愛犬が留守番 暑さ対策のエアコン節約の設定温度や風量は?


暑さ対策の日中のエアコン節約の設定温度や風量は?

7月に入り、暑いのと梅雨のジメジメした湿気を感じる季節になりました。

我が家のワンコは2年前に熱中症になり、大変な思いをしましたので、二度と熱中症にならないように気をつけています。
ワンコだけでお留守番の時にもエアコンつけっぱなしで出かけるわけですが、心配なのは、電気代です。

家で快適にお留守番してほしいものの、電気代も気になります。

わんこが熱中症にならないように、暑さ対策しながらも、エアコンの電気代を節約するための対策は?
エアコンの使い方などもご紹介します

スポンサードリンク

暑さ対策は遮熱カーテンにする

暑さ対策を考えた時に一番気になるのは、光や熱風が押し寄せてくる窓。

今年は、気分転換に模様替えもかねて、カーテンを遮熱カーテンに変えてみました。

遮熱カーテンは窓から入ってくる熱を遮って、冷暖房費を抑えてくれるとのこと。
でも、我が家のように古い日本家屋では、カーテンと窓枠に隙間ができてしまうので、効果は薄いかも・・・です。

我が家は南向きの家で、ガラスの扉が2枚あります。
ガラスにフィルムを張ることも考えています。

よしずやすだれもよさそうです。

ゴーヤや朝顔などのツル系植物の緑のカーテンは、日差しが強すぎるのと水やりをおこたってからしてしまい、失敗していますから、マメじゃない性格の私はやめておきます。

少しでも、入ってくる熱を少なくなれば、と 遮熱カーテンに期待してみます。

エアコンの電気代の節約方法は?

夏の暑い季節に、一日家にいるとなるとエアコンは必須です。
2年前のように熱中症になって、小さな身体に点滴をしながら、死にそうなワンコの姿をみたくありません。

なので、ちょっとでも電気代を節約できるエアコンの使い方を工夫するしかありません!

エアコンの設定温度は?

環境省は、夏の冷房時の設定温度の目安を28℃に推奨しています。
28℃設定は、暑がりの私にはどうなんだろ?

エアコンの設定温度を28℃にしながら暑いと感じるときには、涼しく過ごすためには、サーキュレーターや扇風機を使いましょう。

冷房すると、冷たい風は下のほうに溜まりますので、そのままでは、足元だけ涼しく感じる、など温度ムラができてしまいます。
温度ムラをなくして涼しく快適に過ごすために、サーキュレーターや扇風機で室内の空気を循環させるといいのです。

29℃にして、サーキュレーターや扇風機で室内の空気を循環させれば、設定温度を、上げてもいいかもしれないな?
様子を見ながらいこうと思っています。

スポンサードリンク

それから、エアコン設定29℃で熱く感じたら、28℃に温度を下げるのはちょっと待って、風量を「強」にして体感温度が下がったと感じるか様子をみます。

これは、扇風機でも「強風」にすれば、涼しく感じるのと同じ事なので 代用できます。

わんこは、エアコンの操作ができないし、口もきけないので、私が快適な温度と風量の設定を決めて、熱中症から守らねば。

エアコン運転モードは?

自動運転が良いって、業者さんに教えてもらいました。

エアコンは、弱風や強風を体感によって切り替えるのが節約になるのかな?と思っていましたが、エアコン起動時に弱風に設定すると、お部屋が涼しくなるのに時間がかかってしまうので、電気代も嵩む結果になってしまいます。

ということで、わが部屋は、最初から28℃の自動運転です。

エアコンは長時間のつけっぱなしが良い

エアコンの電気代を節約するためには、こまめに電源を切ったり点けたりするのが良い、みたいに思っていましたが、現在のエアコンは、起動する時に電気代がかかるので、こまめに切ったりつけたりするより、1時間くらいのお出かけなら、快適に感じる温度で、ずっとつけっぱなしで良いのです。

猛暑の時は、窓を開けると熱風が外から入ってきて「空気の入れ替え」どころじゃなくなってしまう現実があります。

なので、28℃の自動運転のつけっぱなし。

冷房と除湿・どちらが節約になるのか?

冷房機能は、
部屋の温度を下げることを最優先としています。
空気中の暑い熱を外へ逃がし、涼しくなった空気を部屋にもどします。

除湿機能は、
部屋の空気中の湿度を下げることを最優先としています。
温度が高いと、空気の水分量が多くなるので、 空気を冷やすことで空気中に含まれる水分を追い出し、 追い出された水分は水となって、排出されるので、水分をとった後のサラサラの空気がもどってくるわけですね。
湿度が15%下がると体感温度で1度くらい下がったように感じるようです。

この機能の違いから、梅雨時のようにじめじめする時は主に除湿にしたほうがよいです。

そして、この夏の高温多湿の暑さ、予想される猛暑には、冷房機能で一気に部屋の温度を下げ、自動運転で設定温度を維持する方法が電気代は節約できます。

まとめ

猛暑の夏、わんこ一匹でお留守番はもちろん、家族が健康で過ごすためにもエアコンが頼りです。

冷房機能で一気に部屋の温度を下げ、自動運転で設定温度を維持する方法が電気代は節約できる。
梅雨時のようにじめじめする時は主に除湿にする。

扇風機の風で部屋の空気を循環させて体感温度を下げると良い。
1時間くらいまでの留守なら付けっぱなしの方が電気代は安いし、帰った時が涼しい^^。

梅雨

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする