クリスマスプレゼント2015男性が喜んで長く使えるこだわりの品物8つ 


男性へのクリスマスや誕生日のプレゼントは、毎日使ってもらえる品物を送ったほうが喜んでもらえるようです。
さりげない普段の会話や、彼が身につけているものを観察して、彼の好みを品物で、そろそろ買い替えたほうがいいかな?的な品物を選んでみてはどうでしょうか?

スポンサードリンク

1.財布
財布は、毎日使うものですが、男性は無頓着な性格の人が多く、古くなってもあまり気にせずに使っているという人が多いみたいです。

メンズ財布も、最近は「薄い」「小さい」というキーワードで売らるものが人気だったり、アイデアやデザインにこだわった職人の手作りの作品も人気があります。
そして、ブランド品はいつの時代も鉄板です。
本命中の本命の定番アイテムだからこそ、彼の好みをよく調べて、彼が好みそうな商品を選びましょうね。

2・ネクタイ
ネクタイは洋服を着る人には、定番中の定番。
スーツを着て仕事をする人には大切な必需品、何本あってもうれしい品物として、どんな時のプレゼントにも適しています。
無頓着に、量販店の安いネクタイばかりしている彼にブランド商品をプレゼントととして選んであげましょう。
百貨店で買った高級なネクタイを締めれば、それに見合う活躍をしよう仕事に力が入ることでしょう。

最近はカジュアルなニット製のネクタイが人気だったりしますが、ブランド物が当たり外れがないみたい。
彼の趣味や、いつもの服装をイメージしながら選びましょう!

気持ちよく喜んでもらって、できるだけ頻繁に身につけてもらうためにも、くれぐれも、あなたの好みだけで選ぶのではなく、日頃の彼の服装のイメージに合わせたうえで、あなたのセンスをいかしましょうね。
ブランドやお店に寄って価格はピンからキリまで、センスがものをいいそうです。

3.腕時計

男性にとって腕時計への思いは、女性にとっての宝石と同じような思いがあるかとかんじます。
腕時計も、相手の年齢や立場やライフスタイルをしっかり考えて贈りましょう。
人間は、良い品物を身につけていると自然に自信に溢れた雰囲気がにじみ出てきますよね。
時計も、毎日身に付ける品物ですから、彼が自信を持って成長して欲しいという願いを込めて、少し高額な時計を贈る人も多いようです。

4・名刺入れ

あるクチコミで、
「ずっと使っていた名刺入れをちょうど新しいものに変えようと思っていたとき、彼女から自分が目星をつけていた名刺入れをプレゼントされました。どうやら私が覚えていないだけでデートの際に“これ、いいね”と言っていたみたいです」(30代広告)

スポンサードリンク

何気なく交わしているデート中の会話ですが、聞き逃すことなく、心に止めてくれて、
「ずっと覚えてくれていた。考えてくれていた!」これは嬉しいです!!

5・パスケース

電車やバスなどを使って通勤・通学している男性には、パスケースをおおススメ!
自分用には、なかなか小物まで良いモノを買える人は少ないし、財布と兼用しているとしたら、喜んでくれると思います。
ただし、一個あれば・・・というアイテムですから、既に彼が使っている場合は避けた方が無難ですね。

6・マフラー

首元が寒く感じると活躍するのがマフラー。寒い冬にはぴったりのあたたかいプレゼントですね。
でも、なかにはマフラーをするのが嫌いとか、する習慣がないという人もいますので注意してください。
無難なのは、ブランド物ですが、バーバリーのマフラー・・・・いいお値段ですねえ。

7・手袋

あいぽんとガラケー両刀使いの彼には、タッチパネル対応の手袋がおススメ。

8.ハンカチ

ハンカチも、毎日使う小物、何枚あっても困らない持ち物、インパクトは弱いですがプレゼントとして人気があります。
自分用として買うのは、でこだわって良い物を買負うと思う人は少ないと思うハンカチ、ブランド物やこだわりのある品物を選ぶと喜んでもらえます!

9.キーケース

キーケースも彼の趣味・生活スタイルに合わせて選んでくださいね。
カギをたくさん持ち歩く人なのか、鍵を持ち歩く人ではないのか、少ないのか観察してくださいね。
もしかしたらキーケースを必要と思わないタイプの人もいるでしょうし。

ただ、財布に比べると、拘った物を持っている人が少ない小物ですから、
「キーケースまでお金に余裕がないし・・・」と思っている男性だとしたら、絶対に喜んでくれるでしょう。

せっかくプレゼントするのに、相手が困ってしまうような物は避けたいですよね。
必ず喜んでもらう為には
「自分が贈りたい物を贈る」ことは避ける、こと!

・普段身につけているものをさり気なくチェック
・彼がさり気なく発した言葉をチェック
・デート中の彼の行動と目がどこを見ているかをチェック

ショッピングモールなどでデート。
「これいいんじゃない?」
「こういうのって使いやすいのかな?」
と、彼に声かけてみて、彼の行動をじっくり観察します。
「何を気に入ったのか」「どんなブランドが好きなのか」をしっかりと覚えておきましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする