ヒアルロン酸注射って何に効くの?痛くないの?お値段は?


ヒアルロン酸注射ってどんなもの?

美容に関心がある人なら、広告なので「ヒアルロン酸注射」一度は目や耳にしたことがあるかと思います。
美容整形の治療法のひとつなんですが、名前を聞いたことはあっても、意外と、実際にどんなものなのか、またどんな美容に効果があるのかなど、知っている人は少ないのではないでしょうか?

ヒアルロン酸を注射すると、たるんでいた皮膚をリフトアップできたり、ほうれい線などのしわをなくすことができるなど、「若返る」ことができるのです。

でも、興味はあっても、なかなか手が出せない人もいらっしゃると思いますし、気になるヒアルロン酸注射について、詳しい情報お伝えします。

スポンサードリンク

ヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸は、もともと目や皮膚、関節などに含まれている成分なのですが、ヒアルロン酸の構造は鎖型をしていて、身体の中の細胞の間に水を保持する役目があって、細胞や周囲の組織に適切な潤いを与えています。

ヒアルロン酸の保水力は、1gあれば、6リットルの水を保持できるといわれるぐらい大変優秀で、赤ちゃんの肌が張りがあってみずみずしく弾力があってプルンプルンなのは、ヒアルロン酸がたくさん含まれているからです。

ヒアルロン酸は、身体の中のいろんなところ、特にへその緒や関節液、皮膚、目などに多く含まれているんです。

ヒアルロン酸

お肌の老化でできたシワなど、へこみが気になる部分に、ヒアルロン酸を注入することによって、ボリュームを出して、希望する形に整えるために行われる施術のことです。

保水性に優れている「ヒアルロン酸」は皮膚に潤いを保つ化粧水や、スキンクリームなどにも使われています。

また、美容系の健康食品として販売されているものに「飲むヒアルロン酸」なんてのもありますが、健康食品の「ヒアルロン酸」と、美容外科で使われる「ヒアルロン酸」とは、全く違うものが使われます。

美容外科の注射に使うヒアルロン酸は、試験管の中で細菌を培養させ、合成させたものに対して、健康食品の「飲むヒアルロン酸」は、動物や植物から抽出した成分が使われるのです。

ヒアルロン酸の注射の効果

ヒアルロン酸を注射すると、ほうれい線がなくなると、有名ですが、そのほかにも目の下やマリオネットラインなど、表情によって動かない「へこみ」に効果があります。

スポンサードリンク

ヒアルロン酸の注射は痛いの

ヒアルロン酸の「注射」という言葉から連想すると、痛そうですが、どれくらいの痛さなんでしょうか。

注射針を刺すときと、ヒアルロン酸を皮下に注入するときに、多少の痛みを感じるのですが、痛さの感じ方は、やはり個人によってだいぶ差があるようですが、麻酔クリームを塗布してもらうことで、ソフトにすることができます。

痛みに敏感な方は、美容外科でヒアルロン酸注入を受けるときに、麻酔クリームによるケアがあるかどうか、確認して、麻酔クリームによるケアがある病院を選びましょう。

ヒアルロン酸を注入するときに、まれに針が血管に当たって、内出血が起こることがありますが、内出血は1週間弱で消えてなくなりますので、心配いりません。

ただ、内出血が消えるまでの間は、メイクでカバーすることになります。

また、余計なトラブルを避けるためにも、ジムやマッサージなど、血行の促進をうながすようなことは、ヒアルロン酸注射をした当日はもちろん、翌日くらいまでは、避けたほうが無難です。

ヒアルロン酸が効く期間はどれくらい

ヒアルロン酸の注入は、永続的に効果が続くわけではないので、効果をずっと継続させたいときは、効果が薄れたなと思ったらまた注入する必要があります。

ヒアルロン酸を注入してから1年くらいは継続するとされていますが、肌に弾力があって圧力がかかるところは、効果は早くなりやすいようです。

平均では、半年~1年前後で効果が薄れてきたと感じることが多いようです

ヒアルロン酸注入の注意点

目の下の青グマがある人がヒアルロン酸を注入をするときは、注意が必要です。

ヒアルロン酸は、無色透明の素材ですから、目の下に青いクマがあると、ますます青く見えてしまうかもしれません。

また、一回の施術で多量のヒアルロン酸を注入すると、理想と違ったときなど気にいらない時に、形を修正したいなど、余計なお金や時間がかかってしまいます。

何回かに分けて通院するのは、面倒かもしれませんが、トラブルを避けるためにも、少しずつに分けて、様子を見ながら注入していったほうが確実です。

ヒアルロン酸注入施術のお値段

お値段は0.1mが1万円ほどが目安。
目の下のクマなら、両目でも1万円ほどで十分な効果を得ることができます。

ほうれい線を消すには、0.3~0.5mlくらいが適量とされますから、5万円くらいの予算になります。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする