京都紅葉の名所 大覚寺の雅な紅葉ライトアップと写経と写佛


京都紅葉の名所をひと味違う楽しみ方 大覚寺の雅な紅葉ライトアップと写経と写佛
嵐山にある、大覚寺は、弘法大師・空海を宗祖と仰ぐ真言宗大覚寺派の本山。
大覚寺の大沢池の秋は、中秋の名月には船を浮かべての観月際、秋も深まると鮮やかに染まった真っ赤な紅葉が、華麗に演出される、雅な平安時代の雰囲気を楽しむことができます。

スポンサードリンク

大覚寺は、平安時代のはじめ、桓武天皇の第二皇子の嵯峨天皇の離宮「嵯峨御所」として建立されてから、1200年の歴史を誇る心経写経の根本道場

o045006001314337149大覚寺2
広大な境内には大沢池、天神島・菊ヶ島・庭湖石や名古曽の滝跡などがあり、大沢池の秋は、真っ赤な紅葉が鮮やかで、華麗な雰囲気を楽しむことができます。

大沢池の堤に連なって真っ赤に染まった紅葉が、水面に映えて鮮やかな風景や、秋も深くなると散りもみじで赤い絨毯を敷いたように埋め尽くされる風景を是非ご堪能ください。

2015年は11月13日から、午後5時半から8時半までの夜間ライトアップが始まります。
夜間特別拝観「真紅の水鏡」

本堂や大沢池周辺の広大なエリアが、幻想的で柔らかな光で照らされて、放生池の水面に映し出される心経宝塔や、見頃を迎えた紅葉と光の競演は、大覚寺ならではの雅やかさを演出したものになるそうです。

また、代々の天皇や皇統の方が門跡(住職)を務めた門跡寺院として、御所から移築した宸殿などの建物には趣があります。
りっぱな勅使門前の、白砂の上に浮かび上がるあでやかな、嵯峨菊に感動されることと思います。

大覚寺は、「いけばな嵯峨御流」の総司所(家元)といういけばな発祥の花の寺でもあるのです。
1200年の歴史を誇る大覚寺ならではの悠久の時間を是非ご体験ください。

スポンサードリンク

大覚寺ライトアップ
日時:平成27年11月13日(金)~12月6日(日)
時間:午後5時30分~午後8時30分 午後8時受付終了
※昼夜入替制

写経や写佛体験

現在の大覺寺の本堂の五大堂では、一年365日、予約申し込みがなくても、写経や写佛を体験することができます。
京都観光にこられて、京都らしい体験をと、突然に思いつかれても、大丈夫です^^。

写佛は、まず3種類の原画の中から好きな仏様の絵を一尊選びます。
原画の上に写佛用紙を重ねて、筆ペンでひたすら下の原画の線を写し取っていく作業。
仏様のお顔によって、40分~1時間くらいかかるとおもってください。

写佛・1尊 1000円
移し終えた写佛の用紙に名前とお願い事を書いて、お焚き上げをしていただきます。

大覚寺では、毎月・1日・11日・21日が写経日となっているため、この3日間は、大勢の人が見えて般若心経を唱えたり、法話があったりするので、落ち着いた環境が好きなかたは、この日を外されたほうがいいかもしれませんが、写経が終わった後におうどん

旧嵯峨御所 大覚寺 門跡

京都府京都市右京区嵯峨大沢町4
最寄り駅・JR嵯峨嵐山駅から徒歩約17分、
嵐電嵐山駅から徒歩で約23分。
午前9時〜午後5時(受付は午後4時30分まで)
無休 
※寺内行事により内拝不可日有
大人:500円
小中高:300円
写経奉納料 1000円
ギャティ写経奉納料 500円
写仏奉納料 1000円
(拝観料金別途必要)

大覚寺真心経会詳しくは、こちら
http://www.daikakuji.or.jp/shakyou-2/boshu/

旧嵯峨御所 大覚寺 門跡
京都府京都市右京区嵯峨大沢町4
旧嵯峨御所 大覚寺 門跡への最寄り駅は嵯峨嵐山駅から
徒歩約17分、
嵐電嵐山駅から徒歩で約23分。
午前9時〜午後5時(受付は午後4時30分まで)
無休 ※寺内行事により内拝不可日有
・・・・・・・・・
拝観料
大人:500円
小中高:300円

・・・・・・・・・
写経奉納料 1000円
ギャティ写経奉納料 500円
写仏奉納料 1000円
(拝観料金別途必要)

出典terry658.blog.so-net.ne.jp

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする