ハイヒールを長時間履いても足が痛くならないための対処法5選

公開日: 


ハイヒールを長時間履いて、足の痛い辛さを少しでも軽くする方法のまとめ
ハイヒールが大好きな私、ヒールの高い靴を履いて、足を長く見せたい、少しでもきれいな足に見せたいという女ごころですが、仕事やお出かけで、ハイヒールを長時間履いていると、足が痛くて辛いのを何とかしたいと工夫したことをまとめてみました。

スポンサードリンク

ヒールの高い靴を履いて、オシャレしたい女ごころですが、足の痛みを我慢し過ぎるのも考えもの。
ハイヒールを長時間履き続けると、かかとやつま先が痛くなってくるし、ひどい時は魚の目ができたり、外反母趾になってひどい痛みにおそわれるなんてことにもなります。

そこで私、長時間 ヒールのあるかかとの高い靴を履いても大丈夫なように、痛みを少しでも軽くできるようにと実行しています。
高いヒールを長時間履いても、足が痛くならないために使うグッズや日常に気をつけていることをまとめてみました。

足の指先の形には、3種類あるって知っていますか?

1・ギリシャ型  :人差し指が一番長い足。
2・エジプト型 :親指が一番長い足。
3・スクエア型 :足の指がほとんど同じ長さなので、つま先がまっすぐで四角い形に見える足。

ギリシャ型の足の人は、一番長い人さし指がつま先に当たりやすくなりますので、つま先が中心線にある靴、あまり靴の先がトンガっていないデザインを選ぶと足にフィットしやすく、おすすめのデザインは「アーモンドトゥ」か、「ポインテッドトゥ」

エジプト型の人は、どんな靴でも履けるのですが、幅広のつま先が丸い靴は指先にゆとりができすぎると、足が前にすべりやすく足の指がつま先で詰まってしまう傾向があります。「ポインテッドトゥ」のつま先がすっきりしたデザインの靴がおススメ。

スクエア型の人は、親指と小指の付け根のあたりが靴とこすれやすかったり、圧迫される傾向があります。
先の細いパンプスでは、圧迫され曲がるので長時間履くことができず、指の付け根を痛める原因になります。
先が平に広がったスクエアトゥや、大きく丸みのあるラウンドトゥをおススメ。

足の指の形によって、靴を選ぶと随分履き心地が違ってきますので、自分の足の指の形がどのタイプか、確認してみましょう。

新品のハイヒールを足に馴染ませる方法!

先端が細いデザインのハイヒールだったり、靴のデザインによっては、親指や小指・甲などがスレて
痛く辛い、履きにくいと感じたときは、この方法を使ってみてください。

厚手の靴下か、普通の靴下を何枚か重ね履きしてハイヒールを履きながら、ドライヤーを、
痛みを感じる部分に当てると、素材が伸びて馴染みやすくなります。
ドライヤーは慎重に当てないと、靴の素材を傷めてしまっては困りますので、20秒から30秒くらいを目安に、何回かに分けてやるのがベスト、一気には辞めてくださいね。

スポンサードリンク

自分でドライヤーを当てるのが不安な時は、カカトの修理をしてくれるお店に持っていくと、伸ばしてくれるサービスもあります。

親指の付け根が痛いのを軽くする対策・グッズ

私は、親指の付け根が、ハイヒールで歩いた時に一番痛いと感じます。
この親指の付け根が痛いのを軽くするには、ファンデーションを塗るときに使う スポンジパフ 、親指の付け根が痛いのを軽くするにはスポンジパフがおススメです。
親指の付け根の部分にあたるようにスポンジパフを入れてそのまま履くだけです。
クッション性と滑り止め効果もあり、痛みも分散されるので、親指の付け根への負担が減って、痛みがましになります。
スポンジパフが動くのが心配なら、両面テープで止めてもいいでしょう。
100均で売っているスポンジパフで十分です。

 靴ずれ用の絆創膏  を、痛くなりそうな場所に靴を履く前に貼って、出かけるのも足の痛みの予防には効果的です。
かかとは、特にはがれやすいので、長い時間出かけるときは、予備を用意しておきましょう。

伸縮性のあるメディカルテープ

つま先の細いヒールを長時間履いていると、疲れるし、足がとにかく痛い!靴を脱ぎ捨てたい!ってそれだけ考えてしまいますよね。
そんな時の痛みを軽くするために、ハイヒールを履く前に伸縮性のある メディカルテープ を足の中指と薬指に巻きます。
足の中指と薬指の痛いと感じる神経を、伸縮性のあるメディカルテープが和らげる働きをしてくれます。

他にも、長時間歩いたり、仕事で立ち続けても疲れたり、痛くならないないために、自分の足にあった素材を探してみましょう。
シリコンでできたものやショックを吸収 するやわらかい素材のインソール
 
など、百均や靴の修理屋さん、ドラッグストアなどいろいろ出回っています。

靴底に貼るゴムで出来ているタイプ

靴の中に貼るインソールやクッション素材もいいのですが、きっちりしすぎると足の甲が圧迫されて痛くなることもあり、靴の底に貼るタイプ、 靴底にゴムで出来ているもの貼る
 
方法が、ヒールの高さが少しだけですが低く感じることになったり、足が負担するショックを吸収してくれる効果があるので歩くのがとっても楽になります。

まとめ

ハイヒールは女性のおしゃれの象徴と思うのですが、足が痛くて顔が歪みそうになった時を経験して、いろいろ工夫してきました。
ハイヒールをそのまま履くと長時間になるほど辛いですが、足が痛くならないように事前に対策しておけば、辛さが全然違いますよ^^。
お役に立ちますように・・・。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑