乾燥やしわ&しみ対策による肌の若返らせる方法


女性のはだは、年齢とともに、うるおいをうしなって乾燥した肌にしわが刻まれ、しみもできるというのが悩みの種ですが、乾燥を防ぎ、しわやしみ対策をすることによって、肌を若返らせることはできるのでしょうか?。

スポンサードリンク

お肌の乾燥対策で若返る方法

年齢と共にお肌は少しずつ変化していきます。
お肌はいつまでも若々しくありたいものですが、時の流れを逆行させることはできないのが現実、肌を若返らせる、若い肌を保つには、何をすればいいでしょう?

加齢によって引き起こされる肌の変化に乾燥があります。
コラーゲンは、若い頃には真皮層にたくさん存在していたのですが、年を取ると減少し、目じりや額、口元などに、表面が乾いてカサカサになすことでしわができてしまいます。

皮膚の保湿力を取り戻すことが、肌の若返りには重要です。
保湿による若返りには、角質層にしっかりうるおい成分を与えること、うるおいが逃げないよう油分でコーティングすることの2段階のケアが必要です。

肌の乾燥対策で若返りをするには、保湿液をたっぷりと肌に浸透させることです。
肌の表面は洗顔後、すぐの場合しっとりしていますが、一番乾きやすい状態でもあります。

皮脂膜や天然保湿因子が洗い流されているからです。
洗顔後にたっぷり補ったほうが良いのは、ヒアルロン酸やアミノ酸が含まれた化粧水です。
きちんと保湿ケアを行った肌になったら、しっかりと保湿クリームを塗って、水分が蒸発して逃げていかないようにしましょう。
乳液やクリームでお肌にフタをして、水分が逃げていかないようにすることが、肌の若返りのために重要です。
肌の保湿力をもう一度戻すことで、若返りをすることができるでしょう

しわ対策による肌の若返り

肌の若返りについて考えてみましょう。
肌の若返りを目指すなら、しわを目立たなくすることがひとつの方法です。
しわの増加は、皮膚の老化によって真っ先に目につくものだからです。
しわの少ない肌にするには、肌の保水力を取り戻し、若い頃のような弾力のある肌にすることが必要です。
年齢を重ねることはしわの原因になりますが、肌を老化させる要因として紫外線もあげられます。
よく知られているのが、紫外線は肌の日焼け作用があることですが、光老化という作用も日焼けだけではなくあるそうです。
光老化対策が肌の若返りには不可欠です。肌をサンスクリーン剤を使って、紫外線からきちんと防御しましょう。
しわができてしまった場合でも、まだ対策の立てようはあります。これ以上しわが深くならないように、とくに念入りに乾燥対策や紫外線対策をしましょう。

スポンサードリンク

近頃は、肌の再生を促進する真皮層のコラーゲンやエラスチンなどのスキンケア用品による若返りも効果があるといいます。
ビタミンCやイソフラボンを積極的に摂取し、肌の再生作用を促進して弾力を高め、若返り効果を期待するという方法もあります。
皮膚科やエステサロンの整形で目立たなくするという方法も、スキンケア用品だけでは治せないしわには有効です。

メスを使わないプチ整形による肌の若返りであるボトックス注射やヒアルロン注射なども、近年では人気があるようです。

しみ対策による肌の若返り

どのように肌の若返りとしみ対策をすれば良いのでしょうか。
30代を過ぎた頃から、肌のしみは少しずつ気になるものです。

しみが増えることで実際の年齢よりも上に見られてしまうことありますので、若返りにはしみ対策をきちんとすることが重要です。

皮膚が老化してメラニンの代謝が落ち、色素が溜まりやすくなるのが、肌にしみができる要因だそうです。
皮膚は紫外線の影響や炎症による刺激によって、メラノサイトというメラニンをたくさん含む層を作ります。
皮膚にしみは、メラニンが表皮に蓄積されることでできるのです。

年齢やストレス、偏った食習慣などでメラニンはどんどん溜まっていきます。
若い頃の肌は新陳代謝によってメラニンは体外に排出されますが、歳を重ねるとそうはいきません。
日焼け止めを活用して紫外線対策をすることが、しみを改善し肌の若返りを目指すには一番大事なことです。

冬でも紫外線の刺激は強いものです。
強い陽射しは、日傘やサングラスを身につけ、UVクリームを使うなどして、若返りのためにも、太陽光が出ている時は工夫しましょう。

若返りの肌を取り戻すために、メラニン色素の色を還元するには、ビタミンCを多く摂り入れるのも良い方法です。
肌にしみができる原因としてはストレスや血行不良、喫煙、冷え性、鉄分やビタミンなどの栄養不足も考えられます。

一度に全てを解消することはまず不可能かもしれませんが、肌の若返りのためひとつひとつ対策を立てていきたいものです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする