おまじない 幸運を呼び込む縁起の良い虫 七つ

公開日:  最終更新日:2015/12/07


金運や試験運アップに効果的なプレゼントやお土産 縁起の良い虫グッズを探してみました。

1・トンボ

トンボは、勝虫(かちむし)とも呼ばれ、昔から縁起の良い虫とされています。

戦国時代に勝負事にこだわる武士たちの間で、かなり流行したようで、トンボをモチーフにした兜などが多く作られたのです。
トンボが持つ臆せずに勝負に挑み、そして、勝利を手に入れることのできるパワーを受け取るように意識してみてください。

勝虫の言われは、雄略天皇(在位456年~479年頃)が、吉野に狩に出かけた時、腕を刺したアブをトンボがくわえて飛び去った故事から、 強い虫、縁起の良い虫ということで勝虫と呼ばれ、勝負にこだわる戦国武士たちの間で、かなり流行したようで兜の前立てや武具に用いられたということです。
前へ前へと飛び、後ろに下がらないことからも、勇猛果敢で勝負強い虫として、勝利を呼ぶ虫と言われていたりもするようです。
前向きに頑張ろうと思っている人に、トンボアイテム、ご利益ありそうです。

嵐山のの野宮神社から大河内山荘に向かう竹の道で、竹とんぼを手作りしながら売っているおじさんがおられます。
お値段は、1800円くらいだったかなあ?
バランスよく竹の細い小枝にとまっているトンボがとっても ξ(✿ ❛‿❛)ξ。
お天気が良い日は、たいていおられます、寄ってみてください。

2・玉虫・タマムシ

玉虫・古くから日本で縁起の良いものと言され、その美しさは、法隆寺の国宝、玉虫厨子に羽がつかわれているほどです。
玉虫は、吉丁虫とも書かれ、古くから縁起の良い虫と言われて、特に女性は、恋がかなう、箪笥に入れておくと着物が増えるなど幸せになるといわれてきたそうです。

黄金虫は、エジプトでは「スカラベ」と呼ばれ、太陽神の遣いとして『再生や復活・永遠・精神的霊的覚醒』を意味する幸運の象徴とされています。
コガネムシは、金持ちだ、カネグラ建てた・・・・って歌ありましたよね^^。

スポンサードリンク

黄金虫や玉虫など、光る虫が家の中に入ってくるのは幸運の知らせと昔からいわれていて、家の玄関や家の周囲にいるのを偶然見ることも吉兆の一つですが、家の中に入ってくると願いが叶う前触れになります。

3・ヤモリ

ヤモリは「家守り」と書いて、ヤモリが家にいるとその家には悪いことが起きないと言われて、縁起の良い生き物とされています。

そのヤモリを家の壁に引っ付いているのを見かけたり、家の中で見つけると、金運がアップしたり嬉しいことが起きたというお話をたくさん聞きます。

ヤモリの姿に抵抗がある人も多いと思いますが、ヤモリは夏になると家の窓や壁に張り付いて虫などを食べるありがたい益虫なのです。
それに、ヤモリは非常に気が弱い生き物ですから、そっとしてあげてくださいね。

4・テントウムシ

日本のみならず、世界各地で幸せのシンボルとされているのがテントウムシ。
「テントウムシが体にとまると幸せになる」
「マリア様のお使い」
などと言われ、幸せを運ぶ虫と考えられているようで、かわいいアクセサリーなどが目にとまります。

5・蝶

蝶は幼虫からさなぎになり脱皮をしてきれいな成虫の蝶になりますのから、命の生まれ変わりや立身出世を意味するとても縁起の良い生き物とされて、着物や洋服の柄としてもよく使われます。

6・ムカデ

武田信玄で有名な、武田軍には直属の12名の伝令部隊「百足(むかで)衆」がおりました。
百足(むかで)というと気持ち悪いと、思うかもですが、百足は戦の神の毘沙門天の使いといわれており、それに、百足は後ろには歩かないことから「後退しない(負けない)」という信仰もあり、勇ましい虫としてよく兜のデザインにも使われました。

ちなみに武田の百足衆の旗指物には、百足の足は48本、描かれていますが、直属12名の手足4本で48本。

ムカデは、 金山衆という金山をはじめ鉱山を採掘する技能集団・ 武田軍で活躍していた伝令部隊のことを表すようです。
日本全国に鉱脈を探して移動し、戦国時代は特に武田信玄に保護され、多くの金山を発掘して、武田家の財政を支えたり、トンネル工事などで、攻城戦にも活躍したとされています。
金山衆は、ムカデを山神の使いとしていました。

また、足がたくさんあるのに、きちんと足並みをそろえて歩くことから、
「皆が一致団結して事に取り組み、結果として会社が反映する」
なんていう解釈もされていたようです。

商家では、毘沙門天の使いで、ムカデは足が多いことから、「客足が多い」「客足がつく」と縁起物とされ、
「おあし(銭)が集まる」と言われ、財の神さまとして縁起を担ぎ、 大切にしているところもあるようです。

7・ゴキブリ

ゴキブリ?!これは、意外なのですが、かつてのヨーロッパでは、ゴキブリは縁起の良いものとして考えられていたこともあるみたい!
引っ越しをするときに連れて行ったり、 結婚のお祝いや新築祝いとして、プレゼントされていたそうですが、謂れはもう一つ、わかりません。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑