京都の復縁にご利益があるのは「貴船神社」がパワースポットとして有名ですが
「浮気した夫や彼の気持ちをもう一度自分のもとにとり戻して、復縁したい」
京都人でもわかりにくい場所に、密かにお参りしたい京都の隠れ家的な神社「櫟谷七野神社(いちいだにななのじんじゃ)」があります。

櫟谷七野神社(いちいだにななのじんじゃ)は、普通に住宅が密集している西陣の町並みのエアポケットのような場所にあるのですが
この神社の場所だけはポツンと空間が広がり、少し小高い台地状のところに鎮座して居られます。

おみや櫟谷七野神

「上御霊前通智恵光院東入る」という場所は、市バス「今出川大宮」バス停から北上し、小さな交番のある狭い道を西に入ると、鳥居が見えて奥に駐車場がある風景が見えてきます。
鳥居のところまで行きますと、大きな樹木の中に、小さな社殿が鎮座されるお社が見えます。

「櫟谷七野神社(いちいだにななのじんじゃ)」は、春日大神を奉祀したのが起源となっているため「春日神社」とも呼ばれています。
由緒書きによれば、 上賀茂神社や下鴨神社との縁が深く、その祭祀を仕える「斎王」の住居があった場所のようです。

櫟谷七野神社(いちいだにななのじんじゃ)は、平安時代から鎌倉時代にかけて賀茂斎王の御所「斎院」があった土地に創建された神社で、別名「春日神社」とも呼ばれ、その関係から、京都三大祭りの一つ「葵祭」の斎王代が毎年参拝するならわしになっている神社なのです。

縁結びの御利益があることでも有名なのですが、ただの縁結びではなく、
「浮気して去ってしまった相手の心を引き留めてよりを戻す」
という特に、復縁を求める人に限っての御利益を謳っています。

浮気した夫の気持ちを取り戻す・復縁祈願 

平安時代、櫟谷七野神社(いちいだにななのじんじゃ)に、離れてしまった夫の愛を復活させてほしいと祈ったのは、59代 宇多天皇(894年)の皇后。

「櫟谷七野神社の前の白い砂を三笠山の形に積み、祈願せよ」
とのお告げを受けて、その通りに砂山を作り祈った所、天皇の愛情が戻り、再び宇多天皇の寵愛を受けるようになったそうです。
それ以来、社前に白砂を積めば浮気封じ・愛の復活の願いが叶うといわれ、社前 に積む砂も「高砂山」と呼ばれる様になりました。

スポンサードリンク

「夫の浮気をやめさせたい」とか「別れた彼氏に戻ってきて欲しい」
など、愛の復活を願う女性が密かに、参拝に訪れてるのが、櫟谷七野神社なのです。

高砂山祈願(恋愛成就・浮気封じ・復縁祈願)

現在は塩・砂・玉砂利などを本殿前に盛るという行為は禁じられています。
その代わりに「社前高砂山御祈願」として、神社が用意した白砂を、本殿前の棚に三笠山のカタチに積み、同封された用紙に住所氏名とお願い事を書いて、初穂料1000円と合わせて賽銭箱に納めると、月毎に神職が祈願の儀を執り行うという作法になっています。

長い歴史の上では、火災や戦乱で荒廃することも多々ありましたが、そのたびに、不死鳥のように再建されてきた櫟谷七野神社(いちいだにななのじんじゃ)、再興するため豊臣秀吉の命により修復に参加した諸大名が寄進した印という、周囲の石垣からは家紋を彫り込んだ石が幾つも見つけることができます。

櫟谷七野神

櫟谷七野神社(いちいだにななのじんじゃ)の由来

櫟谷七野神社(いちいだにななのじんじゃ)の由来は、春日・伊勢・賀茂・石清水・平野・松尾・稲荷の七神を合祀したものとか、神社の周囲の地名・七野(北野・平野・紫野・内野・柏野・上野・蓮台野)の産土神だとするなど、諸説ありますが真相は歴史の中に埋もれてわからないようです。

場所が分かりにくく、小さなお社の櫟谷七野神社(いちいだにななのじんじゃ)ですが、復縁の御利益を切望する人は、どうぞ探して参拝されてくださいね。
その気概があれば、復縁のご利益はきっと頂けるものとおもいます^^。

櫟谷七野神社(いちいだにななのじんじゃ)
住所:京都市上京区大宮通廬山寺上る西入社横町277
「天神公園前」バス停下車徒歩10分

市バス
京都駅より、9・12・67・系統「天神公園前」バス停より歩10分
51・59・201・203・系統「今出川大宮」バス停より歩15分

交通アクセス

京都駅~
101号系統(B2乗り場)
205号系統(B3乗り場)
206号系統(A3乗り場)

四条河原町~
12号系統・205号系統

四条烏丸(からすま)~
12号系統

河原町丸太町~
204号系統・205号系統
京都市バスの運行明細

スポンサードリンク