しいたけの薬膳効果と効能

公開日: 


シイタケは一年中、スーパーや八百屋さんで見かけますが、3月~5月の春にできるものを「春子」、9月~11月に出回る秋のものは「秋子」と呼ばれて、やはり旬というものがあるんですね。

しいたけの主な栽培法は、シイやナラの木に菌を植え付ける「原木栽培」と、原木の代わりにおがくずなどを固めたものを使「菌床栽培」があり、うまみが多い「原木栽培」は干しシイタケ向き、「菌床」はやわらかく生シイタケ向きなんだそうです。

スポンサードリンク

シイタケは古くからその健康効果が認められてきましたが、「中国薬用真菌」にそのい効果・効能が記載されています。
気力を高め、五風(風邪・中風・痛風・瘋癲(ふうてん)・頭痛)を改善する作用があり、血液が固まらないように保ち、身体の中に余分な水分がたまらないようにして、気力を調えてくれます。

肝硬変の予防に効果的で、血中コレステロールを下げたり、動脈硬化や血管が弱くなるのを防いでくれるので、常食すればガンの予防に効果が期待できるとされているそうです。

癌体質の方や、血圧が高いかた、お酒が好きで、肝臓が心配な方、焼きしいたけなど、しいたけ料理を一品いかがでしょうか?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑