2017京都の桜の名所 原谷苑の桜の開花情報と無料シャトルバスで行く方法


京都の桜の名所 原谷苑の桜の開花情報と無料シャトルバスで行く方法
知る人ぞ知るという京都の桜の秘境、原谷苑(はらだにえん)に、最も安い交通費で原谷苑に行けるシャトルバスのご案内と、桜の開花情報をお届けしたいと思います。
 

スポンサードリンク

haradani2
出典:http://kyoto-sakura.net/kiyaku.html

京都の桜 原谷苑・桃源郷の桜の見頃はいつ?

原谷苑の桜は、京都の秘境と言われる場所にあるため、行くのが大変ですが、一度ご覧になたかたは皆さん、心を奪われてしまいます。
入苑料も1500円が必要ですから、敷居が高い場所なのですが、それでも行きたいと思わせる圧巻の美しさが人気を誇っています。

空を覆うように咲く枝垂桜の鮮やかなピンクと春浅い季節の新芽が出始めた地面の黄緑のコントラストが、何とも言えない春の季節に浸らせてくれます。

原谷苑の桜は、八重紅しだれ桜(見頃は4月中旬頃)を中心に、たくさんの種類の桜があり、京都市内よりも開花時期も遅く、見頃の時期が長いのが特徴です。

 

原谷苑 の桜の開花情報・開花予想~

 種類:八重紅垂れ桜・円山枝垂れ桜・醍醐枝垂れ桜・染井吉野等のたくさんの種類があります。
本数:約400本
見頃:例年4月第2週~4月中旬
ライトアップ:原谷苑の投手の考えは、桜も夜は眠るということで、ライトアップは行なわれません。

入苑料:大人1,500円 小・中学生500円 ※見頃の時期(天気や桜の咲き具合による変動あり)
開苑時間:9時~17時 受付16時30分まで

見て回るのに1時間ほどかかりますので16時までには入苑されることをおススメします。

花が散るとともに閉園となりますので、4月中旬以降は開園中かどうかを確認してからお出かけください。

梅&桜祭り:2017年は日程未定
2016年は暖冬の影響で、例年より早めに満開を迎えたようです。
※3月下旬から4月下旬と予想されます。(2016年は3月26日~4月24日まで)

2017年はの予想は、例年通りのようですから、中旬ころが見頃かと思いますが、京都市内の桜よりも、少し遅めに咲きはじめ、満開を迎えますので、京都市内の桜が終わったころを目安にしてもいいかと思います。

無料シャトルバスの利用方法

「原谷苑」さんのご厚意により、桜の見頃の時期にはピストン送迎にて無料シャトルバスが運行します。

 

 

無料シャトルバス ~2016年4月の実績

発車場所:わら天神の鳥居付近
運行時刻:11時~15時(わら天神発)
待ち時間:約15~30分(交通状況により変動)
乗車料金:無料
運行期間:4月5日~4月16日まで
 

※「わら天神前」バス停の反対車線側に鳥居があります。
※歩行者や周囲のご迷惑になりますので、「バス停でお待ちいただくときは、歩道に一列でお並び下さい」とのメッセージが、「原谷苑」さんより出ています。

スポンサードリンク

JR京都駅から「原谷苑」までアクセス

 
JR京都駅中央口
↓(徒歩)
1・市バス205号系統(乗車:B3のりば)

2・洛バス101系統(乗車:B2のりば)

rakuバス


乗車時間」:40分+シーズンの渋滞時間:バス料金230円)

わら天神前下車

↓(徒歩すぐ)
↓ バス停の反対車線側に「鳥居」あり

わら天神・鳥居付近でシャトルバスに乗車

↓(乗車時間約5分:シャトルバス無料)

原谷苑に到着
 

桜の花の開花次第で、運行期間が毎年変更されますが、大体4月上旬~見頃が終わるまでの運行です。
(2016年は、4月5日~4月16日まで)
この無料バスを使うのが、一番安く原谷苑まで行く方法です。

 

原谷苑を訪れた方のクチコミ

個人所有地(入場有料)に紅しだれ桜の大木が我を競って咲き誇ります。入場は有料となりますが、十分に有料の価値はあります。(開花時期変動制)園内はほぼ桜一色ですが、広いのでゆっくり時間をかけて鑑賞する方がベターです。ただ場所が山沿いで、アクセスも良いとは言えません。交通手段は、バスの時間を検討するかタクシー利用が賢明でしょう。あくまでも駐車場がないのでマイカー乗り入れは避けてください。見頃は里の開花時期から1週間~10日後が目安です。

・今回、桜満開の時期に当たりました。 京都駅からタクシーで直行。広い敷地内に桜桜桜! とにかく素晴らしいの一言です。 桜を引き立てるように、他の色とりどりの花や樹木があります。

・お弁当を予約できるんですね。桜を見ながらのお弁当も良いですね。

・(2016年4月16に訪問)ソメイヨシノの時期がすぎていたので、どうなんだろうと思って行きましたが枝垂れ桜が最高に綺麗で、その他にも、山吹やつつじ、シャクナゲなどいろんな花が咲いていて、桃源郷のようでした。料金も1300円とピーク時期より200円安くなっていて、良心的です。

・土地のアップダウンがあるので、下から見上げたり、上から見下ろしたり、いろんな角度で桜を楽しめます。

・平日の午前でもあるので、ゆっくり桜を鑑賞できました。あちこちに縁台があるので、腰をおろしてじっくり花見ができます。

・4月10日に訪問しましたが、いずれのしだれ桜も満開で、辺り一面ピンクで塗りつぶしたような幻想的な世界でした。

 

まとめ

原谷苑は秘境の地になり、行くのは不便な場所ですが、桃源郷とも言われるほどに素晴らしい桜を堪能できる、豪華絢爛に咲き乱れる桜の花は一見の価値ありお思っています。

無料のシャトルバスをご紹介させていただきましたが、シーズンは大変な混雑が予想されますので、何人かのグループの方は、タクシーでサさっと動かれた方が楽かもしれません。

原谷苑は、交通費もですが入苑料が1500円必要ということもあり、若い人にはあまり人気がないようですが、落ち着いた世代の方達が静かにゆったりと桜を楽しんでおられるようです。

2017年の桜の開花の情報がわかり次第、書き込みさせていただきます。ご参考に、桜の秘境で、遅めのお花見をどうぞ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>