キャベツに含まれている「ボロン」という成分は、バストアップに効くと言われているんです。
キャベツに含まれる成分「ボロンで」バストアップする方法をご紹介しますね。

スポンサードリンク

ボロンは食品のなかでは、生のキャベツに多く含まれ、別名「ホウ素」とも呼ばれます。

ときどき、生のキャベツを食べてバストアップ! なんて、特集があったりしますよね。
それは、キャベツに含まれている「ボロン」によるバストアップ効果を期待してのことです。

「ボロン」という成分は、ミネラル類の一種で、女性ホルモン『エストロゲン』を増やす効果があり胸を大きくするために効果が期待できます。
エストロゲンというのは、女らしい丸みの帯びた身体をつくるために必要な、女性ホルモンの一つで卵胞ホルモンとも呼ばれています。

キャベツを食べると、「ボロン」が体内に摂りこまれて、エストロゲンの分泌を促し、乳腺が発達します。
そして、発達した乳腺を守るために、胸の皮下脂肪が分厚くなるのですが、これがバストアップにつながるということなんです。
またキャベツには、たっぷり食物繊維が含まれていますから、便秘解消やデトックスにも効果があり、体内の血液の循環が良くなって、
胸への栄養補給もスムーズに行うことが出来るようになるという、なんとも優れた食べ物なのです。

でも、キャベツを食べるだけでバストアップできる、とは考えない方がいいです。
「ボロン」は熱を加えることに弱いのでキャベツを生で、おまけにキャベツを1日に1個食べないと効果が期待できません。

キャベツを食べる、ということ自体は、便秘解消にもなるし、健康や美容に良いと思いますが、さすがに、バストアップのために、生のキャベツを1日に1玉食べ続けるということは、栄養バランスを敵にどうなんでしょう?

体調を崩してしまうかもしれないし、まず、津図けられるかなあ?

栄養のバランスを考えながら、「ボロン」を摂取してくことが大切なので、キャベツ1個を食べ続けるよりも、「ボロン」のサプリメントがありますから、キャベツとサプリメントを併用して、バストアップ成分を摂取しながら、栄養バランスのとれた食生活を心がけて、バストアップを心がけましょう。

スポンサードリンク

生のキャベツはすぐにお腹がいっぱいになりますから、キャベツだけでボロンを摂ろうとすると、他の脂肪分やたんぱく質が食べられなくなってしまうおそれがあります。

ごはんの付け合わせに必ずキャベツの千切りを添える、という程度ならできますよね。

サプリメントでボロンを摂取するときは、過剰摂取に注意しましょう。
過剰に摂取すると、ボロンは体質によっては副作用が出る場合があります。

通常の服用の範囲内なら、健康に配慮しつつ、バストアップさせることが可能なので大丈夫ですよ。

バストアップのサプリメントを使うときは、ボロンだけを含むものではなく、プエラリアなどほかの成分と一緒にボロンが含まれているものを選ぶようにすると、成功しやすくなります。

ボロンは、キャベツに豊富に含まれていますが、他にもレタスやブロッコリーにも多く含まれています。

フルーツではリンゴやプルーンに多いです。

しかしボロンは熱で壊れやすいので、生で食べないと栄養を摂取できません。

その点からも、効率的に摂取するために、サプリメントを利用するというのは賢い方法かもしれません。

生で食べようとすると、どうしてもかさがあるので、たくさん食べられませんからね。

キャベツダイエットというダイエット法があります。

これは、キャベツが、カロリーが低いにもかかわらず、お腹がいっぱいになりやすいというところから注目されたダイエットです。

つまり、少しの量でお腹がいっぱいになるということです。

これをバストアップにつなげて考えると、キャベツばかり食べていると、すぐお腹がいっぱいになって、摂取カロリーが減ってしまうということになります。

バストの90%は脂肪でできていると言われています。

キャベツだけ食べるということは、脂肪が減ってダイエットにはいいかもしれませんが、バストアップ効果は期待できなくなるので注意ですよ!

スポンサードリンク