ふるさと納税をやってみた わかったことはとってもお得だということ。

ふるさと納税とは、自分が選んだ特定の地域に寄附をして、寄付した分が税額控除される仕組みで、大都市圏に比べて税収が少ない地方へ税収を移すことを想定として作られた制度かな?と思われます。

実際にふるさと納税をやってみるとわかりますが、高額納税者になればなるほど、かなりお得な制度だと感じました。

スポンサードリンク

ふるさと納税のしくみ

例えば、こちら

https://noma-style.com/products/list.php?page=2&mc_cid=733497f551&mc_eid=9137883a46

金額に応じて、送られる商品が違います。
(お礼の品の価値は地域や商品によって異なります)

26000円の寄付をした場合ですが、24,000円が控除対象となりますから、実質自己負担2,000円で好きな商品を手に入れることができます。

この控除額の年間の額は収入によって変わりますが、こちらでシュミレーション出来ます。

https://www.furusato-tax.jp/example.html

年収が300万円なら、約10,000円、1000万円なら、約150,000円とさほどメリットは大きく感じられないかもしれませんが、3000万円になると、約900,000円、1億円なら約4,000,000円ほどの控除上限があり、年収が高い人ほど、お礼の品物だけで結構な量の食事ができたり、いろんな商品がカバーできることがわかります。
(お礼の品は食料品だけではありません)

スポンサードリンク

ちなみに、油が適度にのった霜降りの、美味しいしゃぶしゃぶ用の鹿児島牛が、8人前もいただけるなど、それぞれの地域の自慢の特産品や自分の欲しいものがもらえるので、基本的にみんなお得です。

ふるさと納税の手続き

手続きに関しては地域によって、多少の違いはありますが、大体一緒です。

https://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/item_detail/30366/27672

1. ホームページから地域を選んで、寄附金額を決めて決済する。
2. 「ふるぽマイページ」から商品を決定する。
3. お礼の品物とは、別に「証明書」が送られてくるので税務署に申告する。

楽天市場やAmazonで商品を購入するのに比べて、毎回クレジットカードを入力しないといけなかったり、証明書が必要だったりと、
多少面倒に感じられますが、慣れればたいして負担に思わないレベルです。

まとめ

せっかく納税するnAra、自分で好きな地域を選んで、色んな特産品に触れてみられる良い機会と考えてみませんか?

自分が生まれ育った故郷を応援するということもできますし、おもしろい制度だと思います。

スポンサードリンク