京都で縁結びをお願いするならここ 女性におすすめの神社3選 


京都に旅行に来て縁結び、良縁祈願をするなら、素戔嗚命と奇稲田姫命が祀られる神社をご紹介しますね。 

素戔嗚命は、奇稲田姫命(くしなだひめのみこと)を八岐大虵から守って、出雲の須賀の地に宮を定めて、奇稲田姫命と結婚して暮らしました。という由来から良縁の神様としてのご利益があるとされています。

強い男性に見守られて、幸せな結婚生活を望むなら、このカップルがお祭りされている神社だと思います。
恵比寿大黒様が祀られている神社や仏閣も良縁のご利益がありますが、夷大黒様はみんなに優しくてモテるので、奥さんがたくさん、ということから、どちらかというと男性にオススメの神様だと思います。

スポンサードリンク

京都で、素戔嗚命と、奇稲田姫命(くしなだひめのみことの御夫婦が祀られている神社です。

スポンサードリンク

清水寺の中の、地主神社

京都で一番の縁結びのパワースポットとして有名です。
主祭神は縁結びの神さまの大国主命ですが、そのご両親として素戔嗚命・奇稲田姫命が祀られています。
さらに奇稲田姫命のご両親の足摩乳命(あしなずちのみこと)・手摩乳命(てなずちのみこと)の5柱が本殿に鎮座しています。

八大神社

宮本武蔵が決闘した場所として、歴史が好きなかたには有名な一乗寺下り松。
八大神社は、一乗寺の産土神として、素盞嗚命・稲田姫命・八王子命(五王子・三王女)のご一家がお祀りされています。
素盞嗚命はの武勇も素晴らしい神様ですから、勝利の神様でもありまう。

祇園・八坂神社

八坂神社の近辺には、平安建都以前から、渡来人の八坂造一族が住み、そこにあった観慶寺の天神堂に祀られていた天神・婆利女・八王子が、斉明天皇2年(656)に創建され、素戔嗚尊・櫛稲田姫命・八柱御子神と習合され祀らたとされます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする