京都観光プラス体験する京都 中秋の名月を贅沢に味わう鑑賞会六選


2015年の中秋の名月は9月27日。

「仲秋の名月」と書くのは間違いで、正しくは「中秋の名月」と書きます。
それは、旧暦で秋は7月~9月となっており、その真ん中の日の旧暦の8月15日が「中秋」となるのです。

「中秋の名月」は、「十五夜」とも呼ばれ、その昔、芋が食料として大事にされていたのですが、旧暦の8月15日のあたりが、ちょうど芋の収穫の季節なので、その収穫を感謝しお供えすることから「芋名月」とも呼ばれます。

それに対して、十三夜は「栗名月(くりめいげつ)」(2015年は10月25日)と呼ばれます。
これは、その時期に栗の季節であることから呼ばれるものです。

中秋の名月を贅沢に味わう鑑賞会のご紹介

御寺泉涌寺夜間特別拝観と雲龍院「お月見の会」(9/26, 9/27限定/夕食付) TNコース

雲龍院

御寺とも呼ばれる泉涌寺の夜間特別拝観を楽しめる限定コースです。
雲龍寺色紙の間

別院の雲龍院での「お月見の会」ではライトアップされた庭園と月を愛でながらのご夕食、悟りの間でのお抹茶賞味、朱墨での一文字写経奉納、そして篠笛のミニコンサートなど内容盛りだくさん!

詳細は、こちらhttp://www.veltra.com/jp/japan/kyoto/a/19500

観月会智積院

智積院

僧侶による声明公演・月輪観(がちりんかん)と呼ばれる瞑想体験と、お月見コンサートが催されます。
日程9/27(月)時間18:00~料金チケット
(前売り券のみ・定員400名)3,700円(お弁当付)
宿泊プラン9,000円(宿坊智積院会館1泊朝食付)
問合せ075-541-5361

スポンサードリンク

アクセス
市バス「東山七条」下車、徒歩3分
京阪電鉄「七条駅」下車、東へ徒歩10分

観月の夕べと舞妓鑑賞妙心寺塔頭 退蔵院

場所:妙心寺塔頭 退蔵院

お茶席、お食事と庭園の拝観、舞妓の鑑賞が楽しめます。
※参加の前々日までに要予約、40名限定

日程9/26(土)~27(日)
時間18:00~21:00
料金9,000円(予約制)
問合せ075-467-1666(花園会館花ごころ)

アクセス
JR「花園駅」下車、徒歩約5分
市バス「妙心寺北門前」か「妙心寺前」下車、徒歩約5分

秋の夜の観月茶会 高台寺

場所:高台寺

秀吉を弔うために寧々が創建した高台寺で風情溢れるお茶会を楽しむことができます。
日程:9/11(金)~27(日)の金・土・日
時間受付:17:00~18:00
所要時間約2時間半
料金6000円(お茶席・庭園夜間拝観料込・点心付)
問合せ075-561-9966
アクセス
市バス「東山安井」下車、徒歩約5分
京阪電車「祇園四条駅」下車、徒歩約20分
阪急電車「河原町駅」下車、徒歩約20分
※前日16時までに要予約

名月祭 長岡天満宮

場所:長岡天満宮

本殿前の神楽殿で神楽や、琵琶等の演奏があり、お茶席も設けられます。

日程未定料金境内自由
お茶席(抹茶・菓子つき)500円

「名月竹御膳」4,500円(神事お下がり・お食事・お抹茶席つき)
※要予約

問合せ075-951-1025

アクセス
阪急電車「長岡天神」下車、徒歩8分

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする