お中元のお礼状を書くときのマナーとビジネス用&個人用の文例のご紹介


お中元のお礼状を書くときのマナーとビジネス用&個人用の文例のご紹介

お中元などの贈答品やお祝いを頂いてのお礼、お世話になったことへのお礼など、
なにかとお礼状を書く機会が多いかと思います。

とくにビジネスの関係では、お中元などの贈答品を頂いたら、きちんとしたお礼状を出すのがマナーですし、相手に与える印象が違ってきます。

今回は、お中元のお礼状のマナーや例文について、ビジネス&個人で使える基本的な例文をご紹介します。

スポンサードリンク

お中元のお礼状を書く時に注意することは?

お中元のお礼状を書くときは、お中元をいただいたことへの感謝の気持ちを伝えるようにします。
そのポイントは?

・挨拶のことばから書き出す。
・お中元をいただいた御礼と感謝の言葉を書く
・相手の健康や息災を願う言葉を入れる。
・日付けと差出人名

お礼状はいつ出すの?
お礼状はできるだけ早いほうが良いので、お中元が届いたらすぐに出すようにします。
その日のうちにお礼状を出すのが理想的ですが、遅くても、
お中元をいただいてから2~3日以内には投函しましょう。

一般的なお中元なら、シンプルな書き方で良いと思いますが、その季節だけの贈答品をいただいた場合のお礼状などは、お礼の言葉とともに
いただいた品物についての具体的な感想を添えて書くと、送ってくれた人に、より感謝の気持ちが伝わって、嬉しいと思います。

お中元のお礼状は封書?ハガキの違いは?

一般的には、封書でお礼状を出すのが最も丁寧で正式な礼儀・マナーとされています。

これに対してハガキは略式なものですから、目上の方にハガキでお礼状を出す事は、礼を失する、しつれいなことになりますので、注意しましょう。

もし、はがきで出すときには、
「はがきにて、失礼いたします。」
と、ひとこと、添えるようにしましょう。

ビジネスのお付き合いでも個人でも、送ってくださった方に、感謝と敬意を込めて、封書で出すのが理想的ですが、現代では、はがきでお礼状を出しても、寛容に受け止めてもらえます。

ハガキの良さは、簡単な文章で、すぐに伝えた用件の時に便利なところ、メールなどに比べてきちんと手書きのお礼の気持ちを相手に伝えられることかもしれません。

お中元のお礼状はメールでもいいの?

現在では手軽に簡単に、御礼をメールで済ませることが多くなっているようです。

お礼の返事を早く届けたい場合はメールが最も有効な手段となりますが、お中元などで、品物を頂いた事に対する感謝の気持ちのお礼状は、
きちんとした封書または、ハガキなどで送るのが望ましいでしょう。

スポンサードリンク

お中元やお歳暮は、1年のうちの節目ごとの季節の贈答行事として大切に受け継がれてきたものですから、書面でお礼を伝えたり、受け取ったりすることはオシャレで素敵なことに感じます。

例えば、品物が届いて取り急ぎメールでお礼を伝えた後に、封書などで改めてお礼状を書いて送ったら、受け取った人に
「礼儀正しいきちんとした人・会社だな」
と、誠実な印象で受とめてもらえると思います。

相手から受けたご好意に対して、心からきちんとした感謝の気持ちを伝える手段として、メールだけではなく封書やはがきのお礼状は思っている以上に働いてくれるアイテム、大切なもの、疎かにできません。

お中元のお礼状の例文・ビジネス編

拝啓 盛夏の候、貴社におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
日頃は格別のお引き立てを賜り、深く御礼申し上げます。

さてこのたびは、結構なお中元の品を賜りまして、ご芳志誠にありがたく謹んで拝受させていただきました。
玆に改めて御礼申し上げます。

暑さ厳しき折柄、皆様どうぞご自愛くださいませ。

今後共何卒よろしくご厚誼のほどお願いいたします。
貴社のさらなるご発展を祈願し、お礼の挨拶とさせていただきます。

平成○年○月○日
株式会社 ○○
代表取締役□□

拝啓 盛夏の候、貴社におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
日頃は格別のお引き立てを賜り、深く御礼申し上げます。

さてこのたびは、結構なお中元の品を賜りまして、ご芳志誠にありがたく謹んで拝受させていただきました。
玆に改めて御礼申し上げます。

暑さ厳しき折柄、皆様どうぞご自愛くださいませ。

今後共何卒よろしくご厚誼のほどお願いいたします。
貴社のさらなるご発展を祈願し、お礼の挨拶とさせていただきます。

平成○年○月○日
株式会社 ○○
代表取締役□□

お中元の御礼状・個人編

拝啓 
7月に入り、天の川が美しい季節となりましたが、お変わりなくお過ごしでしょうか?

このたびは美味しいビールを送って頂きまして有難うございました。
いつも暖かいお心づかいを頂き、大変嬉しく思っております。
これからもご厚誼のほど宜しくお願い申し上げます。

暑さはこれからが本番です。○○様もどうぞご自愛下さい。
まずは略儀ながら書中をもちまして御礼かたがた御挨拶申し上げます。

敬具

まとめ

会社では、「お礼状送っといてね」と上司に指示されることも多いでしょう。
指示された時に、とっさに対処できるように、マナーを身につけておけば、安心ですよね^^。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする