花粉症を防ぐ&治すためにおうちでできる胃腸とカンジタ菌と食べ物の関係


くしゃみに鼻水がでて、かゆい目をかきむしる、つらい花粉症の季節がやってきます。
花粉症の患者数は、1980年代から増加する一方で、日本の花粉症の総人口は2000万人以上ともいわれ、今日では“日本の国民病”と呼ばれるようになって、子供の3人に1人は花粉症という調査結果が報告されています。

そこで、花粉症のつらい症状を楽にするために、日常的におうちでできることについて、ご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

花粉症が発症する年齢がどんどん低くなっていて、子供の3人に1人は花粉症というのは、深刻な問題ですよね。
大人でさえツラい花粉症の症状ですから、小さなお子さんが眼鏡をかけたり、マスクをするのを見ると、痛々しくて切なくなります。

そんな花粉症について、まずわかっていただきたいことは、花粉症はアレルギーだということです。
アレルギーは、防げるし、治せるものだということを頭に置いてほしいです。

花粉症は、身体の粘膜を通して体内に入った花粉を、身体が異物として認識して、粘膜を通して追い出そうとするので、鼻水やくしゃみがでるわ、目から涙、のどがかゆくなるなどの症状になって現れるのです。

花粉症を撃退するには腸を整えること

「腸は第二の脳」とも呼ばれていて、腸が元気で、腸内環境が良好であれば免疫機能が正しく働いてくれます。
身体の中の免疫機能の大部分を司っているのは腸なんです。

腸内環境を良好にしておくためには、
・薬を飲むこと
・甜茶を飲むこと
・ニンニクやショウガを食べること
・ヨーグルトを食べること
などをやめることをお勧めします。

まずは今現在、消化・吸収しきれないでいる食べ物、身体の免疫機能に負担をかけて悲鳴をあげさせている食べ物を減らすことなのでし。

予防のためにとかで、食べて足すのではなく、必要でないものは減らすのです。

花粉症の予防・アレルギーを引き起こさないためには、引き算して食べた方が近道です。

スポンサードリンク

花粉症を防ぐ、治すため、改善するためにおうちでできることは、腸を整えること。
つまり、腸の環境を悪くする食べ物、腸に負担をかける食べ物を減らせばいいんです。

腸の環境を悪くする食べ物。

白砂糖、白砂糖を使ったお菓子やケーキ
甘い果物
コーヒー
アルコール
牛乳・乳製品

花粉症と胃腸とカンジタ菌

適度な量は必要ですが、食べ過ぎかな?と思ってはいてもなかなかやめられないのが人の子ですが、

白砂糖、白砂糖を使った甘いお菓子やケーキ・甘い果物・コーヒー・アルコール・牛乳は、極陰性の食物なので身体を冷やし、身体が冷えると、胃腸に負担をかけることになります。

そして、これらの食品は、腸の粘膜を荒らすカンジタ菌が大好きな食べ物で毒素を発生させ、大量に増殖します。

腸の粘膜が荒れると、食べ物を完全に分解することができないので、大きい形のまま体内へ入ってしまうのですが、これがアレルギーの原因となってしまうのです。

また、肉と卵は極陽性の動物性食品で、高たんぱくの食べ物です。

肉や卵を食べ過ぎると、腸の中できれいに分解しきれないので腐敗して毒素が発生し、腸壁を荒らすことになり、腸内環境を悪化させる原因になります。

荒れた腸粘膜の穴から、本来の細かさまで分解されていないたんぱく質が身体の中へ入ることでアレルギー反応が引き起こされることになるのです。

得に、小さい子どもの場合は、胃腸が未発達ですから、腸の粘膜はまだ荒い状態で整っていません。

甘いお菓子やジュース・果物・お肉を食べすぎることによって腸内のカンジダ菌を増殖させやすく、腸内に毒素が蔓延しさらに粘膜の穴が荒く大きくなりその穴を様々な食べ物が未消化のまま通ることになります。

花粉症・鼻炎・中耳炎・ぜんそく果物によるアレルギー・など様々なアレルギー症状を引き起こさないためにも、毎日の食事でこれらの食品を控えめにしてみましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする