日本の三大珍味
日本で広く知られている日本の三大珍味と言えば、「ウニ」「カラスミ」「このわた」のようです。」
「カラスミ」は、ボラという魚の卵巣を塩漬けしたもの、「このわた」はなまこの腸を塩辛にした食べ物です。

珍味は独特の風味や味覚に癖があるものが多く、好き嫌いがはっきり分かれるようですが、日本酒の肴として欠かせない一品として希少価値が高く、酒好きの人にはお土産としても喜ばれること、間違いありません。

最近は、世界中で日本料理や日本酒がブームが起こっているようですが、外国の方の接待に限らず宴席やお正月には是非、用意したい一品です。

越前の雲丹(福井県北部のウニ)、

雲丹は北海道や三陸産だとばかり想っていましたが、江戸時代には、越前の雲丹を(福井県北部のウニ)、三大珍味と言ったようです。
「うに」は元は生うにではなく、ウニの生殖巣を原料として、塩を混ぜ合わせてペースト状にした「塩うに」のことでした。
「塩うに」は「うに塩辛」とも言い、福井県で製造された「越前雲丹(えちぜんうに)」が古くから知られていました。

出典:農林水産省/日本三大珍味とは何ですか。

長崎の野母崎の唐墨

「からすみ」(ボラの卵巣の塩漬け)は、長崎市野母崎樺島町が産地として有名、ボラの真子(卵巣)を塩・酒などに漬け込み自然乾燥させた珍味で、塩辛くねっとりとしたチーズのような味わいが、高級な酒の肴として珍重されています。

3・3ミリの薄さに切り分けて炙ってたべたり、薄く切った大根に挟んだりしてオードブル風につかったり、・・・。

三河(愛知県東部)の海鼠腸(このわた)

ナマコの腸(はらわた)を塩漬けにした塩辛のことで、寒中につくられた、腸の長いものが高級品となっています。

「このわた」は一匹のナマコからとれる腸を使っているので、たくさんのナマコを用意しても、取れる腸の量は少なく貴重な珍味です。
「このわた」はそのままでも美味しいのですが、甘エビと合わせると甘エビのぷりぷり感と甘みが加わりとても美味いとの事。
冷酒と一緒に味わっていただきたい、日本の三大珍味のひとつです。

このわたに熱燗の酒をそそいだものは、「このわた酒」という。

このわたをまな板の上で庖丁で叩き、椀に入れ、極く淡仕立ての汁を注いだ「このわた汁」で、このわたの真の味を堪能してください。

ナマコを使った珍味にはこの「このわた」の他に「くちこ」という珍味もあるそうです。

クチコミで紹介されているオススメの珍味

お酒の肴や、ちょっとしたオカズにと重宝する珍味。

スポンサードリンク

滋賀県の「ふなずし」は、乳酸発酵させてつくられますから、酵素食品として健康食にどうぞ。
濃い目のお酒に合うだけではなく、お酒を飲まない方には、薄切りしたフナ寿司を熱いご飯の上にのせ、渋めのお茶をかけ、塩をちょっとと海苔をのせたフナ寿司のお茶漬けはおいしいですよ^^。

新潟の「かんずりの明太子」
青森の「ばくらい」
「鯖の冷燻」

ナマコをつかった「クチコ」というように、日本にはまだまだ広く知られていないようなその土地ならではの珍味が沢山あります。
クチコミで紹介されているオススメの珍味をみつけるのも楽しいかもしれません。

珍味といえば、ビールやお酒のツマミというイメージで、焼き小鯛や鮭トバといった魚貝の「乾物」を思いがちですが、イカや、タコ、ホタテなどの塩辛や、鯖の冷燻、たらこのわざび漬けにカニミソ、エビミソといった日本の海の幸の生珍味や、世界三大珍味の一つといわれる「キャビア」などの生珍味といった、ちょっとグルメな気分を味わえるギフトとして、喜んでもらえそうです。

普段自分では買わないけれど、一度は食べてみたいと思うような贈り物をしたい時に、そのままでも食べて楽しめるだけではなく、様々な料理にもつかえる素材の珍味は贈り物としてオススメです。
(あまり大量だと収納に困る事もあるのでご注意ください!)

スポンサードリンク