ダイエット中のランチは炭水化物の量に注意のこと


ダイエット中のランチは炭水化物を食べる量に注意しましょう。
ダイエット中でも、家事や仕事をしないといけませんし、身体を動かすためにも、ごはんを食べない、炭水化物を一切食べないダイエットのやり方は、かえって、身体にとって危険を伴います。

スポンサードリンク

営業で外回りの仕事やオフィスで働いている人は、ランチは外食をする機会も多いでしょう。
でも、こういう外食のランチは、太るメニューになっていることが多く、オーダーしてしまうことがあるので注意です。

まず知っておきたいのは、外食メニューは、炭水化物が多めにつくられている、という特徴です。

たとえば、ラーメン屋にいくと、ラーメンとチャーハンの組み合わせで定食になっていたりしますよね。
ランチセットで、お蕎麦を頼んだとしても、セットでミニ丼がついていたりします。

2016-05-19 14.48.21

コンビニのお弁当を買いに行くと、ついついおにぎりもプラスしてしまうこともあるでしょう。

おにぎりとサンドイッチの両方食べたくなって、両方買ってしまったり・・・。

これって、炭水化物プラス炭水化物ですから、こういうことをしていると、太る元になり、炭水化物を摂りすぎは、ムダに脂肪をつけてしまうことになります。

代謝に関わるビタミンやミネラルも不足してしまうので、ヤセにくい体質になってしまいます。

炭水化物が多いメニューというのは、安いし、手早くお腹いっぱいになるので重宝しますが、ダイエットには不向きです。

外食するときは、炭水化物が含まれるメニューは1品だけにとどめるようにしましょう。

スポンサードリンク

それでも、もう1品を食べたいと感じるなら、 野菜や海藻類などのビタミンやミネラル、食物繊維がとれるようなサラダやスープを選ぶようにしましょう。

FullSizeRendぎ3er

炭水化物のとりすぎを防ぐ良い方法は、「定食を選ぶ」というやり方です。
焼き魚定食、刺身定食など、魚をメインにした定食ならなおよいでしょう。

特に、サンマの塩焼き定食とか、サバの味噌煮定食など、青魚の定食にすると、青魚に含まれる悪玉コレステロールを減らす脂も摂取できるので、ダイエットしやすくなります。

ランチを定食にすると小鉢やみそ汁がついているので、野菜や海藻類を摂りやすくなり、ビタミン、ミネラルを摂取できて、代謝が上がり、脂肪が燃焼しやすくなるので、おさかながメインの定食はおすすめです。

ランチのときは、サービスでごはんの量が多めになっていたり、大きなどんぶりいっぱいにご飯が入っていたり、お代わり自由になっていることが多いです。

消費者から見ると、お得でうれしいことのように見えますが、ダイエットのためには、障害以外のなにものでもありません。

定食を頼むと、普段使わないような大きなお茶碗にたっぷりごはんが入っていますが、これを全部食べてしまうと、炭水化物の摂りすぎになってしまいます。

お店に頼むと、ご飯の量を調整してくれます。

「○○定食、ご飯半分で」という風に一言添えてお願いしましょう。
ご飯の量を減らして、代謝を上げるたんぱく質や野菜、海藻類はそのままのメニューにして持ってきてくれます。

たくさん盛ってもらって食べ残すよりも食べられる量にしてもらって、全部食べたほうが、地球にも優しいですよね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする