京都観光 最強パワースポット 日向大神宮 の天の岩戸と交通情報


京都観光にパワースポットめぐりはいかがですか? 日向大神宮(ひむかいだいじんぐう)の天の岩戸と交通情報
京都の日向大神宮(ひむかいだいじんぐう)は「山の中にある聖地」、天の岩戸をくぐり抜けて、開運や厄除けができると訪れる人が密かに増えているパワースポットです。

スポンサードリンク

日向大神宮は、京都市山科区の三条通り沿いにある神社です。
近くには、絶景かな!で有名な観光名所・南禅寺や永観堂・蹴上インクラインなどがありますが、観光地店となる駅から、他の観光地と逆方向で山に登ることもあって、実際に旅行雑誌にもほとんど掲載される事がないようです。

でも、パワースポットブームや、羽田美智子さんなど芸能人に紹介されるなどして、少しずつ訪れる人も増えてきました。京都市内の観光地と比べて観光客は少なく、ゆったりと落ち着いた参拝を希望される方にとっては穴場となるパワースポットです。

日向大神宮の歴史は、平安遷都以前の5世紀頃から始まります。

第23代顕宗天皇8けんそうてんのう)の時代に、筑紫の日向(九州・宮崎県)の高千穂の峰の神蹟を移したのが興りとされています。日向大神宮の名の由来は遠く宮崎・日向の国から神様を迎えたことにあるようです。
日向国(ひゅうがのくに)・高千穂峰は日本神話には、天上界から神が降りられた地とされています)

日向大神宮の社殿は神明造りで、三重県の「伊勢神宮」と同じ、内宮と外宮に分かれ内宮には「天照大神」が祀られているなど、共通点が多いことから「京のお伊勢さん」の名で親しまれてきました。
(参拝の仕方も伊勢神宮と同じ、外宮から内宮の順番になります。)

また、昔は日向大神宮の入り口にある「一の鳥居」付近が東海道へ通じる出入り口で、京の七口の1つ「粟田口」で、旅の道中の安全祈願をお参りに訪れる人で大変な賑わいだったようですが、 現在は、紅葉の隠れた名所として知られています。

パワースポット 天の岩戸

注目のパワースポットは、戸隠神社を祀る「天の岩戸」、力強さが感じられる大きな岩山をくり抜いた岩穴が道なりに坂道を登っていくと目の前にあらわれます。

出典:http://www.kotolog.jp/post/日向大神宮/

なかに入ると、数メートルほどで突き当り、直角に曲がるポイントに、天手力男(あめのたじからおのみこと)を祀る戸隠神社があります。
天手力男は、日本神話で天岩戸に隠れた天照大神を外に出すために、重い天岩戸を手で開けたという力の強い神様として知られています。

戸隠神社をお参りがすんだら、元の道を戻らずに出口の方へと向かって、いわゆる「胎内くぐり」のように「天の岩戸」をくぐり抜けることができます。
「天の岩戸」をくぐり抜ければ心身の穢れが払い清められ、開運や厄落としのご利益を授かることができるといわれています。

力強く岩を開けるかのように開運ができそうな感じがしませんか・
この「天の岩戸」をくぐり抜けた方が、
「運気が一気に上昇をした」
「すがすがしい気持ちになった」
「ここが京都で一番のパワースポット」

スポンサードリンク

など、パワースポットの効果を実感された方の口コミがたくさんみられます。

日向大神宮からお伊勢参り

境内の南東の峠に「伊勢神宮遥拝所」があり、伊勢神宮の方を向いた立派な鳥居があります。
(かつてここから伊勢神宮が見えたそうですが、現在は木々に覆われてみえません)
伊勢神宮へ参拝をした時と同じご利益があると言われ、江戸時代には伊勢神宮の代参として訪れる参拝者も多かったようです。

また、この直線上には南東に天智天皇陵・日向大神宮・平安神宮・京都御所が北西に、きれいに一直線に並んでいるのが目をひきます。
これは偶然なのでしょうか?、なにか特別なパワーが込められているのでは?って考えてしまいます。

縁結びのパワースポットでもあります

境内にある「えんむすびの神 福士神社(ふくどじんじゃ」は縁むすびの神さまとして有名な大国主命が祀られていて、女性に人気の高いお参りスポットです。

この福土神社には、たくさんのお皿が置かれています。
これは、日向大神宮ではお願い事は絵馬ではなく、「かわらけ」という素焼きの土器のお皿に書くのです。
昔から願望成就や厄除けの願いを書いたお皿を投げて、祈願をするという方法があり、お皿は土に還るよう土器が使われてきました。

ここ日向大神宮では、お皿を投げる風習ではなく、自分がお願いしたい神社の神様に、お皿をお供えするようになっています。
つまり、福土神社に、縁結びを求めてたくさんの人が全国から訪れていることをお皿の数で想像できます。
(「天の岩戸」の戸隠神社へお皿を置かれる方もいます)

日向大神宮の動画で雰囲気を感じてください。

日向大神宮へのアクセス方法
車でのアクセス
・東京方面からのアクセスは首都高速道路
東名高速道路から名神高速道路の高速京都東ICを出て約15分。

・関西方面からのアクセス
中国自動車道から名神高速道路の高速京都東ICを出て約15分。

駐車場 無料アクセス
日向大神宮へのアクセス
バス: 京阪バス15、17系統 蹴上より徒歩10分
電車: 地下鉄 東西線 蹴上(けあげ)徒歩10分

日向大神宮へのアクセス方法
車でのアクセス
・東京方面からのアクセスは首都高速道路
東名高速道路から名神高速道路の高速京都東ICを出て約15分。

・関西方面からのアクセス
中国自動車道から名神高速道路の高速京都東ICを出て約15分。

駐車場 無料アクセス
日向大神宮へのアクセス
バス: 京阪バス15、17系統 蹴上より徒歩10分
電車: 地下鉄 東西線 蹴上(けあげ)徒歩10分

まとめ

・日向大神宮へは、山の中を10分~15分ほど歩くことになりますから、履きなれた動きやすい靴を履くことをおススメ。

・不便なわかりにくい所にるので訪れる人が少なく、鄙びた雰囲気がおススメですが、日が早めに沈むかんじで暗くなるのが早く、夕方になると参道に人がいなくなってちょっとコワイと感じるかもしれません。
できるだけ大勢で行くか、午前中や昼くらいまでに参拝するようにおススメします。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする