洋食のマナーナイフとフォーク肉料理とパスタ編


洋食のマナーナイフとフォーク肉料理とパスタ編
コース料理を食べるときに使うカトラリーは、外側から使うの、それとも内側からなの?
なんて、初めてフルコースなんてときは、?ですもんね。

スポンサードリンク

ナイフとフォーク?

洋食のコース料理のフォークとナイフですが、外側から使うと覚えておけば、戸惑わなくてすみます。もし、間違って違うフォークとナイフを使っても、お店の人がきちんと対処してくれますから、心配しなくて大丈夫です。慌てないことですね。

ごはんはフォークですくうの?背に乗せるの?

フォークですくうのが正解。
お米は西洋人にとって、主食ではないので野菜と同じ扱いになり、お肉料理の付け合わせにワイルドライスなどが野菜と一緒に添えられてだされたりします。

そういうときにも普通にすくって食べます。

日本で、ライスにしますか?パンにしますか?と聞かれるのはファミレスなどの気楽なお店が多いと思いますが、どんな場所でも、フォークの背にわざわざ乗せて食べるのは、ひと昔前なら許されても、現在では、洋食のマナーとしては首をかしげることになりそうです。

スポンサードリンク

ナイフで切ったらフォークを右手に持ち替えてもいいの?

右手にナイフ、左手にフォークが基本の姿勢。
フォークを右手に持ち替えて食べるのは、マナー違反です。
メインの料理を一気に切り分けてしまうのもダメ。
正式の場所でフォークを左手から右手に持ち替えるのは下品な行為と受け取られることもあります。カジュアルなお店で、うちうちの気軽な会食なら持ち替えていいでしょう。

パスタはフォークのみ?スプーンも使う?

フォークだけを使っていただきます。
イタリアではスプーンを使うのは、フォークを使えない小さな子供だけですから、大人が使っているのを見たらびっくりされてしまいます。

ただし、スプーンとフォークの両方を出すお店があるとしたら、そのお店では、スプーンとフォークを使っても良いということでしょう。

食後のナイフとフォークの置き方は?

揃えて置くのが正解。

ナイフとフォークを揃えて、お皿を時計に見立てて、4時の位置に置きます。
フォークが上向きになっているのが、食事の終了のサイン、ハの字に置くのは、食事中のサインです。

ただ、フランス式は、3時に、イギリス式が6時の位置なんだそうです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする