くしゃみが連続ででるわ、鼻水で鼻が真っ赤になるし、目がかゆくてたまらん本当につらい花粉症の季節がやってきます。

花粉症の患者数は1980年代から増加の一途をたどり、日本の花粉症総人口は2000万人以上といわれ、今では“日本の国民病”と呼ばれるようになっています。

子供の3人に1人は花粉症という調査結果があり、花粉症の発症年齢の低年齢化が進んでいることも深刻な問題になっています。

大人でさえツラい花粉症の症状、小さなお子さんの眼鏡やマスクをかけた姿は、痛々しいですよね。

そんな花粉症ですが、まず頭においていただきたいことは花粉症はアレルギーです。

防げないものでも、治らないものではありません。

粘膜を通して体内に入った花粉を身体が異物と認識してしまうことから、粘膜を通して追い出そうとして、鼻水、くしゃみ、涙、のどのかゆみなどの症状となって現れるのです。

花粉症の症状を楽にするため、今からおうちでできることについてお話ししていきたいと思います。

まずはひとつめ。
「腸を整えること」

免疫機能の大部分を司っている臓器は腸。

「腸は第二の脳」とも呼ばれていますが、腸が元気=腸内環境が良好免疫機能が正しく働いてくれます。

そのための対策として
・薬を飲む
・甜茶を飲む
・ニンニクやショウガを食べる
・ヨーグルトを食べる
など足し算しないでください。

まずは、今現在、消化、吸収しきれなくて身体の免疫機能に負担をかけて悲鳴をあげている食べ物を減らすこと。

では具体的に何を減らすの?について

腸の環境を悪くするのは
次の食べ物。
白砂糖、白砂糖を使ったスイーツ
果物
コーヒー
アルコール
牛乳、乳製品

スポンサードリンク

肉、卵は極陽性の動物性であり、
高たんぱくの食べ物。

食べ過ぎると、
腸の中で分解しきれずに腐敗して
毒素を発生し、腸壁を荒らして、
腸内環境が悪化します。

荒れた腸粘膜の穴から、
本来の細かさまで分解されていないたんぱく質が
体内へ入ることで
アレルギー反応が引き起こされます。

小さいお子さんの場合は
胃腸が未発達なので、
腸の粘膜はまだ荒い状態。

甘いお菓子、ジュース、果物
お肉を食べることによって
腸内のカンジダ菌が増殖。

腸内に毒素が蔓延し
さらに粘膜の穴が荒く大きくなり、

その穴を様々な食べ物が
未消化のまま通ることで
花粉症、鼻炎、中耳炎
ぜんそく
果物によるアレルギー、
など様々なアレルギー症状の原因と
なってしまうのです。

腸内環境の悪化によるアレルギーの連鎖
これをイーストコネクションといいますよ。

腸内環境の悪化によるアレルギーの連鎖
これをイーストコネクションといいますよ。

花粉症を根本から改善したいと思ったら、
まずは食の見直し。

摂りすぎているものを減らすこと
をおすすめします。

引き算の食べ方ですね。

結果がすぐに見えないので
やる気が起きないという方へ。

人の細胞がすべて生まれ変わるのには
4か月必要ですが、

胃は5日
小腸は2日
で生まれ変わります。

まずは1週間!

意識して減らしてみてください。

体が軽い、
目覚めが楽、
ぐっすり寝られる
かゆみが減ったなど
何らかの変化に気づくはずです。

次第に
体の声が聞こえやすい状態が
出来上がってきます。

スポンサードリンク