目元のクマならヒアルロン酸注射をおすすめな理由


目元くまならヒアルロン酸注射がおすすめ

顔の中でも目元は人の目につきやすい目立つ場所、人の見た目の印象が決められるのにとても大きな要素となり、目の下にくまができていると、疲れている印象を与えることにになりますし、それに老けた顔に見えます。

目元のくまは、ヒアルロン酸注入をすることによって、解消できます。

スポンサードリンク

ヒアルロン酸とコラーゲン

ヒアルロン酸は人間の身体の中の保水に大きな役割をしている成分ですが、美容分野以外にも、医療でも幅広く使用されています。

美容皮膚科でシワの改善に使われていたのはコラーゲン注射でしたが、コラーゲンの成分がタンパク質のため、アレルギーを起こす
心配がありました。

ヒアルロン酸は人間の体内の目や皮膚、関節などに含まれている成分で、1gで6Lの水を保持するという特徴があり、純粋なヒアルロン酸ほど、より安全性が高いと言われています。

ヒアルロン酸の持続効果は、成分が身体と同じと言う事もあって、徐々に自然に身体に吸収されていきますから、時が経つと共に元の状態に戻ってしまいます、その期間は半年から1年くらいといわれています。

ヒアルロン酸で目元のクマを消す

ヒアルロン酸は、もともと目や皮膚や関節など人間の身体の組織にある成分ですから、体への負担は少ないのです。

このヒアルロン酸を、お肌に直接注入すると、皮膚にふっくらとしたふくらみを持たせることができ、若々しい肌に生まれ変わるので、メスを使わないプチ整形の一種として人気があり、注入してから、半年~1年くらい効果を持続できます。

目の下のクマやシワ、鼻を高くするなど気になるところに、ピンポイントで注入できるので、効果もバツグン。

特に、骨格が原因でできる、目元の影によるクマには効果が高いのですが、目元のクマを消すために、ふくらみや影の状態に合わせて注入できるので、クマやたるみがなくなったかのように見せることができます。

スポンサードリンク

目元のクマを目立たなくするためのヒアルロン酸注入は、今の状態に「足し算」をしていくことと考えたらいいかもしれません。

たとえば、ふくらみがあるときは、ふくらみを本当になくしてしまうわけではなく、そのふくらみに合わせて注入しながら、無くなったかのように見せることができるのです。

ただし、目元へのヒアルロン酸の注入は、ほうれい線やシワなどのほかの部分へ注入するのに比べて、高度な技術が必要とされています。

目元にヒアルロン酸注射をすると、それまで影になっていた部分がなくなって、他の肌と同じ色になり、顔の印象が明るくなって、健康的なイメージに変身できます。

お化粧に長時間かけて、ファンデーションを塗り込むんで隠さなくても、ヒアルロン酸でクマが消せるんです!

目元のクマへのヒアルロン酸注入の特徴

・メスを使う手術ではないので、身体への負担は少ない(プチ整形)
・内出血の可能性がある
・すべてのクマやたるみを改善できるわけではない
・浅いところに注入すると青っぽく見えることがある
・浅いところに注入すると凸凹感がでることがある

・結果が気に入らなければ分解注射で元に戻すことができる

目元のクマに注入したヒアルロン酸は、気に入らなければ分解注射で元に戻すことができますから、注入してからイメージと違うという思いを抱えこんで、我慢することはいらないんです。

そのことからも、半永久的になくならない「充填物質」と違いますから、ヒアルロン酸の注入した効果は、永久的ではないということもわかってください。

目元のクマのケアを考えるとき、安全で、いつでも分解できる成分がいいのか、半永久的にとどまる成分がいいのかよく考える必要があります。

ヒアルロン酸は、半永久に効果を持続することはできませんから、半年や1年ごとにヒアルロン酸を注入するために、通院しなければならないので、面倒ですが、安全性から考えると、良いことともとらえられるのです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする