京都の紅葉の名所 赤山禅院で千日回峰行の大阿闍梨の加地祈祷を体験する


静かな秋の京都の紅葉の穴場スポットで、千日回峰行を満行した大阿闍梨の護摩供養を体験できる赤山禅院をご紹介します。
京都市内から少し離れますが、都会の喧騒を忘れて静かに紅葉を楽しむことができます。

先日、天台宗の数ある修行のなかでも随一の荒行として知られる、千日回峰行を満行され、話題になりましたが、その修行の一つが行われた寺院です。

スポンサードリンク

赤山禅院(せきざんぜんいん)

京都市の北東、比叡山の麓にあるお寺で、修学院離宮の隣にあり、知る人ぞ知る「もみじの寺」なのです。
赤山禅院は京都御所の表鬼門を守護するお寺で、鬼門除けの猿が知られ、方除けのお寺として信仰されています。

赤山禅院猿

赤山禅院は千日回峰行を満行した大阿闍梨がご住職の寺院

また、赤山禅院は、天台宗の数ある修行のなかでも随一の荒行として知られる、千日回峰行と関わりの深い寺です。
赤山禅院では、千日回峰行を満行した大阿闍梨が住職をつとめ、大阿闍梨により「八千枚大護摩供」「ぜんそく封じ・へちま加持」「珠数供養」をはじめとする数々の加持・祈祷が行われています。
2015年10月の行事
10月5日 泰山府君五日講 縁日 御加持 
     11時より拝殿において、午後より不動堂において
     大行満大阿闍梨 上原行照師 厳修
10月15日 大阿闍梨様 御加持 
     11時より不動堂において
     大行満大阿闍梨 叡南俊照師 厳修
10月25日 赤山大明神 縁日 御加持 
     11時より不動堂において
     大行満大阿闍梨 上原行照師 厳修
10月28日 雲母不動尊 縁日 御加持
     10時より不動堂において
     大行満大阿闍梨 叡南俊照師 厳修

加地祈祷の行事・11月は確認してください。
http://www.sekizanzenin.com/

スポンサードリンク

平成12・3年頃、ご縁があって、毎月28日に、お滝堂がある奥のお堂で九星気学で占い鑑定のお手伝いをさせていただいたことがありますが、今はどうなっているんでしょう。
加地祈祷に参加された方には終わったあとに、お昼にちらし寿司やおうどんなどが振舞われて、ごちそうになった思い出があります。

こちらで忘れてはいけないのがこのお猿さん鬼門除けの猿としてが知られ、方除けのシンボルとして信仰されています。
昔、夜になると暴れ回ったという、いたずらっ子のようで、檻に入れられているんです。^^

赤山禅院猿

猿(申)は、鬼門とは反対の方角の、西南西を指していて、邪気を払う力があるとされます。

出典: www.sekizanzenin.com

参道〜境内に続く坂道は、「紅葉のトンネル」となり、11月後半には、落ち葉でもみじの絨毯もきれいです。

yjimag赤山紅葉e

11月1日~30日 もみじ祭
「紅葉寺」とも呼ばれる赤山禅院の美しさを堪能できる期間です。お茶所も出て、静かな中にもにぎわいがあります。

赤山禅院の珠数供養

毎年11月23日、千日回峰行を満行した大阿闍梨の祈祷をもって行われます。

出典: www.sekizanzenin.com

〔赤山禅院〕
修学院離宮と隣接し、あわせて修学院歴史的風土特別保存地区に指定されている閑静な地です。また、近くには曼殊院、詩仙堂といった名刹もあります。

●開門:6時  閉門:18時
●拝観時間  9時~16時半
(都七福神の御宝印受付は、9時~16時半)

●料金:無料(自由拝観)

●交通
市バス 
5、31、65系統 修学院離宮道 下車15分
北8系統    修学院道 下車 徒歩15分
地下鉄烏丸線 松ヶ崎駅下車、タクシー7分
叡山電車 修学院駅下車 徒歩20分またはタクシー5分
「ぜんそく封じ へちま加持」の日には、臨時ピストン送迎車が運行されます
●駐車場:なし
公共交通機関をご利用ください。

●電話:075-701-5181(赤山禅院)

赤山禅院

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする