北海道パワースポット 札幌にある金運神社 北海道神宮の鳥居の秘密


北海道の金運神社 北海道神宮(ほっかいどうじんぐう)」
開拓の神様が御祭神の北海道神宮は、新しいものを創りだすエネルギーを頂けるパワースポットとして有名ですが、4つの鳥居があって、すべてくぐると御利益が大きい、また4つの鳥居のうちの一つが、特にお金が貯まる御利益があるというのですが、どの鳥居なんでしょう?

スポンサードリンク

金運神社として有名な北海道神宮は、初詣や、桜が咲くお花見の季節には 大変な人出になりますが、普段でも観光バスでたくさんの方がおまいりされます。

yjimag北海道神宮e

蝦夷国新一の宮である北海道神宮は、明治2年に蝦夷地(えぞち)から北海道と改称、明治天皇の詔(みことのり)(天皇のおことば)により、東京で「北海道鎮座神祭(ほっかいどうちんざしんさい)」を斎行(お祭を行う事)して、北海道の開拓・発展の守護神として、(開拓三神(かいたくさんじん)が鎮斎(ちんさい)され、明治4年に現在の場所に「札幌神社」という社名で鎮座されました。

そして昭和39年に、現在に至る日本の礎を築かれた明治天皇を増祀(ぞうし)(その神社にお祀りする神様が増えること)し、社名も「北海道神宮」と改称しました。

ご祭神
大国魂神 (おおくにたまのかみ)・北海道の国土の神様
大那牟遅神(おおなむちのかみ) ・国土経営・開拓の神様
少彦名神 (すくなひこなのかみ) ・国土経営・医薬・酒造の神様
明治天皇 (めいじてんのう)  ・近代日本の礎を築かれた天皇

「開拓神社」・開運の神様

開拓神社は、昭和十三年北海道開道七十周年を迎え、北海道開拓に心血を注がれた偉大な先人の労苦を偲び、その功績を永く伝えようと創建されたもので、現在三十七柱が祀られております

yjima開拓神社ge

スポンサードリンク

開拓の神様が祀られているところから、
陽の気が集まっていて初心を貫く気持ちが強くなる。
何かを作り出すエネルギー・強いパワーを頂ける。
一歩踏み出す勇気が欲しいときなどにお参りされてみてはどうでしょうか?

開拓神社の祈願札は、「御礼」(神恩感謝)・「恋愛成就」・「心願成就」・「受験合格」・「家内安全」・「商売繁昌」・「厄除開運」・「身体健全」・「病気平癒」の九種類で、いずれも初穂料は三百円。
祈願札にお名前・年齢を記入頂き、開拓神社納札所にお納めします。

お金が貯まる鳥居はどこ?

金運をアップさせてくれる鳥居の由来は、島義勇(しまよしたけ)という、札幌の開拓の神と呼ばれる人が、、札幌市街の設計に着手し、三方を山に囲まれ一方は平野に開けている円山の地に社殿を造営することを決めるなど、風水を知っていたのではないかと言われています。

この鳥居は、 第三鳥居 ですが、風水でいう『預』という預金が増える方位にあるそうで、この鳥居から本殿へ向うことによって金運のご利益を得られるとのこと。

北海道神宮の境内には4つの鳥居がありますが、第三鳥居は、裏参道南一条通りから北海道神宮の円山公園側・東駐車場から本殿に向かう道の前にあります。
金運アップを望む人は、第三鳥居を必ずくぐりましょう!

北海道神社境内

北海道神宮は梅と桜の名所

約18万平方メートル、東京ドーム4個分の広いの境内には、ソメイヨシノ・エゾヤマザクラ・ヤエザクラが約1,400本と、梅の木が約250本あり、梅と桜の花見の名所でもあります。

yjimag北海道神宮桜e

桜の季節は、北海道神宮でお花見をしながら金運アップをお願いして、「宝くじ高額当選を夢見る」というのはいかがでしょうか?

金運神社一覧

北海道神宮
所在地:〒064-8505 北海道札幌市中央区宮ヶ丘474
■アクセス 地下鉄 東西線円山公園下車3番出口より 徒歩15分
     JRバス 神宮前停留所下車(西14・西15)徒歩1分

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする