加齢臭は自分でわかるの?どんなニオイ?チェック方法と対処方法はあるの?


加齢臭は自分でわかるの?どんな臭いなの?簡単にチェックできるの?対処法は?

加齢臭という言葉、結構浸透していてみなさん気にしている様子で、耳に敏感に響くようになってきました。
「加齢臭」という言葉は、化粧品会社の資生堂が2000年に、加齢に伴って40歳以上から発生するニオイの原因物質「ノネナール」を発見して名付けたものだそうです。、

「加齢臭は自分でわかるのか?どんな臭いなのか?簡単にチェックできるのか?対処法はどうするのか?ご紹介します。

スポンサードリンク

加齢臭は自分でわかるの?

加齢臭の原因は何?

「加齢臭」は、年齢を重ねると出てくるニオイのことです。

yjimagePF3Q08PS

加齢臭の原因となる「ノネナール」は、加齢とともに血管の中に溜まる老廃物質なんです。
パルミトオレイン酸という物質が酸化・分解して、脂肪酸となり、その脂肪酸の一つがノネナール。

この脂肪酸が40歳以降に増える人が多いため、「加齢臭」と名づけられました。

加齢臭は男性に多く、男性のほうが皮脂の分泌量が多いことから、パルミトオレイン酸の量が多いことに加えて、パルミトオレイン酸を酸化させる
活性酸素の働きを抑えるホルモンが、年を取ると減ってくるため、パルミトオレイン酸の酸化が進みやすくなり、ノネナールが増えてしまうのです。

加齢臭の元「ノネナール」ってなに?

人間の皮膚には無数の毛穴があり、毛穴の中には皮脂腺というのがあるのですが、皮脂腺は皮脂を分泌する器官です。

この皮脂腺が分泌する「皮脂(数種類の脂肪酸)」は、水分の蒸発を防いで肌や髪の潤いを保つ役目をして、守ってくれるのですが、この皮脂の中にある脂肪酸の一種「9-ヘキサデセン酸」という物質が、酸化・分解されることによって「ノネナール」という加齢臭のニオイ成分物質が発生します。

活性酸素も原因になっていて、加齢臭のニオイの成分の元は「ノネナール」ですが、ノネナールを作り出すのが、「活性酸素」。
活性酸素とは、活発な酸素のことですが酸化させる力が非常に強く働くきます。

金属などがサビるのが酸化の一種ですが、人間の身体の中でも活性酸素が増えすぎると身体が錆びやすくなって老化が早くなってしまうのです。

活性酸素が増えると、過酸化脂質が増加し、「9ーヘキサデセン酸」の酸化がさらに進み加齢臭の原因物質「ノネナール」が発生することになります。

加齢臭は、自分でわからないの?

できれば自分のニオイで人に迷惑をかけたくないし、ニオイ対策はどうすればいいの?と思っている人が多いと思いますが、残念ながら加齢臭は、自分では自覚症状がないのが現実です。

加齢臭を自分で気がつかないのは、臭覚の特徴、「臭覚の順応性」によるものです。

「臭覚の順応性」とは、人間には同じニオイをしばらく嗅いでいると、その匂いを感じなくなってしまう性質があります。
鼻が臭に慣れてくるので、嫌な臭い臭いに鈍感になったり、香水も使い続けるうちに強い香りになっていくのも、そのためです。

また、臭覚の順応は同時に「臭覚の疲労」とも呼ばれ、不快なニオイを嗅ぎ続けることによって受ける精神的なストレスを少しでも軽減するために本能的に防衛反応が働くという説もあります。

加齢臭は、年齢とともに徐々に強くなっていくもので、突然発生して消えてしまうものではないので、匂いをかんじる嗅覚がその臭いに慣れてしまい、自分では気づくのが難しいのです。

加齢臭の匂いはどんあもの?

自分では気づかない加齢臭とは?どんなニオイを発しているのか、気になります。

加齢臭の原因となる「ノネナール」は脂臭くて青臭い臭いですから、加齢臭は古いタンスや雑誌、ブルーチーズ、ろうそく、押入れの中の臭いなどに例えられます。

女性の身長は、男性よりも低いことが多く、加齢臭が発生しやすいとされる耳の後ろから首筋辺りがちょうど鼻の高さになったとき、加齢臭を敏感に感じ取ってしまうのでは?と言われています。

加齢臭の簡単なチェック方法

自分に加齢臭があるかどうか、自分で確認したいですよね。

でも、それを自分で判断するのは、嗅覚の慣れるという特徴から少し難しいかと思いますが、加齢臭をチェックする方法は、
加齢臭の原因でもお伝えしたように加齢臭の原因物質「ノネナール」、加齢臭の発生しやすい場所は皮脂腺のあるところと、皮脂腺は体毛1本に対してそれぞれ存在しますから、身体全身に発生するとなるところですが、実は身体の場所によって皮脂腺が発達しているところがあります。

スポンサードリンク

・耳の後ろ・頭・おでこ・花・首のまわり・胸・脇・背中。

そのなかでも、特に臭いがでやすいのが。「耳の後ろ」と言われています。

その理由は、お風呂などで意識して耳の後ろを洗う人が少なく、忘れられがちで皮脂がたまりく、加齢臭も発生しやすいとされています。

なので、
「耳の後ろをこすったらニオイがした」
と、初めて加齢臭を自覚されたかたもいるようです。

耳の後ろをこすってみたけれど、どうにもよくわからないという人は下記のチェック方法を試してみてください。
耳の後ろの次にニオイが出やすいとされるのが頭です。
頭・髪の毛、毛穴とともにの皮脂腺が多いということで、枕のニオイをチェック
頭は皮脂腺が身体の中で一番多くあり、普通の体臭に加え、髪の毛の影響で、毛穴が蒸れやすくなりがちなど、さまざまな臭いが強くでやすいとされています。

それに毎日枕を変える人も少ないでしょうし、枕カバーも大抵の人が数日間、同じ状態で使用しがちです。
数日間使用した、枕の匂いをチェックすれば大抵の人が加齢臭かどうかチェックできるでしょう。

枕が多少臭ったからといって、自分に加齢臭が・・・と素直には受け入れがたいかもしれません。
二重・三重のチェックをしないと、納得できない・・・というひとは、

タオルでチェック

新品のタオルを用意して、お風呂上がりに身体を拭きます。
普段は、そのまま洗濯するでしょうが、加齢臭をチェックするのですから、タオルを洗濯しないでそのまま乾かして干します。
お風呂で、数日間繰り返してからそのタオルのニオイをチェックします。

また、日中に汗を書いて吹いたハンカチを数日間使用して、そのハンカチの臭いをチェック。

ポイントは、1回では判断が難しいので、数日間使ったうえで、匂いをチェックしてみましょう。

加齢臭に効果的な対処法

・加齢臭を強める香水やスプレーなどミョウバンスプレー 小
加齢臭を消したいと、香水やスプレーを使っている人も多いのではないでしょうか。

香水やスプレーの中に加齢臭の成分の「ノネナール」を中和する効果があり、効率よく臭いを消すように調合されたものがあり、香水のことをよく知らない人でも安心して使うことができルカと思います。

でも、香水のことを知らない素人が、単純に良い香りでマスキングすればいいかも・・・・とk南端に考えて使うのはご注意。
香水の種類によっては加齢臭を強めてしまいけねないのです。

無臭のものに香水をかけるのは、香水の良い香りを楽しむことができるでしょうが、加齢臭の臭いがしているのに香水を使ったら、ニオイが混ざり合って思いがけない臭いを発生させることになってしまいます。

安易に香水を使用することはやめましょう。
特に、白檀やムスクの香りは加齢臭の臭いを強めるそうですから、覚えておきましょう。

加齢臭を消す為には?脂肪分の酸化によりノネナールを抑えることよって加齢臭に対抗することができるのです。

酸化を抑える為には・・・

・有酸素運動をして酸化することを防ぐ
・抗酸化物質を多く含むものを食べる食生活を心掛ける
・食事の改善が難しい人はサプリメントを活用する

・・・など考えられます。

有酸素運動にはジョギングやスイミング等ですが、毎日運動するのが難しい方は、週1日でも運動する日を作ってみましょう。

岩盤浴は加齢臭の元になる「ノネナール」を皮脂腺から出してくれるので効果的だそうです。

野菜が多い食事をするように改善して、抗酸化物質のビタミンCやE、カテキン、リコピン等を身体にたくさん取り入れる。
簡単に言うと、肉類を少なくして、野菜や魚を多く食べる。
和食のメニュー食べるように心がけると、ビタミンCやビタミンEなどの酸化を抑える栄養素をたくさん摂取できます。

でも、毎日の食事を考えたり、つくるのが難しいし、面倒だわ。
という方にはサプリメントを、おススメします。
サプリメントなら、1日に決まった量の抗酸化物質を無理なく、コンスタントに摂取できます。

まとめ
加齢臭は気になりだすと止まらないものです。
もしかして?と思ったら、チェックしてみましょう。

香水などの香りは加齢臭用のものを使いましょう。
加齢臭を少しでも消していくためには、食事を改善したり、運動、岩盤浴など、取り入れてみましょう。

食事の改善が難しい人は、サプリメントを利用してもいいでしょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする