お歳暮の作法・送る立場によっては、絶対贈ってはいけない品物がある?


お歳暮の作法・送る立場によっては、絶対贈ってはいけない品物がある?

お歳暮のシーズンがやってきました。
お歳暮は、日頃の感謝の気持ちを伝えたいいう気持ちをなのですから、あまり難しく考える必要はないと言われますが、お歳暮として送ってはいけない品物があるそうなんですが、ご存知でしたか?
知らないで送っていたとすると、大変失礼なことになりそうですから、今年、まだ間に合うようでしたら見直してみてくださいね。

スポンサードリンク

百貨店やスーパーには、有名産地ブランドの牛肉や魚や果物の特産品から、定番のビールやコーヒー、洗剤や調味料などあらゆるものが店頭に並んでいますし、家には一度使ったお歳暮商品の会社からのダイレクトメールも届きます。

お歳暮は、毎年同じ人に送ることが多いですよね。

毎年同じ品物では気持ちが伝わらないような気がして、あいてに喜んでいただける品物をと一生懸命考えて探してみてはいるものの予算もあって、なかなか思うような品物を探せないでお悩みの方も多いと思います。

お歳暮に贈ってはいけない品物がある?

靴下や下着
など肌にじかに身につけるものを送ってはいけない。
これは、特に目上の方に、お歳暮を送る時に気をつけなければならないようです。

靴下や下着を送ることは、目上の人にとっては「上から目線」や「貧相で見劣りがするとみられた」と受け取られるようで感謝の気持ち表すことにふさわしい品物ではないようです。

はさみや刃物
一般的に、相手との縁を切るという意味が強く浸透していますから、お歳暮として送る品物ではないと考えられます。

現金や金券
「お金に困っている人」というイメージに採られる傾向があるそうで、とても失礼なことになります。
一番欲しいものランキング一位など、本音の投票もありますが、目上の方へは現実的には絶対に止めておきましょう。

スポンサードリンク

そして、うっかりとやってしまいがちなのが、相手の苦手なものや嫌いな品物送ってしまうということです。

例えば、お歳暮にはビールを送る人も多いようですが、、世の中にはアルコールを飲めない方もおられますし、し好品などもアルコールを好む人と飲まない人では大きな違いがあります。
相手が好きな物や嫌いな物を知りやすい関係の人なら問題ありませんが、よくわからない時には嗜好品などは避けた方が無難なようです。

細かいことですが、主人はアルコールが大好きなので、ビールも大好きで頂くことも多いのですが、お仕事をさせていただく関係もあり、メーカーは決まっていますし、好みから飲むビールの名前も決まっていて、主人とお付き合いのある方はたいがいうちに効くる時のビールのおもたせは、主人が飲んでいるものをいただきます。

ただ、おひとりだけ、何度もうちにも来ていただいて一緒に飲んで知っていただいているはずなのに、主人が飲むメーカーに一緒に仕事に行っているのに、その方は別のメーカーのビールをお歳暮にくださるのです。
お歳暮を頂くたびに複雑な心境になるのはわたしだけでしょうか?

お歳暮を喪中の方に送ってもいいの?

お歳暮は、日頃の感謝に対するお礼の形で送るもので、お祝いやおめでたいということではありません。
例え相手が喪中であっても送っても差し支えありません。

お歳暮の作法のまとめ

お歳暮は、一年の感謝の気持ちを込めてという日本人らしい行事というか、風物詩。
送るのは品物ですが、その品物とともに、必ず添えられた感謝の気持ちが相手に素直に伝わりますように、と考えた時に、お歳暮としては送ってはいけない品物があることを知らないでいると、実用的だからと単純に考えた品物は、相手の立場によっては、とても失礼なことになると、知りました。

送る人の好みをできるだけ調べる事は当然のことですが、目上の方や会社の上司に対しては「知らなかった」では済まされないことにもなりかねず、是非覚えておきたいと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする