり、 アレルゲンとしては弱くなるのです。

FullSiz味噌汁r

これを「重ね煮」と表現する考え方の原点として、他の食材と一緒に調理する、煮炊きすることでごぼうやれんこんのアクが 旨みやコクに変わることになって 素材の良さが合わさってまるい味にっできあがるのです。

スポンサードリンク

実は、「色々な野菜と一緒に鍋で煮る」こと、これは「重ね煮」にだからではなく、日本では 昔から連綿と伝えられた旬の食材を味わいながら、身体を整える食べ方なのです。

ふるさとの懐かしい郷土食、地方に残るごった煮といわれる、お正月のお煮しめや 筑前煮、 のっぺい汁 、石狩鍋など、が」有名です。
昔の人は季節の野菜や恵みの食材を鍋の中にまとめて 煮て食べる、ということをしてきました。

それは、なつかしい故郷のその地域に住む人たちが、その年になじんだ身体を整えることにつながる調理法として伝えられてきたのです。

積み重ねという「重ね煮」の考えとは違うかもしれませんが、ある食材を別の食材と合わせることによって、お互いの 悪い面を打ち消してくれる という知恵が自然に身について、伝えられてきたのだと思います。

その土地柄の旬の身近な食材を一つの鍋でごった煮することにみられる郷土食は、 単品で食べると害になって表れる アレルギーやその他の疾患から 遠ざかることができる調理法なんですね。

日本の郷土食を思い浮かべた時、毎日の自然の生活の中で、身体を整える食べ方ができている先人の知恵には感服ですね^^

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする