歯周病は、虫歯とともに歯を失う原因となっていることは、ご存知ですよね。
歯を失う原因の80%以上が虫歯と歯周病ということからも、虫歯の予防はもちろんですが、歯周病の予防など、総合的なお口の中のケアが歯の健康には欠かせません。

歯周病になったらもう治すことはできないものなのでしょうか?
歯周病は何が原因でなるのか?また、歯周病の治療にはどんなものがあるのでしょうか?
歯周病にならないための予防には、どのようにし たらいいかなど、お伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク

歯周病になる原因は?

歯周病は、症状が進んで深刻な状態になるまで痛みを感じることがないので、「サイレント・ディシーズ(静かなる病気)とも言われています。
ですから、「おかしい?」と気づいた時には、手遅れとなっていることが少なくないため、毎日の生活習慣でのコマめなケアや専門家による正しい予防法が必要なんです。

人間の口の中には、およそ300~500種類もの細菌が存在するのですが、この細菌たちは、毎日の食事や飲食物などに含まれる糖分などから、歯垢が作り出され、それが歯の表面にくっついて増えていくのです。

その中に、「虫歯菌」と言われるミュータンス菌は歯の表面にくっつく能力を持ち、酸を作り出し、歯のエナメル質などを溶かして虫歯をつくります。

虫歯をつくる細菌や、歯周病の原因となる「歯周病菌」などが存在しているのです。

また、ラクトバチラス菌は、飲食物の炭水化物や砂糖に含まれ、最も多く含まれているものは乳酸菌飲料なのですが、このラクトバチラス菌が、ミュータンス菌が作った虫歯に入り込んで、むしばを拡大させるのです。

そう、ミュータント菌とラクトバチラス菌が連携することによって、虫歯ができ、拡大していくのです。

もうひとつの「歯周病菌」は、毒素をつくり、歯茎の炎症を起こし、歯を支える土台(歯槽骨)を溶かしたりします。

歯槽骨が溶けることによって、歯の土台がダメージを受け、歯が動くようになり、場合によっては歯を抜く、ということになってしまうのです。

虫歯も歯周病も原因は、「ミュータント菌」と「ラクトバチラス菌」という「細菌」です。

歯磨きが面倒だから・・・と、歯磨きをしないで長時間、歯垢が歯にくっついている環境は、「ミュータント菌」や「ラクトバチラス菌などの細菌にとっては居心地の良い環境で、虫歯や歯周病が進行することを助けることになってしまいます。。

歯周病は身体全体の怖い病気の原因になる

歯周病が進行すると、歯周病菌が血液の中にまで入り込むことになり、心臓病や動脈硬化、肺炎、低体重出産、早産・認知症などの病気を引きおこす原因となることが報告されています。

それは、先日の熊本地震による避難生活が長期化したことで、特に高齢者の口腔内ケアを十分にできない場合、「誤嚥(ごえん)性肺炎」の危険性が高まると、注意喚起がされたことでも、ご理解いただけるかと思います。

口腔ケアに気をつけることは、身体全体の健康にもつながることになりますから、正しいケアや早いめの対処を心がけたいものです。

歯周病の症状を簡単チエック

30歳以上の80%以上の人が歯周病または歯周病予備軍だそうですが、歯周病の主な症状を知って常にチェックしておくと、早めに対応ができるかと思います。

歯周病チェック!こんな症状を感じたら要注意!ということで、歯周病の症状について、軽いものから順にご並べてみました。

1・歯ぐきの色が悪い
2・歯ぐきが腫れている
3・歯ぐきから血がでる
4・歯ぐきの間に物がよくはさまる。
5・冷たい物や熱い物がしみる。
6・硬いものを噛むと痛みがあるときがある。
7・歯ぐきが下がって歯が長くなった気がする。
8・歯が浮いた感じがする。
9・口臭がする。
10・指でさわるとぐらつく歯がある。

健康な歯ぐきの色は、淡いピンク色、そして歯と歯の間の歯ぐきの形は、きれいな三角形が理想です。

また、歯ぐきは硬く引き締まっているのが良く、歯ぐきの表面が健康な歯肉に観られる「スティップリング」と呼ばれる状態は、歯肉のもとと成るコラーゲン繊維が良好に作用していることを示しています。

でも、歯周病が進んで悪化してくると、歯ぐきが衰えることによって歯茎が痩せて下がり、歯ぐきに隠れていた歯の付け根の部分が見えてしまい、歯が長くなったと感じたり、冷たい物や熱いものが歯にしみたり、硬いものを噛んだときに歯に痛みを感じることになります。

そして、歯周病がさらに悪化すると、歯ぐき全体の炎症が進んでひど亥状態になると、膿がでる場合もあったり、食べ物が腐ったような口臭を感じるようになり、歯の土台が侵食されて、歯がぐらつくなどの症状が出てきます。

なお、歯周病チェックをして、当てはまるものがひとつでもあったら、歯周病の可能性があると考え、歯医者に行って、専門家にしっかりと見てもらうことをお勧めします。

歯周病を予防するためには?

歯周病の予防には、歯垢や歯石ができる環境を作らないことが一番。

歯垢ができるのは、食後約8時間。
食後8時間以内に、飲食などで口の中に残った食べかすを、きれいに掃除できれば良いのです。

生活習慣として、歯磨きをきちんとすることはもちろん、しっかりとプラークコントロールを行いましょう。
プラークコントロールとは、単に歯磨きをして、歯垢を取る作業ということだけではなく、歯面に歯垢が付いていない「プラークフリー」な状態を常に保つことをいいます。

それで見逃しがちなのが、歯と歯のすき間の部分。「デンタルフロス」などを使って、歯ブラシだけでは磨きにくい歯と歯のすき間にある
歯垢も、ていねいに取り除くようにしましょう。

スポンサードリンク

デンタルリンスで口をすすいでから歯磨きをすると、歯垢がやわらかくなってから歯を磨くことになるので、歯磨きだけをするより効果歯垢が落ちやすくなります。

なお、歯磨き粉は大量に付けすぎても効果は一緒なので適量をつけるようにします。

特に気になるかたは、就寝前にデンタルリンスで口をすすいでから寝るようにすると、寝ている間に菌の繁殖を少しでも防ぐ効果があります。

歯垢が歯に付いたままで、長い時間放っておくと、歯垢は硬くなって「歯石」になってしまいます。
歯石になってしまうと自分で除去することは不可能ですから、歯科医などの専門家に任せたほうが無難です。

虫歯菌や歯周病菌をなくす

虫歯や歯周病は細菌」が原因、虫歯菌や歯周病菌をできるだけ減らすようにすることが、自分でできる予防です。

自分でできるケア方法としては、虫歯菌や歯周病菌を殺菌したり、除去できる成分が配合されたデンタルリンスを、利用するのが簡単に取り組みやすいと思います。

歯科医に専門家のチェックをしてもらう

生活習慣として口腔内のケアに気をつけていても、自分だけでケアするには、限界があります。

かかりつけの歯科医に定期的に通って、専門家にチェックしてもらいながらケアをしていくことも、歯周病の予防ケアとして、必要です。

先日テレビで紹介されていましたが、高齢者でも現役で仕事をされてお元気な方は、歯が健康で、ステーキなどのお肉が大好きで、自分の歯でしっかりと噛んで、おいしく食事をされていました。

3ヶ月から4ヶ月に一度、かかりつけの歯科医に定期健診を受けているとのことでした。

歯科医では、個別に相談にのってもらえますし、フッ素コートなどの専門的な予防法など、長期的な予防方法も知ることができます。

まとめ

歯周病や虫歯などで歯が弱くなったり、抜いてしまうと噛む力が弱くなって、食事を食べにくくなったりして充分な栄養を取ることができにくくなると、身体の中のいろんな生活機能の低下を招くことになってしまいます。

高齢になっても自分の歯をできるだけたくさん維持できるように、今日から、歯磨きはもちろん歯の表面に、歯垢が残らないように予防対策に取り組むことにしましょうね。

スポンサードリンク