風邪をひいた時の食事は何を食べるの?水分補給で便利なグッズとは


子供が風邪をひいてしまったときは、何を食べさせたらいいの?どんなことに気を付けたらいいの?
食欲がある時と食欲がない時の、2つのパターンについて。

食欲がある時の食事は?
食欲があっても、体調が悪い時は、良質の血液を作ることができる献立の食事をとることによって、体内に血液を充分に巡らせることができ、体力の回復を早くすることができます。

良質の血液を作るための献立とは?

ごはんと具沢山の味噌汁やポタージュスープ、おじやなど暖かくて消化が良いものがおススメです。

身体の中を巡る血液を良質なものにするための食事には、油や砂糖・動物性食品をできるだけ使わないで、胃腸に負担をかけない消化のよいものを食べることによって、身体の中に血液が充分に巡ることになり、体力の回復を早くすることができます。

熱がある時は特に、油っこい食事や砂糖、肉をたっぷり使った食事は、血液が粘っこくなりきれいに流れず、隅々まで血液が充分に巡ることができません。

スポンサードリンク

かぜをひくなど体調がすぐれない時は、胃腸が弱っていますから、おかゆやうどんや、おいもやかぼちゃなどをやわらかく煮たスープなど、子供さんの様子を見ながら少しずつ与えてみましょう。
身体の調子が悪い時は食事の量を、普段食べる量の半分くらいに減らしながら、様子をみましょう。

熱があって食欲のない時

熱がある時はもちろん、吐いたり下痢をしている時は、からだの中の水分が不足して脱水状態にならないように、十分な水分補給をしなければいけません。

子どもさんによっては、熱が出るとぐったりして自分の力では水分をとれなくなることもありますので、そんな時には、小さめのスプーンで、少しずつ水分を与えて、脱水症状を起こさないように工夫してあげましょう。

蜂蜜容器のように、押し方の加減で口に入る水の量が調節出来る容器を、用意しておくと便利かな?と思います。

起き上がることができない状態の時でも、自分でもって飲んでもそんなにむせることがありませんし、コップだとこぼれてしまうので、水分補給がとても難しいのです。

水分補給には、湯冷ましやほうじ茶・番茶・赤ちゃん用のイオン飲料などがおすすめです。

なお、柑橘系のオレンジやみかんのジュースは、口当たりがよさそうに思えますが、吐き気やせきを誘いやすいのです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする