ぽっこりお腹の脂肪をきっちり食べて、運動なしで取る方法


ぽっこりおなかが気になりますが、食事制限は嫌だし、ジョギングなどの運動が嫌いな人がお腹の脂肪を取る方法見つけました。ランニングやジムに通うなどの激しい運動や長時間のエクササイズをしなくても、お腹の脂肪が消える方法、ご紹介しますね。

スポンサードリンク

体脂肪を落とす食べ物

ぽっこりお腹をぺたんこにヘコマスために、食べるものに気をつけると体脂肪を減らす効果的があります。

痩せやすい身体は、肉や魚を食べて、タンパク質をしっかり取ることでつくられます。

一食で食べる量は、手のひらに乗るくらいの量を目安にすると、タンパク質の摂取カロリーが過剰になりません。

ダイエットを意識すると、野菜中心の食生活になる傾向がありますが、野菜中心の食事は、内臓が冷えることになり、新陳代謝が落てしまうので、お腹に脂肪をため込む結果になり、逆効果になります。

痩せるためには、肉や魚を食べること、もちろん摂取カロリーのコントロールは管理しなければいけませんが、あまり神経質にならないでタンパク質をしっかりとって、脂肪を燃やして新陳代謝をよくすることは、必ず全身の脂肪が落ちますし、それとともにぽっこりお腹の脂肪も減っていくはずです。

スポンサードリンク

意識して保つと体脂肪が減る

ランニングやジムに通うなどの激しい運動や長時間のエクササイズをしなくてもいいのです。
ちょっと、意識して生活するんです。

背筋を伸ばすと、お腹がっへこみませんか?
正しい姿勢を保つことは、鏡をみながら、すぐできますよね。

姿勢を意識して動けば、ぽっこりお腹が変身するのです。

毎日の生活の中で正しい姿勢を保つことを心がけることは、お腹の奥にある腸腰筋という筋肉を鍛える効果があるのです。

腸腰筋を鍛えると、血流がよくなって、肩こりや腰の痛いのが軽減されたり、基礎代謝あがるなどの効果が期待できます。

正し姿勢を保つことができれば、背筋やお尻の筋肉が鍛えられるので、身体全体が引き締まるのです。
ぽっこりお腹も引き締まります^^。

正しい姿勢を保つのに特に意識したいのが、「座っている時」です。
特に、現代では、仕事でも家庭でも椅子に座る生活が一般的です。

歩いてる時や立っている時は意識して、お腹に力を入れなくても正しい姿勢を保っていることが多いのですが、椅子に座っている時は、意識して背筋を伸ばしたり、お腹に力を入れるようにしないと、いつのまにか猫背になっていませんか?

座っている時にこそ、正しい姿勢を意識することが大切なのです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする