エアコンの電気代を節約で知っておくべきポイントとは?

なんか最近ムシムシして、梅雨ですねえ。

梅雨に入っ湿気てジメジメする季節到来でエアコンが活躍中する季節になりました。

でも、問題は電気代。

すこしでも安く、節約するには?

★こまめにオンオフしても節約できない!

私、こまめにエアコンのオンオフが重要だと思っていました。

ところがですね?

長時間、付けっぱなしにしている時よりも
電気代が高くなっちゃったんです。

これには、節約できると思っていたのに、ビックリ。

なぜそうなるのか?

エアコンはスイッチを入れてから、部屋の中が設定温度になるまでの電気代がかかるので、

「あ、涼しくなったわ」

と感じたて、エアコンのスィッチを消して・・・。

しばらくたって

「あ、暑くなってきた」

と感じて、またエアコンのスィッチを入れる。

これを繰り返すほうが、つけっぱなしよりも必然的に電気代が高くなる

自転車も漕ぎ始めに力が入る、それと似ているような・・・。

ということで、エアコンの電気代をすこしでも節約する、安くする方法は?

スポンサードリンク

昨今のエアコンは本当に賢くなっているので、自動運転で付けっぱなしで、エアコンにお任せにした方が電気代が安いのです。

30分や1時間くらいのお出かけなら、エアコンは付けっぱなしのほうがいいのです。

ちょっとルーズに見感じますが、実はつけっぱなしの方が節約になるんですね。

エアコンが最も電力を消費するのはスィッチを入れた瞬間の立ち上げ時です。

なので、近所のスーパーにちょっと買い物に30分でかけるとか、
洗濯物を干すために5分間部屋を空けるなど、短時間ではエアコンを消す必要はありません。

ただし仕事にでかけるなど、数時間もの外出で家を空けるのにエアコンをつけっぱなしにしてしまうと、
外出時の消費電力が、エアコンを立ち上るげ時の消費電力を上回ってしまうので、
電気代が高くなってしまいます。

エアコンは、一時間くらいの外出ではつけっぱなしのほうが節電になるけれど、仕事にでかける,買い物や用事で数時間以上家を空けるときは、エアコンを消したほうが節電には効果的です。

こんあふうにエアコンの運転は、メリット・デメリットと状況によって、使い分けることをおススメします。

スポンサードリンク