野菜と肉と貝を長く美味しく使い切る保存テクニック


野菜はもちろん、お肉や魚の上手な食品保存テクニックをご紹介します。
冷蔵庫に入れる前にひと手間のかければ、レタスやニラやもやしを2週間以上冷蔵庫に保存しても、新鮮で美味しく食べられる保存方法、お知らせします。

スポンサードリンク

私、お肉はラップにつつんでそのまま冷凍室に保存しますが、これはNGなのだそうです。
冷凍庫3週間入れっぱなしにしても、お肉は変色しない、パサパサにならない方法。

肉を美味しく3週間冷凍保存する方法

肉が、変色もしない、冷凍焼けにもならず3週間たってもおいしく食べられる保存方法は、砂糖氷水につけること。

肉を冷凍保存の順序

1)1ℓの氷水に対し、砂糖1グラムの割合で溶かす。
2)砂糖氷水にお肉をサッとくぐらせて、肉の表面を砂糖氷水でコーティングする。
(砂糖氷水につけておくのではなく、本当に一瞬間、くぐらせるだけで良い)
3)お肉をラップで包み、保存袋に入れて、空気を抜いてから冷凍庫に保存する。

これで、水分の蒸発を防いで、冷凍焼けすることなく、3週間から1か月保存しても大丈夫だそうです。
ジューシーで、おいしいお肉が食べられますね。

貝類とエビが1か月持つ美味しい保存方法

貝類を冷凍する順序

1)砂抜きをした貝やえびを密閉容器にいれる。
2)貝やえびがひたひたになるまで水を入れる。

空気にふれないので貝やえびがふっくらしたままで保存できる。
解凍する時、エビなどは、そのまま料理に使ってOK。
貝の場合は料理によって氷を溶かしてから使いますが、スープだったら凍ったままお鍋にいてOK。

スポンサードリンク

野菜を長持ちさせる保存方法

レタスの保存方法

レタスの芯に爪楊枝を3本ほど刺しておく。
爪楊枝でレタスの芯を刺すことによって、レタスが成長することを止めることになり、瑞々しさを保つことができるそうです。

キャベツや白菜など、芯が固い野菜にも応用できます
野菜の切り口から、水分が逃げるので、レタスの芯を薄く切って、切り口に小麦粉を塗ってポリ袋に入れて保存する方法もあります。

もやしの保存方法

タッパに水を入れて、もやしが水に浸かる状態で、冷蔵庫に保存する。
水は、2日くらいで取り換えると、いつまでもシャキシャキしています。

これはミニトマトやセロリ・ニラにも使えます。
ミニトマトは4日くらい、ニラは3日くらいで水を取り換えると、3週間たっても美味しく食べられます。

アボガドを早く食べごろにする方法

買ってきたアボガドが固い、でも早く食べたい時は、りんごをアボガドと一緒にポリ袋に入れておくと、熟すのが早くなって、1日か2日で食べごろにしてくれます。

りんごのエチレンガスが老化作用を持っているので、アボガドを早く熟成させることができるのです。

また、ジャガイモとりんごを一緒に入れておくと、ジャガイモの芽が出るのを防いでくれる作用もあります。
青森の長芋をひと箱送ってもらいますが、長芋にも通用するか、今度試してみようと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする