和食の正しいマナーは?ご飯とみそ汁は左右どっち?お箸のタブー6つ


正しい食事の作法がわからなくて、近くの席人の動きを見よう見まねでごまかしたことがある人もおられるのでは?
そこで今回は、日本食を食べるときのマナー、正しいテーブルマナーについて、ご紹介します。

スポンサードリンク

おしぼりで拭くのは手だけ?顔は?

おしぼりは”お手拭き”と言われるものですから、手以外をふくのはマナー違反。
顔や首もとをふくのは自分のハンカチを使いましょう。
またおしぼりでテーブルを拭くなど台拭きがわりに使うことも、緊急時以外はやめましょう。
%e5%bc%81%e6%85%b6%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%abfullsizerender

ナプキンはいつ広げたらいいの?

─ナプキンを広げるタイミングや使い方がよくわからなくてオロオロ、ということがありませんか?

ナプキンは、オーダーを済ませて、食前酒や前菜が運ばれてくるまでの間にひざの上に広げましょう。首元から下げるのはNG.

ナプキンを汚すと悪いからと気を使ってティッシュを使うこともマナー違反、ナプキンは汚れを拭くために使うものとして用意されているのですから。

食べた後のお皿はそのままにしておくの?重ねるの?

食べて空になったお皿は、そのままにしておきます。
器を下げやすいように・・・と重ねてしまうのはマナー違反。

器の底に調味料や油がつきますし、和食のメニューですと高価な漆器のおわんなどの塗りがはげることも考えられます。

お店によって、片付けかたが違いますか、邪魔なときは隅のほうに移すか、そのままにしておきます。
洋食の場合は、お絶対に、皿に触らない、動かさない、というのが鉄板のマナーです。

大皿から料理を取る時、自分の箸を逆さにする?しない?

正解は、お箸を逆さにしません。
逆さに持ち替えることは、”逆さ箸”というマナー違反になります。
手に持っていた部分で食べ物のさわることになるので不衛生ですし、見た感じもよくないとされます。

お箸の使い方、マナー違反

・刺し箸:食べ物を箸で突き刺して食べる

・迷い箸:器のうえで箸をあちこち動かして食べ物を取るのに迷うこと。

・さぐり箸:器の中の食べ物を選びさぐるように箸を動かすこと。

・拾い箸:二人で同じ食べ物を箸で挟むことですが、お骨を拾う時に使われるので、嫌われます。

スポンサードリンク

・寄せ箸:器を自分の近くに引き寄せるとき、手を使わずに箸を使うこと。

・渡し箸:器の上に箸を置くこと

汁がたれそうな食べ物をお箸で取る時、手で受けていいの?

手ではなく、小皿で受けるのが正しいマナーです。

口に食べ物を箸を持っていないほうの手を添える”手皿”、ドラマや料理番組などで観ることも多く、正しいマナーと思っている人が多いようですが、マナー違反です。
汁がこぼれる~、と心配なときは、小皿を持つのが正しいマナーです。

また、テーブルと身体が離れすぎないように、こぶし二つ分くらい空けて椅子に座って、上体を少し前に倒すようにすれば、口がテーブルの延長戦上になるので、食べ物を落としてもお皿の上ですから大丈夫。

ご飯と味噌汁は左右どちらが定位置?

ご飯は左、みそ汁が右が正解。

%e6%9c%9d%e9%a3%9fimg_6554

お椀を左手に持って飲みますから、迷うと思いますが、日本の食文化の基本中の基本です。
日本文化の考え方は、左上位ですから、主食のご飯が左となります。
また、尾頭付きの魚、さんまなどの焼き魚は頭を左に向けてお皿に盛り付けします。

焼き魚の骨は御箸ではずすの?手を使ってはダメ?

手を使って骨をはずしていいのです。
焼き魚の上の身を食べてしまうと骨、背骨を頭のところで折って取り除くのですが、その時、手で頭を軽く押さえるのですが、懐紙で覆いながらすると手が汚れませんし、上品に見えます。
はずした骨はお皿の向こう側に置いて、下の身を食べます^^。

骨をはずさないで、魚をひっくり返して食べています~と言う人は、これからよろしく^^。

お椀のふたは上向きに置くの?下向き?

・食べ始める時に取ったお椀のふたは、伏せて置くと水滴がテーブルに落ちてしまうので、あお向けに置きます。
・食べ終わったら、元のようにふたを上向きにしておきます。

お刺身の食べ方、ワサビはしょうゆに溶かす?刺身にのせる?

ワサビを刺身にじかにのせるが正解。

最近までは、しょうゆにワサビを溶かすのがクセになっているというか、そうするものだと思い込んでいたのですが、お刺身の身にワサビをのせて食べたほうが、ワサビがピリっと利いておいしいですし、見た目の美しさも格段の差があります。

てんぷらの塩は?。

まとめ

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする