冷えと冷え性はどう違うの?冷え性のタイプとは?冷え性は治るの?


冷え性って寒い季節だけじゃないの?
って思っている人が多いと思います。

でも、冷え性は暑い寒いに関係なく、
夏場でも冷え性で悩んでおられる人は
たくさんいるのです。

冷え性になると、身体に不調を感じて
さまざまな影響だあります。
そこで今回は、冷え性の原因は何なのか、
冷え性の原因と克服のしかたをを探してご紹介します!

スポンサードリンク

冷えと冷え性の違い

冷えとは、私達が「寒い」と感じる冬の季節など、気温が低くくなることによって寒いと感じ、手足が冷えてしまうことを言います。

一方で冷え性とは、季節に関係なく手足や腰、お腹などの部位に極度の冷えを溜め込んでいる状態をいいます。
血液は筋肉の働きで身体の末端まで運ばれて、体温が保たれています。

そして自律神経が体調に合わせて血管を広げたり縮めたり、汗腺の調整をして適正な体温を保っています。
この自律神経の働きが弱くなったり、バランスが崩れると冷え症になる原因になります。

不規則な生活や暑い季節の冷房が身体に影響して自律神経のバランスが乱れる原因だったり、個人個人の持って生まれた体質や毎日の食生活や服装などが影響することもあります。

冷え性は、血液の流れが悪くなることが一番の原因で、本来、血液は身体全体に流れますが、血行不良になると血液が身体の隅々まで行き届かなくなってしまい、特に身体の中心・心臓から離れている手足に血液が届きにくく冷え性になってしまいます。

血行不良を招いてしまう原因

血行不良を招いてしまう原因は、いくつかありますが、代表的なものをご紹介します。

自律神経が乱れる

人間の身体は、自律神経の働きによって血液のコントロールが行われ、一定の体温を保たれています。
自律神経が適正な体温に調整して体調に合わせて血管を広げたり縮めたり、汗腺の調整もしています。
この自律神経の働きが弱くなったり、バランスが崩れると体温の調整が難しくなって、血液の流れが滞ると冷えを招く原因になります。

自律神経が乱れる原因として、不規則な生活や暑い季節の冷房の効いた部屋と外との温度差の大きさが身体に影響だったり、個人個人の持って生まれた体質や毎日の食生活や身体を極度に締め付ける服装など、ストレスや日常の生活の影響を受けやすく、これらの影響が強く働くと自律神経はバランスを崩してしまいます。

水分不足とアルコールの飲みすぎ

血液は、身体の中の水分が不足したりアルコールを飲み過ぎると、どろどろになっって血液の流れる速度が遅鈍くなり、赤血球は毛細血管を通ることができない状態で、身体の隅々まで届きにくくなるのです。

赤血球は血液の主成分ですが、本来なら非常に柔軟性が高くサラサラちスムーズに流れ、身体の末梢神経の細い毛細血管まで血液を届けるようになっています。

偏った食生活によるもの

塩分や脂分の多い食べ物や米やうどん、ラーメンなどの炭水化物の取りすぎや外食が多いなど、食生活が偏ることによって、赤血球は柔軟性がなくなりサラサラ感を失い、毛細血管をスムーズに流れることが出来ず血液の流れは悪くなります。

運動不足によるもの

血液は筋肉の中で温められ、運動など筋肉を使う事によって血液が身体のすみずみまで運ばれて全身の体温が保たれ、血行もよくなります。
それが、運動不足で筋肉を使うことが少ないと筋肉の力が弱く、血液を送り出す力も弱いので、血管への刺激も小さく血液の流れはどんどん悪くなるのです。

貧血・低血圧による血液不足

貧血や低血圧の症状があると、体力や血液が不足ぎみで血流が弱く手足などの末梢神経の血液の循環が悪く、手足の先っぽが冷えると感じたり、人と比べて寒がりのようです。

血液の主成分の赤血球は、酸素を身体の隅々まで届けるのが仕事ですが、貧血になると血液が少ないので、身体の隅々まで十分な酸素を送り届けることが出来ず、身体が酸素不足となり、熱を作る為に必要な栄養分を燃焼させることができないので、身体を温めることが出来ません。

また、低血圧は、身体全体に血液を送り届ける力が弱く、末端神経まで血液を送りこむことができず、冷え症になってしまいます。

スポンサードリンク

血行をよくする方法

身体が冷えると、血液の流れは悪くなり血行不良になります。血行不良にならないためにも、身体を温めて血液の流れを良くしましょう。

身体を温める食材を食べる

身体を温める食材
豆類・鶏肉・羊肉・チーズ・ライ麦・ごま油・玉ねぎ・生姜・えび・あじ・さば・桃・ココア・
・例えば、生姜は発汗作用の成分が含まれていますから、すりおろしてお白湯で飲んだり、鍋物にいれるなど加熱して食べましょう。

身体を冷やす食材
梨・パイナップル・バナナ・そば・コーヒー・トマト・きゅうり・ナス等

身体を動かして筋肉量を増加させる

筋肉を動かすと熱が発生して身体が温まり、筋肉量の増加は血行をよくする効果もあり、適度な運動をすることで代謝も上がります。

外が寒い季節は温かい室内でストレッチや簡単な体操でも大丈夫。
ストレスも冷えの原因になりますから、無理をしないで続けられる運動をしましょう。

車やバイクに乗ることをできるだけ控えて歩く、エレベーターに乗らないで階段を使うなど、普段の生活で身体を動かすことを意識しましょう。
またお風呂上りの身体が温まっている時にストレッチを行うと血行が良くなっていますから効果が高いし、自律神経のバランス調整もできます。

お風呂は湯船にゆっくり浸かる

シャワーだけですませる習慣の人が増えているようですが、なるべく湯船に肩まで浸かって身体の芯まで温めると、血行の流れが良くなります。
また、半身浴は心臓への負担が少ないので長く入浴していられますし、血管や汗腺の体温調節機能のトレーニングにもなります。

夏のエアコン対策・工夫する

冷え性になる原因の一つ・エアコン対策として、夏場の冷房の効いた涼しい室内での仕事をしなければいけないなど、長時間過ごす場合は身体が冷えすぎないよう工夫しましょう。

半袖の上にカーディガンを羽織ったり、ひざ掛けをするなど、飲み物は温かい飲み物にするなど、意識することが重要になると思。

夏場はどうしても、冷たい物が欲しくなりますが、冷たい物を身体に大量にとり過ぎると、体内が冷えるし血管も冷えて硬くなり血行が悪くなってしまいます。

冷え性によって生じるリスク

冷え性になると身体が冷えるだけでなく、身体に困った症状がでます。
具体的な症状をみてみましょう。

☆・肩こりなど身体に痛みを生じる

血行が悪くなると、身体の筋肉が緊張して硬くなり、筋肉への血液がスムーズに流れないので、首や肩などのコリで痛みを生じると同時に、頭にある神経も圧迫されて、頭痛・片頭痛の原因にもなります。

また、耳の器官である三半規管にも血液を正常におくることができないと、耳鳴りの原因になります。

☆・肌荒れになりやすい

血液の流れが弱くて血管に滞ると、代謝が悪くなり身体全体に栄養が回らなくなるだけでなく、お肌を生まれ変わらせる「ターンオーバー」というお肌の新陳代謝が働かず、お肌はきれいに生まれかわることが出来なくて肌荒れになってしまいます。

生理痛がひどくなる

女性に毎月おとずれる生理痛は軽く済ませたいですよね。
生理になると経血をサポートする、「プロスタグランジン」という物質が分泌されて子宮が収縮するのですが、「プロスタグランジン」は経血と一緒に体外へと排出されます。

でも冷え性になると、血液の流れが悪い為に子宮が上手く収縮できなくて、経血を押し出すことが難しく、経血をスムーズに流そうとしてこのプロスタグランジンの分泌が過剰になるので、傷みがひどくなってしまうのです。

妊娠しにくい

血流が悪くなると、身体のいろんな機能が低下しますが、妊娠をサポートしてくれる女性ホルモンのバランスも悪くなります。
身体の下半身にある子宮や卵巣は特に冷えによる影響がひどく、血流のスムーズな温かな子宮で卵子が育つので、冷えている子宮の環境は妊娠しにくいのです。

まとめ

冷え性の原因はいろいろな原因やタイプがある。
冷え性になると末端神経まで血液が流れず、身体に悪い影響をあたえ、症状がでる。

特に女性は、筋肉量の違いから男性よりも体が冷えやすく、身体を動かすことを意識すると血行がを良くなり、冷えから身体を守ることができる。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする