七草粥はいつ食べるの?その由来と春の七草の意味と効果


1月7日は七草粥を食べるお家も多いことと思いますが春の七草は邪気を払い、お正月のご馳走やお酒にに疲れた胃腸を整え、青い野菜が不足しがちな冬場の栄養補給をする効用もあり、七草粥を食べることによって、一年の無病息災を願うようになりました。
また1月7日は、季節の節目の日として定められている5節句のひとつ、「人日(じんじつ)の節句」です。

スポンサードリンク

ちなみに五節句とは、季節の節目の日(節日)のことで、1年のうちに5回あります。
 1月7日(人日・じんじつ)、3月3日(上巳・じょうし)、5月5日(端午・たんご)7月7日(七夕・しちせき)、9月9日(重陽・ちょうよう)を指します。

七草粥の由来は?

七草の行事は、平安時代には1月15日に行われていたそうで、その時の七草は諸説ありますが、米・粟(あわ)・黍(きび)・稗(ひえ)・蓑米(みのごめ)・胡麻(ごま)・小豆(あずき)の穀物や豆類だったようで、現在の七草とは中身は違いました。
こちらは、

七草粥の風習は、古代中国では1月7日を人を大切にする「人日(ジンジツ)」という節句として、その年の吉凶を占いう日とされていました
そして、人日の日に七種類の羊の肉と春の生命力の強い七草をいれる、とても滋養強壮作用の高い薬膳スープだったのでは?、と想像される汁物・スープ七種菜羹(ななしゅさいのかん)」を食べて、無病息災を祈るという「七種菜羹(しちしゅさいこう)」という風習がありました。

この「七種菜羹(しちしゅさいこう)」というこの風習が奈良時代に日本へ伝わり、古来日本で行われている風習・年のはじめに若菜を摘んで食べ自然界の生命力をいただく「若草摘み」や7種類の穀物でお粥を作る「七種粥」の風習などが時をへて、「七草粥」に変化していきました。

室町時代の初め頃、「源氏物語」の注釈書『河海抄(かかいしょう)』二十巻を著した四辻善成(よつつじのよしなり)が、第十三巻の「若菜」の注釈のなかで、現在の春の七草のことを記しているのが、見つかっています。

そして、江戸幕府になって「人日の節句」として五節句の1つと定められたことによって「1月7日に七草粥を食べる」という風習が、
民衆にも広がりげんざいまで続いているのです。

七草粥に入れる、春の七草

七草粥は、春の七草と言われる7種類の野草を入れてつくられた粥。

7種類の春の野草は、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スジシロの植物ですが、それぞれに意味があり、漢方的な効果もあるんです。

 

スポンサードリンク

☆ セリ(芹 )「競り勝つ」

水辺に生える野草ですが、少し香りや味に癖があり好き嫌いがあるかもしれません。
野菜として栽培されていて売られています。おひたにしたり鍋にいれたりします。
解熱効果や胃を丈夫にする効果、整腸作用、利尿作用、食欲増進、血圧降下作用などの効果があります

☆ ナズナ(奈豆菜、撥草・薺)
ペンペン草という別名を持ち、油菜科の植物で道端に生えています。
利尿作用や解毒作用・止血作用・胃腸障害やむくみなどに効果があるとされています。

◇ゴギョウ(御形)
母子草と呼ばれる葉や茎に白いうぶ毛がみえる菊科の植物ですが、これも道端で見ることができます。
古くは、この母子草を入れて草餅を作っていたとか。
喉によく、咳止めや痰切りや利尿作用がありむくみにも効果あり。

◇ハコベラ(繁婁)

小鳥に食べさせる野草ということから、雛草という名前もある、道端や庭の隅に生えていてよく見かけられ、繁栄がはびこる、「ハコベ」と呼ばれている植物です。
ビタミンAが豊富で、胃や腸を整えてくれ、腹痛に効果があります。

タンポポに似た黄色い花で、食物繊維が豊富。
菘(スズナ) カブのこと。蘿蔔(スズシロ) ダイコンのこと。消化を助け、風邪の予防にもなる。

◇ホトケノザ(仏の座)
別名コオニタビラコ、タビラコ(田平子)という菊科の植物で、タンポポに似た花を付けます。
消化によく、整腸、高血圧に効果があります。 

◇スズナ(蕪 )
スズナはかぶのことで、丸い形が、鈴を思わせるので鈴菜と呼ばます。
蕪の 葉には、免疫力を高めるベータカロテンが豊富に含まれ、風邪の予防に、また、カブを生で食べると胸焼けに、炊くと腹痛を防ぐ効果があります。

◇スズシロ(大根 )
スズシロは大根のことで、TVドラマ「おしん」の大根飯が思い出されます。
大根は、ビタミンA、Cなどが根と葉に豊富です。
消化不良や二日酔い、頭痛、発熱などに効果があります。

 
君がため 春の野に出て 若菜摘む 吾が衣手に 雪は降りつつ (光孝天皇)
 
この日は、新年になって初めて爪を切る日でもあるって知ってました?
春の七草を浸した水に爪をつけて、柔らかくしてから切るんだそうですが、その年は風邪をひかないと言われています。
お正月気分から気持ちを切り替えてケジメをつける、七草粥を食べたら、爪を切って平常心にリセットしましょうか。

七草粥は、今の時代グレゴリオ暦の1月7日に行われていますが、江戸時代までは旧暦1月7日の行事でした。、
光孝天皇の句「きみがため 春の野に出て 若菜摘む 吾が衣手に 雪は降りつつ」のように、野草を摘む時期は、立春の前後、二月初旬から中旬ようです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする