京都観光プラス体験する京都 東山区で写経と写佛ができる5寺院


写経をしたい!と探してみたら、写経も坐禅も、京都なのに禅寺で開催しているのは、ほとんどが月1回か2回しかない。
おいおいそれじゃー、日程がなかなか合わないんじゃないのよ~と心配しましたが、ありました^^、毎日、写経できるところ、ご紹介しますね。

スポンサードリンク

東山区の写経が体験できる寺院

建仁寺

臨済宗建仁寺派の大本山である建仁寺は、京都最古の禅寺として鎌倉時代の建仁2年(1202年)に開創されたのだそうです。
四条河原町や八坂神社から歩いていける距離で、華やかな祇園の町並みを歩いて、という交通の便利なところにあります。
本坊で随時受付されていますから、いつでも写経体験できます。

写経室は9人入るといっぱいになる小部屋ですが、窓をあけての枯山水を眺めながらの写経ができます。
3・4人の少人数グループ旅行向きで大勢で一斉に写経という形には向かないかもしれません。

希望により禅寺体験として、坐禅を行うことができます。
8~10時または17~20時の中で希望の時間を予約し、60分ほどの体験で坐禅の座り方指導や坐禅(20分)・法話を行っていただけます。

時間:45分程度
日時:随時
納経料:1,000円、(別途拝観料500円要、写経道具は不要)

建仁寺
住所:京都市東山区大和大路通四条下ル4丁目小松町584
交通: 
京阪本線 「祇園四条駅」 徒歩7分
阪急京都線 「河原町駅」 徒歩10分
JR「京都駅」から市バス「東山安井」下車、徒歩5分
TEL:075-561-6363・ 075-561-5777(庶務部:坐禅予約)
ホームページ:http://www.kenninji.jp/experience/index.html

o045006001314337149大覚寺2

知恩院

知恩院(浄土宗)では、善導大師が撰述された願文「発願文」や、法然上人が最後に遺されたみ教え「一枚起請文」などを書写します。

勢至堂客殿の山亭(特別公開)で、発願文や一枚起請文を写経させていただけます。
山亭というのは、知恩院の中でも最高地にあり、京都の景色を一望できる庭園を見ながら写経ができます。
写経後は、京都の町並みを一望できる庭園を眺めながら、お抹茶やお菓子のお接待でゆっくり楽しむことができます。

・ 毎日 午前9時~午後4時まで 随時
・ 冥加料: 2,000円
・ 場所:勢至堂客殿 山亭

http://www.chion-in.or.jp/04_meiho/ken/sei.html

写経道場の受入人数には限りがあり、また、各種行事等の都合上、受付できない場合があるようですから、事前に確かめたほうがよさそうです。
10名以上でご参加の場合は、予約が必要です。

お問い合わせ
知恩院 法務部 御廟係  
TEL: 075-531-2112

毎月行われる写経絵は、9時に受付で、10時から写経・法話と続き、お昼には昼食(お弁当)がついてきます。

知恩院

住所:京都市東山区林下町400
TEL:075-541-5142(おてつぎ運動本部)

交通
市バス(四条河原町から)
31・46・201・203号系統 『知恩院前』停留所下車 徒歩5分

京都市営地下鉄東西線「東山駅」徒歩10分
京都市営バス「知恩院前」
自家用車はこちらをhttp://www.chion-in.or.jp/02_sanpai/acc.html

日時:写経絵は、毎月13、23日(月によって変則なので下記ホームページで確認を)
時間:9時~
冥加料:2,500円(写経道具は不要、浄斎弁当代を含む)
ホームページ:http://www.chion-in.or.jp/03_gyoji/sha.html

法住寺

法住寺(天台宗)は三十三間堂のすぐ東、平安時代に後白河法皇の院御所として創建され、後白河法皇の御墓所(法住寺の裏手には宮内庁の後白河天皇法住寺陵があります。)を守る歴史ります。

スポンサードリンク

後白河法皇様や赤穂浪士を災難から守った(石内蔵助が討ち入り前に大願成就を祈ってお参りした)身代わり不動さんでも有名です。
お庭の緑に心を癒されながら、静けさと香の香りに包まれての写経は、自分を見つめなおす良いきっかけになるかもしれません。
法住寺は誰でも拝観できますが、観光寺院ではありませんから、人が少ないところがお好きかたには、静かで心落ち着く穴場かも。
写経の後には、お抹茶とお菓子のご接待がありますが、3日前に予約すれば、写経と精進料理が合わせて3000円で体験することもできます。(3日前までに要予約

写経のしかた流れ http://hojyuji.jp/syakyo/

所在地:京都市東山区三十三間堂廻り町655
アクセス:市バス「三十三間堂前」下車、徒歩2分
電話番号:075-561-4137
営業日:月曜日~日曜日(拝観9:00-17:00)
休業日:年中無休
料金:拝観無料、写経は毎日9:00-16:00
(入寺)一人1500円(写経道具は不要)
10名以上は精進料理付で一人3000円(要予約)
・写経会は毎月第3日曜日午前10時~ 写経後点心付1500円

会費:1,500円(写経道具は不要)、第3日曜日の写経会は2,000円(昼食付)

ホームページ:http://hojyuji.jp/

御寺泉涌寺 別院本山 雲龍院

泉涌寺の別院である雲龍院は、1372年に創建された真言宗のお寺で、現存する日本最古の写経道場だそうです。
香で手を清め、朱墨を使って写経を行うのが特徴、写経が終わったら庭園を眺めながらお抹茶とお菓子のお接待でゆっくりできます。
お写経する時に使用する机は、後水尾天皇(天皇在位期間・1611年5月9日-1629年12月22日)によって寄進された机だそうです。

また、雲龍院の台所には、今にも走り出しそうな雰囲気で有名な”走り大黒天”さまが祀られています。
”走り大黒天”さまは、お参りすると、プレゼントを持って自宅までおいで下さり、”幸福”を届けて下さるそうです。

雲龍寺大黒

日時:随時 9時~15時
写経会費:1,500円(拝観料・抹茶料含む、写経道具は不要)

住所:京都市東山区泉涌寺山内町36
TEL:075-541-3916

交通

カーナビで検索される場合は、雲龍院の電話番号075-541-3916で検索されるとヒットします。

京都駅:
京都駅(八条口)から、タクシーで約5分
京都駅(烏丸口)から、
市バス208号系統で「泉涌寺道」下車徒歩10分
JR奈良線東福寺駅から徒歩13分

京阪電車:
京阪七条駅から市バス208号系統・「泉涌寺道」下車徒歩10分
京阪四条駅から市バス207号系統で「泉涌寺道」下車徒歩10分
京阪東福寺駅で下車、京都市バス「東福寺」バス停より
202号系統・207号系統・208号系統で次の「泉涌寺道」バス停下車
※東福寺から少し離れていますが徒歩でもお越しいただけます。
ホームページ:http://www.unryuin.jp/sub07%20syakyo.html

東福寺 毘沙門堂 勝林寺

写経(写佛体験もあります。)が初めての方でも、心構えなどの説明からしていただけますので、安心して体験できます。
写経を行うのは、日本庭園に面したお座敷なので、雰囲気に浸りながら、まず、般若心経を黙読して心を鎮めます。
そして、般若心経が書かれた台紙の上の半紙に下の文字をなぞりながら写していきます。
書き上げたら氏名、住所、願い事を左に記して奉納します。

写経を終えると、お抹茶とお菓子をいただけます。
予約が必要です。

勝林寺は非公開寺院ですので拝観料はありません。

住所:京都市東山区本町15-795
時間:60分程度
日時:ホームページを参照
ホームページ:http://shourin-ji.org/

東福寺駅前から勝林寺までは10分ほど歩けば到着します

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする