生命保険の死亡保険金にかかる税金は保険料を払う人と受け取る人によって違うって知っていますか?


生命保険の死亡保険金を受け取った時に、税金を払わなければいけないかも・・・。
契約の仕方によっては多額の税金、所得税や、贈与・一時所得などとみなされて、思いがけない税金を払うことになるようです。
死亡保険金は、誰が保険料を払って、誰に保険をかけるで、どう税金が違ってくるのか、調べてみました。

スポンサードリンク

保険金を誰が受け取るかによって、相続税、所得税、住民税、贈与税のどれかを払わなければいけない。

夫が保険料を払い、自分に保険をかけ、妻が保険金を受け取る場合

これが一般的な契約のしかたになりますが、
夫から妻への相続財産とみなされ、相続税の対象となります。

税金は、保険金とその他の相続財産を足したもの全部・遺産総額に基づいて計算されます。

死亡保険金は、残された家族の生活を支えるという目的があり、妻などが相続人として受け取る場合は、「500万円」×法定相続人の数」が非課税となrちます。

妻と2人のこどもがいる場合は、「500万円×3」=1500万円を保険金から差し引いたうえで、課税ざいさんの加えます。

仮に、妻が遺産を全額相続する時は、課税財産は、1億6000万円までなら非課税となります。
このことから、保険金以外に大きな財産がなければ、よほど多額の保険契約でない限り、妻に相続税がかかることは無いようです。

夫が保険料を払い妻に保険を掛けて、夫が保険金を受け取る場合。

一時所得ということになり、夫に所得税がかかります。

スポンサードリンク

払い込んだ保険料と、一時所得の特別控除(最高金額50万円)を保険金から差し引いた金額が、一時所得の金額になります。
一時所得の半額を他の所得と合計して、各種の控除をして、課税所得金額が算出されることになります。

課税所得に応じた住民税も払うことになります。

夫が保険料を払って、妻に保険をかけ、子供が受取人の場合

夫から子供への贈与とみなされ、贈与税の対象となります。

基礎控除額(110万円)を上回った分が課税対象となり、税率は他の税金より高いことが多い。

家計に余裕がある、祖父母が息子に保険をかけ、孫を受取人にした場合も祖父から孫への贈与とみなされるため、思いがけない金額の税金が孫に課税されることになるかもしれず、保険契約に注意がひつようです。

死亡保険金を受け取った時には、税金の申告を忘れないようにしないと、重加算税を払う可能性もでてきます。

死亡保険金にかかる税金で注意すること

・相続税は、死亡の翌日から10ヶ月以内に税務署に申告して納税を済ませること。
 所得税と贈与税は、保険金を受け取った翌年の3月15日までに、確定申告をして、納税をすること。

・所得税とみなされる場合は、供与など他の所得と合計した金額に税金がかかります。
・税務署に申告が必要な場合に、申告を忘れると、延滞税や重加算税を余計に払わなければいけなくなる可能性があります。

まとめ

・生命保険の契約をどんな形にしているのか、見直してみましょう。
・生命保険の契約の形がわかれば、税金を払わなければいけないのか、また、税額の計算をして想定することも可能です。
・自分では、わからない時は、契約している生命保険会社のコールセンターに直接電話して聞けば、丁寧に教えてもらえます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする