君の膵臓をたべたい(キミスイ)の聖地はどこ?表紙の舞台は?神社は?

公開日: 


君の膵臓をたべたい(キミスイ)の舞台となった場所を知りたくて調べてみました。
2017年7月に、映画が公開されることが決まって、桜の季節が目の前に迫ってきたら、気になりません?このイラストに描かれた場所は空想上の場所なの? それとも、どこかモデルになった場所があるの?

スポンサードリンク

君の膵臓をたべたい(キミスイ)の表紙、何度見ても飽きない、桜が舞い散るイラストをきれいだなあって、眺めてしまう。
アニメやドラマなど、人気になったものは聖地巡礼が流行っているので、(キミスイ)は?と調べてみました。

それから、二人が行った旅行先も調べてみました。
君の膵臓を食べたい(キミスイ)の世界に浸ってみたい!という方は、是非最後までお付き合いください。

桜が舞い散る風景の表紙の場所は?

桜並木と欄干、桜が舞い散る風景が描かれた表紙の場所は、一体どこかな?とTwitterで検索してみました。

表紙の舞台となったのは福井県足羽川(あすわがわ)の桜でした。

この景色は、表紙に描かれている風景そのものですね!
桜が咲くころに、行ってみたいなって思っている人おおいだろうな。

スポンサードリンク

主人公と桜良の旅行先は?

作品の中で、主人公と桜良は親に嘘をついて、2人だけで旅行に出かけるシーンがあります。

新幹線に乗って行った旅行先は、福岡県ではないかと思います。
福岡という言葉は一言も出てきませんが、ラーメン、梅ケ枝餅(うめがえもち)、モツ鍋などの文字から想像すると間違いないのでは?

「梅ケ枝餅」というのは、主に福岡県太宰府市で販売されている餅菓子のことです。

学問の神様がいる神社はどこでしょう?

主人公と桜は福岡に到着すると、ラーメンを食べてから、「学問の神様に会いに行く」と言って神社に向かうのですが、そこがどこなのか調べてみました。福岡で学問の神様といえば、一般的には「太宰府天満宮」だと思うのですが、一応念のため。

インターネットで「福岡 神社 学問」と入れて検索すると、2つの神社が出てきました。
・太宰府天満宮

・水鏡天満宮
どちらに行ったのかは、小説を読むとヒントがたくさん書いてありました。
・博多から電車で30分かかる
・境内にある宝物殿
・近くにある菖蒲池(しょうぶいけ)
などから、太宰府天満宮でしょう。
水鏡天満宮までは、博多駅から電車で30分もかからないみたい。

まとめ
表紙の桜の風景のモデルは「福井県足羽川(あすわがわ)」の桜
主人公と桜良の旅行先は「福岡県」。
訪れた神社は「太宰府天満宮」。
春になったら、桜が咲いたら、福井県足羽川、にぎやかだろうな^^。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑