時代祭の由来や成り立ち、平安神宮の行事や見どころを紹介します。


10月22日は、京都三大祭のひとつになっている平安神宮の例祭、時代祭が執り行われます。

そして、10月22日は平安京となった記念の日であり、京の都の誕生日でもあります。
今日は、時代祭の由来や成り立ち、平安神宮の行事や見どころについて、ご紹介します。

スポンサードリンク

時代祭の由来

10月22日、時代祭の行列は、明治維新から徳川の江戸時代・信長と秀吉の安土桃山・室町・鎌倉、そして京都に都が遷った平安時代までの時代の風俗衣装に身を包んで、京都御所の建礼門から京都御苑の堺町御門を出て歴史絵巻を繰り広げながら、平安神宮を目指して進みます。

明治28年、東京遷都で荒廃しかけた京都に活気を取り戻すために平安神宮が創建され、平安神宮の管理と保存のための市民組織として平安講社が作られたのですが、その記念事業として、明治時代より遡った各時代の風俗の時代行列が行われるようになり、これが時代祭と呼ばれるようになりました。

第1回の時代祭は、創建されたばかりの平安神宮への参拝として明治28年10月25日に行われましたが、
第2回目からは794年に、桓武天皇が京都市内中心部の平安京に遷都 京都に都を移され、平安京と呼ばれるようになった記念の日、10月22日に行われるようになりました。

平安神宮に祀られている祭神は京都に都を遷した桓武天皇と、首都京都の最後の天皇・孝明天皇です。
時代祭は、桓武天皇と孝明天皇の2柱の御霊に、お2人が住んでおられた京都御所から、京都市中を巡行していただき、市民の暮らしぶりをご覧頂いて、平安を祈る祭礼が、時代祭りなのです。

時代祭は全市民奉仕の「平安講社」

時代祭行列は、京都全市域からなる市民組織「平安講社」(全11社)によって運営されています。
明治28年には6列、人員500名の小規模でスタートしましたが、現在では20列・2000人からなる大行列となっています。

各時代の列の担当は決まっていて、各社は複数の学区で構成され、配役はその中で輪番で割り振られます。

毎年担当する学区もあれば、10年に1度だけ担当する学区もありますが、22日の行列当日の朝、衣装をまとった人々がお披露目を兼ね、学区内を廻ります。

20の行列は、明治維新時代・江戸時代・安土桃山時代・室町時代・吉野時代・鎌倉時代・藤原時代・延暦時代の8つ時代からなり、
2000人の全長約2kmもの長い長い行列になります。

また、江戸時代婦人列・中世婦人列・平安時代婦人列は、祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒、祇園東の
5花街の芸舞妓が交替で奉仕されるのですが、華やかで艶やかな彩が添えられ、舞台を見ているような気持ちを味わえます。

また、身に着ける1万2000点にもおよぶ調度、衣裳、祭具は綿密な時代考証が重ねられているのも、見どころのひとつですが、
全ては京都が千年の間、都として培って来た伝統工芸技術の粋を集めて復元された本物ですから、まさに生きた時代絵巻が目の前に繰り広げられるのです。

スポンサードリンク

平安神宮の見どころ

1895年、平安遷都1100年を記念して創建された平安神宮は、平安京最初の天皇・桓武天皇と京都が都として最後の天皇・孝明天皇が祀られています。

社殿は、平安京の正庁・朝堂院(ちょうどういん)の8分の5の大きさの建物を再現。

大極殿の前には、京都御所と同様に左近の桜と右近の橘が植えられています。

7代目小川治兵衛が作庭した桜の名所として有名な神苑は、毎年4月に、「平安神宮紅しだれ桜コンサート」が開催されます。

平安神宮はなんといっても桜の名所です。
広大な神苑は回遊式になっているのですが、約300本の桜を楽しめる桜ノ苑はとても見ごたえがあり、紅しだれ桜が並ぶ華やかな雰囲気に京都らしい光景を堪能することが出来ます。

平安神宮神苑は、琵琶湖疎水の水を引き入れた池泉回遊式庭園。
造園業「植治(うえじ)」7代目の作庭家、小川治兵衛が20年かけて築いた晩年の最高傑作ですが、東京遷都で荒廃しかけた京都に活気を取り戻すために建立された平安神宮にしだれ桜を植え、華やかな命の0芽生えに見る者を圧倒しました。
4月中旬になると、紅しだれ桜が見頃を迎え、桜の名所となっています。

「植治」は現在も京都・東山において11代目が当主としてその技を引き継いでいます。

平安神宮の桜の美しさは谷崎潤一郎の「細雪」、川端康成の「古都」の中でも描かれ紹介されています。
谷崎潤一郎の「細雪」の主な舞台は芦屋と大阪ですが、京都が登場するのは春。

主人公たちは花見だけは毎年京都と決めていて、春になると連立ってあちこちの花の名所をめぐるのですが、最後はいつも安神宮の神苑のしだれ桜でしめくくる。

「この神苑の花が洛中における最も美しい、最も見事な花であるからで、円山公園の枝垂桜がすでに年老い、年々に色あせていく今日では、まことにここの花をおいて京落の春を代表するものはないといってよい。」

川端康成「古都」では、「みごとなのは、神苑をいろどる、紅しだれ桜の群れである。」

一生に一度は見ていただきたい、春の風景だと思います。

平安神宮のおみくじ

平安神宮神苑を出口付近に進むと、桜の花びらにちなんで ピンク色の紙でつくられた「桜(はな)みくじ」があり、「大吉」は「満開」と書かれています。

桜(はな)みくじを、満開成就の結び木に結んでいくと、桜の花びらのように見えるという粋な演出になっています。

また、南神苑には、かつて京都を走っていた路面電車が展示されています。

平安神宮の行事

・2月3日節分祭、
・4月中旬~、しだれ桜お花見
・4月・平安神宮紅しだれ桜コンサート
・6月1日~6月2日には京都薪能が行われます。
・10月時代祭

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする