auは、新料金プラン1700円でかけ放題の「スーパーカケホ」と、スマホ購入代金補助の「スーパーアップグレードキャンペーン」で、12日から始まっている、iPhone(アイフォーン)6sと6sPlus(プラス)で勝負のようですが、果たして本当にお得になるのでしょうか?

スポンサードリンク

新料金プラン スーパーカケホは本当にお得か?

auは9月11日に新料金プランで、スーパーな安さが特徴のかけ放題プラン「スーパーカケホ」を発表しました。

これまで、auでは、2700円のかけ放題プラン「カケホとデジラ」でしたが、2700円のプランは、ドコモ・ソフトバンクも実施しています。

「スーパーカケホ」は、au携帯電話、他社携帯電話、固定電話への1回5分までの国内電話が1700円で、回数無制限でかけ放題になるというものです。

また、スーパーカケホの安さは通話だけではなく、「auスマートバリュー」のような基本料金、プロバイダ料金、データ定額サービスをセットにした場合でも、3GB~13GBの5つのデータ枠で今までのauプランはもちろん、他社のプランよりも1000円以上安い設定となっています。

ただし、1回の通話時間が5分を超えた場合には、30秒20円の通話料がかかります。

5分以上話しても、無料なのは、「家族割+誰でも割」の家族宛の通話と、「au→自宅割」による自宅宛の通話です。
SMS(相手先の電話番号がわかれば約70文字前後のメッセージが手軽に送受信できる 、ショートメッセージサービス)の受信は無料ですが、送信は1回3円かかります。

なお、旧プランの「LTEプラン」では、au同士なら1時~21時の通話料が無料でしたが、「スーパーカケホ」ではau同士でも1回5分以上の通話は通話料が発生することになりますので、5分以上の通話が多い人はご注意。

無料通話の対象にならないのは、他社の電話番号への通話と、番号案内(104)、行政1XYサービス(188・189)、衛星電話や衛星船舶電話への通話となります。
もちろん、国際電話や海外での発着信も無料通話の対象にはなりません。

「スーパーカケホ」は9月18日から受付が開始され、「6s」「6sPLus」と歩調を合わせた営業が展開されますが、5分以内の通話
、というのが、なんともひっかかります。

自分の通話時間をよくよく考えてみないといけないかなあ・・・。

アイフォーン

スポンサードリンク

スーパーアップグレードキャンペーンとは

auのもうひとつの戦略が、9月18日から2016年の3月末まで実施する「スーパーアップグレードキャンペーン」というもの。

今までにある「アップグレードプログラム」はスマホを購入してから18ヶ月たった場合、19ヶ月目以降の分割支払い残金を毎月auが負担し、新機種への乗り換えをサポートしていました。

これに対し、「スーパーアップグレードキャンペーン」は、スマホを購入してから12ヶ月たった場合、前倒し利用料2000円を支払えば、13ヶ月目以降の分割支払い残額の一部(7ヶ月分)をauが負担してくれるので、実質無料になるという、これはとってもお得なプランみたい。

さらに、6s・6sPLusを購入した場合は前倒し利用料も無料になるなど、より気軽に新アイフォーンへの乗り換えがしやすいように考えられているようです。

auさんに詳しく聞きに行ってこようと思います^^。

スマホ料金・一括購入価格・総支払額(税別)

16GB:SIMフリー版:8万6800円
    au    :8万4240円
   ソフトバンク:9万3600円
ドコモ   :9万3312円

64GB:SIMフリー版・9万8800円(税別)
   au   : 9万7080円
   ソフトバンク:10万6560円
ドコモ : 9万9792円

128GB:SIMフリー版:11万800円(税別)
     au    :10万9920円
ソフトバンク:11万9520円
ドコモ  :9万9792円

iPhone6s Plus・一括購入価格総支払額(税別)

16GB:SIMフリー版:9万8800円
      au  :9万7080円
  ソフトバンク :9万3600円
ドコモ:9万9792円

64GB:SIMフリー版:11万800 円(税別)
   
    au    :10万9920 円
ソフトバンク :10万656 0円
ドコモ  :9万9792 円

128GB:SIMフリー版:12万2800円(税別)
au :12万2760円
ソフトバンク :11万9520円
ドコモ :9万9792円

新iPhoneの最大の特徴「3Dタッチ」とは。

新iPhoneの最大の特徴は、「3Dタッチ」の搭載。
ディスプレイに加わる圧力の大小を感知して操作内容を変えられる新システムで、実際にコンテンツを開かなくても、プレビューでき、ゲームのコントロールをより繊細に行うことができるなど、操作性が抜群に向上しています。

頭脳は、高速処理と省電力化を両立した2GBの「A9」チップを搭載。

1200万画素の高性能カメラは4K動画の撮影もできます。

色はいずれも、シルバー・グレー・ゴールド・ローズゴールド・の4色。

スポンサードリンク